特に印象深かった本

【書評:1295冊目】一流の「偏愛」力(谷本有香)

【AI時代を生き抜く”三本の柱”】 経済ジャーナリスト・谷…
詳細を見る

最近の記事

書評記事

2020-1-22

【書評:1600冊目】トヨトミの逆襲(梶山三郎)

【巨象は時代に取り残されるのか…】 覆面作家・梶山三郎氏が、『トヨトミの逆襲』と題して、”CASE”を震源とする大変革期で苦境に苛まれるトヨトミ自動車が、難局をどう乗り越えようとするかを描く企業小説。 ■書籍の紹介文 これからの自動車業界。 どのような企業が生き残るとおもいますか? &…
詳細を見る
ページ上部へ戻る