【シェア読書:889冊目】人生を変える習慣のつくり方(グレッチェン・ルービン)

【自分だけの習慣化の「型」づくり】
ミリオンセラー作家・グレッチェン・ルービン氏が、「自分の傾向」に合わせた習慣のつくり方を体系的に紹介する一冊。
自分の傾向を知り、即した習慣化で、人生を変える!

■この本の紹介文

新しい習慣を身につけたい。
さて、あなたは何からはじめますか?

 

本書は、努力や根性など「意志の力」ではなく、「自分の傾向」を診断した上で、それに合わせたオーダーメイドの習慣化構築法を紹介する一冊。

 

人の行動の約40%は、毎日くり返すという。
つまり、人は習慣によって形づくられているのです。

 

その習慣は、「捨てる」か「身につける」のどちらかしかありません。
非常にシンプルが故に、簡単でもない難しい存在です。

 

だからこそ、「自分に合った」方法を身につけることが大切になります。
自分の力が一番発揮できる状態で「捨てる」か「身につける」かしないと、とても習慣にできないのです。

 

この「自分に合った」方法を構築するのに、この本は最適につくられています。
押さえておいて損のない一冊です。

 

◆習慣化の傾向と対策本。

■本がわかる!15の要約ポイント

習慣について理解するうえで真っ先にすべき重要な問いかけは、「人は期待にどのような反応を示すか?」だということに。

 

●4つの人間タイプ
・アップホルダー(約束を守る人)
・クエスチョナー(疑問をもつ人)
・オブライジャー(義務を果たす人)
・レブル(抵抗する人)

 

自分にとっても、自分以外の誰かにとっても、魔法の方程式というものは存在しない。
誰かの習慣を真似したところで、たとえそれがいちばん優れた習慣であったとしても、創造性や生産性は高まらない。
創造性や生産性を高めたいなら、自分の性質を知り、自分にとっていちばん効果的な習慣はどれかを知る以外に道はない。

 

自分の行動を測定すると、自分に対する理解が深まり、自分への理解が深まれば、自分をコントロールする力が高まるのだ。

 

行動を測定すれば、自分が成し遂げたすべてを覚えていられるようになる。

 

習慣を改善するときは、次の四つから取り組み始めるのがベストだ。
①睡眠
②運動
③食生活
④整理整頓
すべての土台となる習慣は、互いを高めあう。

 

習慣を形成するうえで、予定にいれるという行為は不可欠だ。
予定にいれることで、決断の手間が省ける。
限られた自制心を最大限に活用できる。
先延ばしを防ぐことができる。
それに何より、予定にいれてしまえば、自分にとっていちばん大切なことに時間を使えるようになる。
毎日の時間をどのように使うかで、自分の生き方が決まるのだ。

 

始めるのが不安なときは、最初の手順をまとめるだけで始めやすくなる。
やらないといけないことを書き出し、とっかかりとなることを見つけ、やるべきことをまとめた紙を目につく場所に置けばいい。

 

測定していれば、良い習慣が壊れかけたら数値として表れるのですぐに気がつく。

 

欲求は、それを否定することではなく、それが現実になる可能性の存在によって強くなるのだ。

 

●良い習慣を破壊する10種類の抜け道
①見返り
②先延ばし
③こじつけの二択化
④「どうしようもない」と思い込む
⑤屈服する
⑥カウントしない
⑦根拠のない決めつけ
⑧他人のため
⑨開き直り
⑩1枚のコイン

 

習慣としてなかなか定着しない行動を自分にとっての贅沢にみなしてもいい。
ブログ読者の意見を紹介しよう。
「わたしはずっと、運動を『自分がすべきこと』だと思っていて、なかなか習慣にできませんでした。そこで、毎日のウォーキングやクロスカントリースキーを贅沢だと思うことにしました。責務に追われる毎日のなかで、それらをするときが唯一の自分の時間だと思うことにしたのです。そうすると、運動を優先できるようになりました。」

 

習慣とそれに付随する価値を理解し、それが自分の重視すべき価値だとわかっていると、習慣は続きやすくなる。

 

新たに身につけようとする習慣が、自分の一面を変えるもしくは失うことを意味すると、身につけることが格段に難しくなる

 

日常生活を送っていると、慌ただしさにまぎれて本当に大切なことを見失いやすい。
だからこそわたしは、習慣を使って自分の価値観に即した毎日を送ることを心がけている。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【889-1】1日の行動を測定する

【889-2】習慣化したいけどできない行動を贅沢と考えてみる

【889-3】習慣化に完璧を求めない

 

■ひと言まとめ

習慣は、人生の設計図!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】人生を変える習慣のつくり方
【著者名】グレッチェン・ルービン
出版社文響社
【出版日】2016/12/14
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】自分を変えたいと思ったときに
【キーワード】習慣術自己対話最高の自分
【頁 数】384ページ
【目 次】
Part1 知る
Part2 身につける
Part3 変わる
Part4 断つ
Part5 発見する

 

気になったら、今すぐお手元に!

 

グレッチェン・ルービンさん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

メルマガ購読受付中!

【メルマガ版】Share読書.Com
読者登録フォーム
お名前(姓名)
 
メールアドレス

PR

ページ上部へ戻る