【書評:1856冊目】朝1分間、30の習慣。(マツダミヒロ)

【朝1分の質問タイムで人生の流れは変わる!】
質問家・マツダミヒロ氏が、『朝1分間、30の習慣。』と題して、「朝、自分に質問をする」ことの効用を明かしながら、朝の1分に取り入れたい30の習慣を伝授する一冊。

■書籍の紹介文

1日をよい気分ではじめる。
最近、できていますか?

 

本書は、『人生の質は、朝の過ごし方で決まる』という格言に対して、”過ごし方”にぜひ取り入れてほしい、朝1分でできる「30の習慣」を伝授する一冊。

 

目覚めが悪く、第一声の「おはよう」でさえ不機嫌さ全開に・・・。
ボーッと起きて、ボーッと支度して、ボーッと始業を迎える・・・。

 

こんな朝を過ごしてしまう方、多いのではないでしょうか。
これでは、あとに続く1日全体も、良い日になりそうにありませんよね。

 

こう言われると、「正さなきゃいけないのはわかっている!けど・・・」となるのが現代人。
著者は、「けど・・・」と言い訳しているうちは人生の流れは悪くなる一方ですよ、と語りかけます。

 

素敵な1日/残念な1日を分けるのは、「朝」という時間帯をどう過ごすかで決まります。
そして、人生は1日1日の積み重ねでできあがっていきます。

 

つまり、朝との向き合い方で、人生はガラッと変わるのです。
「けど…」と逃げているうちはそういう人生に、「今日も楽しもう!」と明るくはじめられると明るい人生になっていくのです。

 

誰しもが、後者の人生を望むとおもいます。
明るく、充実感に満ち溢れ、毎日が楽しくて仕方がない、そんな人生を欲しています。

 

欲しているなら、ぜひ叶えましょう!と書かれたのが本書。
朝1分間を使って、望みを引き寄せていく「30の習慣」を示していきます。

 

30個?無理無理とおもわないでください。
すべてをやる必要もありませんし、毎日やる必要もありません。

 

必要なのは、1日を充実させるために「朝」の過ごし方をよくしたいという気持ちだけ。
目覚めた時、その気持ちを感じたら、30のうちの1個をやってみてください。

 

1個、また1個、と実践していくうちに”習慣”になっていきます。
すると、少しずつですが、日常生活が変わりはじめるとおもいます。

 

この変化を楽しめだせたら、こちらのもの。
1個を2個、3個と増やすもよし、本書を離れて自由に楽しむもよし、です。

 

さらに、あなたの「朝」を充実させるアイテムも著者は準備しています。
それが、すでに10,000人が愛用している「プロダクティビティシート」です。

 

ゆっくりできる「朝」など、書き込み式で10分以内に書き終えるもの。
これを実践することで、「30の習慣」の強化はもちろん、より深く自分の進むべき道を整理するのに役立ちます。
(巻頭に1枚付属、第3部(P.217)にダウンロード用QRコードが用意されています)

 

「朝が大切」ということを”わかっている”のと”実践している”のとでは、雲泥の差
ぜひ、本書をサポートに後者の人生を歩みはじめましょう!

 

◆朝が変わる、人生が変わる。

朝1分間、30の習慣。
マツダミヒロ すばる舎 2022-5-13
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

まずは朝の「いま、どんな気持ち?」という質問で、自分がどんな気持ちなのかを知りましょう。
自分を客観視すると、気持ちの整理がつき、心が整います。
そのうえで「今日やるべきこと/やらないこと」を決めましょう。

 

「朝、何をしたら、しあわせを感じる?」
(略)
あなたならではの答えが出てくるでしょう。
そして、自分が何をすればしあわせを感じるかがわかったら、それをルーティン化するのです。
それこそが1日の充実度を上げるきっかけとなります。

 

自分が好きなこと、しあわせを感じることは、1日のなかの早い時間帯におこないましょう。
それが自分で自分の機嫌をよくさせ、その後のモチベーションアップに直結します。

 

●ゴール設定の際に意識すべき4つの視点
(1)「どんな”気持ち”になったらいいか」
(2)「どんな”成果”があったらいいか」
(3)「どんな”よろこび”があったらいいか」
(4)「どんな”行動”ができたらいいか」

 

わたしたちの人生は、1日1日の積み重ねでできています。
だからこそ、普段から「今日1日が、人生につながること」を意識することが大事です。
どんな人生を歩みたいか。
(略)
それを忘れないために、朝という時間帯に「叶えたいことに近づくために、今日できることは何?」という質問をしてみてください。

 

何かにイライラしていたら、「感謝を忘れているよ」というサインなのです。

 

あなたがこなすことに「本当にこれでいいの?」という疑問を持ってみてください。

 

自分の気持ちを知ることは、頭のなかだけではできません。
思考は目に見えないので、自分を客観視しづらいからです。
まずはノートでもスマホのメモ機能でもよいので、いま自分がどんなことを思っているのか書きましょう。
人は文字化されていると、簡単に客観視することができ、冷静に判断することができます。

 

大切なのは、自分にとって必要なものを選ぶことです。
その線引きをするために、「いまこのタイミングで、その情報って必要?」と自分に質問してみてください。
あなたが「YES」と答えたなら、それはあなたにとって必要な情報です。

 

「明日、どんな日になったら最高かな?」「朝起きたらどんな気持ちでいたいかな?」などと考えて眠りにつくと、朝起きてすぐにその答えがすんなり出る

 

あなた自身がもっとも活動的に動ける時間帯を知りましょう。
それを知るために、「パフォーマンスの調子がいい時間帯はいつ?」と、自分自身に聞いてみてください。

 

情報過多の時代では、多くのなかからベストワンを選択する力が必要です。
見極めて選択する力を養うためにも、さまざまな物事に対して「どれが一番重要か?」と問うことを意識しましょう。

 

●「自分にとって何が一番大切か?」を考えるべき5つのジャンル
①Wellness(身体のこと)
②Relationship(人間関係のこと)
③Finance(お金のこと)
④Pleasure(よろこびのこと)
⑤Growth(成長のこと)

 

いそがしい朝にこそ質問をしましょう。
「急がば質問」です。
声を出して自分に質問をし、答えを自分の耳で聞くだけでも、あなたの1日は変わるでしょう。

 

「あなたの人生が1本の映画だとしたら、今日、どんなシーンにしたいですか?」
これは、あなたがあなたの人生を「主役」として生きるための質問です。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1856-1】朝起きたら、「いま、どんな気持ち?」と自問する

【1856-2】【1】の後、「叶えたいことに近づくために、今日できることは何?」と自問する

【1856-3】スマホやテレビなどに触る前に、「いまこのタイミングで、その情報って必要?」と自問する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】朝1分間、30の習慣。
【著者名】マツダミヒロ著者情報
出版社すばる舎
【出版日】2022/5/13
オススメ度★★★☆☆
こんな時に自分を変えたいと思ったときに
キーワード引き寄せ自己対話習慣術
【頁 数】240ページ
【目 次】
第1部 人生の質は、朝の過ごし方で決まる
第2部 朝1分間、30の習慣〜Question・Action・Plan〜
第3部 最高の朝を継続するための「プロダクティビティシート」

 

この本で、あなたは変わる!

朝1分間、30の習慣。
マツダミヒロ すばる舎 2022-5-13
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

マツダミヒロさん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る