【書評:1908冊目】インド式「グルノート」の秘密(佐野直樹)

【衝動に流されないために書く!】
自己投資探究家・佐野直樹氏が、『インド式「グルノート」の秘密』と題して、インド奥地で出会ったグル(師)から授かった教えを体現する、「グルノート」の活用方法を伝授する一冊。

■書籍の紹介文

書き出すことで、気持ちがスッキリした。
そのような経験をしたことはありませんか?

 

本書は、どん底から救ってくれたグル(師)から授かった”教え”、これを日々実践する仕組みとしてたどり着いた、「グルノート」という自己対話術を伝授する一冊。

 

自己対話。
自らの内面と向き合う技術のことです。

 

ものすごいスピードで変化する社会情勢。
呼応するように、忙しなく飛ぶように過ぎ去っていく日常生活。

 

必死にしがみついて、1日1日を送るだけで精一杯。
そんな感覚に襲われている人は、かなりの数にのぼるとおもいます。

 

そして、そのなかでどんどんと失われているもの。
それが、この本のテーマである”自己対話”、つまり、自分と向き合う時間です。

 

自分と向き合う時間が減るとなにが問題なのか。
本当は自分がなにを望んでいるのかが分からなくなり、心や思考が支離滅裂になってしまうことです。

 

こうなると、過度に恐れを抱いたり、不安や心配に苛まれたりするようになっていきます。
すると、どんどん歯車がズレてしまい、人生がうまくいかなくなるのです。

 

著者もそんな一人であり、家庭を壊し、健康を害し、と人生のどん底を味わっています。
ここで著者の人生を変えたのが、さすらいの末にインドの奥地で出逢ったグル(師/ヨガなどの熟練者)です。

 

グルから授かった教えを、どうすれば日々の生活で実践できるのか。
この思案から生み出されたのが、「グルノート」です。

 

「グルノート」を使うことで、だれでも自分と向き合う力=自己対話力が高まっていきます。
さらに、自己対話力が高まるのに比例して、自分と内なる自分との”絆”がどんどん深まっていきます。

 

結果、自分が本当に望む景色が見えるほうへと、歩んでいくことができるようになります。
ここまでになれれば、恐れに怯えることも、不安や心配に強張ることもなくなるでしょう。

 

「グルノート」の書き方と使い方をマスターするだけで、それは可能となります。
実体験に即した語りと方法だからか、「自分も試してみようかな」という気持ちに自然とさせてくれる空気感がとても素晴らしいです。

 

ある日当然、あれ?なんかおかしい!と心身の不調に襲われないために。
「グルノート」、ぜひ試してみてください。

 

◆混沌としている今こそ「グルノート」を。

インド式「グルノート」の秘密
佐野直樹 サンマーク出版 2022-8-25
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

まず立ち止まり、呼吸に意識を向け落ち着いてから、苦しみや悩みを「チッタ」として紙に書き出す。
チッタとは心の動きのこと。
書き出すだけでも気分が楽になってくるはずだ。
最初はうまく書こうとせずに、自分の心や頭にあることを外に出す練習と思って書いてみてほしい。

 

次に、苦しみ、悩みがなくなった理想の状態を「ディバイン」として書く。
ディバインとは、内なる神という意味。
自分の理想を書いて明確にすることで、どんどん意識が理想の状態に向きはじめる。

 

人には二種類の状態しかないーーーこれは、グルから学んだとても大事なことの一つだ。
一つは、「苦しんでいる状態」の人。
もう一つは、「美しい状態」の人。

 

●幸せの3つの要素
(1)自分自身をさまざまな側面から見て「好きかどうか」
(2)良い人間関係が築けているか
(3)自分の使命を知り、それによって人や社会に貢献しているかどうか

 

あなたがどのような「スワダルマ」をもっているかを知る必要があります。
スワダルマとは、あなたに与えられた魂の特性みたいなもの。
これは八つに分けられます。
①知性
②ヒーリング、癒し
③数字
④美しさ
⑤行動
⑥神秘
⑦大局
⑧守る

 

人生も、マラソンのトレーニングのように休みながら進んでいったほうがいい。
苦しいと思ったら立ち止まろう。
そこに、新生が起こるから。

 

◆グルノートの作り方
ページの縦、横、それぞれの中心から線を引き、ページを四分割しよう。
そして、四つのスペースそれぞれに名前をつける。
◎右上のスペース「チッタ」
→自分の内側の苦しみの感情を書き出すところ
◎右下のスペース「ディバイン」
→その日一日をどのように過ごしたいか理想を書き出すところ
◎左上のスペース「ディクシャ」
→理想がかなったときの感情を書き出すところ
◎左下のスペース「スワダルマ」
→感情を味わいながらできる行動を書き出すところ

 

紙に書いて思考や感情の整理をしていた人が成功する。

 

朝、ノートに自分の思う良い状態を書くと、一日を意識的に過ごすことにも大いに役立つ。

 

良い言葉、行為は、10倍の結果、
良い思考、意識は、100倍の結果、
良い状態は、1000倍の結果を生みます。
悪い言葉、行為は、マイナス10倍の結果、
悪い思考、意識は、マイナス100倍の結果、
悪い状態は、マイナス1000倍の結果を生みます。

 

●幸せになるための「8つの鍵」
①知恵・叡智
②使命・目的
③人間関係
④子孫
⑤資産・お金
⑥美・健康
⑦チャレンジ
⑧スピリチュアリティ・貢献

 

自分の現状を把握して、自分を知ることは美しい状態、幸せへの第一歩だ。

 

「夢をかなえること」は、まず自分を美しい状態にしてからスタートしよう。
そうすることで、外側の成功に立ちはだかる障害は小さくなる。
何があっても簡単に乗り越えられ、あなたの夢は最速で現実になっていくだろう。

 

どんな問題が外側にあっても、内側が美しい状態であれば大丈夫。
ディバインのサポートが受けられる。
あなたも日々グルノートを書くことで、ディバインとのつながり、絆を深めて人生を最大限にサポートされ生きていってほしい。
ディバインは、必ずあなたとの約束を守るから。

 

「一本のろうそくで、何千本ものろうそくに明かりを灯すことができる。しかし、その一本のろうそくの命が短くなるわけではない。幸福を分かち合うことで、幸福が減ることはない」

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1908-1】グルノート用のノートとペンを用意する

【1908-2】グルノートを書く時間を予定に組み込む

【1908-3】グルノートを作成する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】インド式「グルノート」の秘密
【著者名】佐野直樹
出版社サンマーク出版
【出版日】2022/8/25
オススメ度★★★★☆
こんな時に心の平穏や導きがほしいときに
キーワード自己対話最高の自分習慣術
【頁 数】173ページ
【目 次】
1 「立ち止まること」だけが、人生を変えられる
2 インド式「グルノート」の秘密を大公開
3 思う以上の願いをかなえ、あらゆる面で幸せになる方法
4 グルは自分の中にいる!無限の可能性をもつ自分と出会う旅

 

この本で、あなたは変わる!

インド式「グルノート」の秘密
佐野直樹 サンマーク出版 2022-8-25
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

佐野直樹さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 10月 04日

QRコード

PR



ページ上部へ戻る