【書評:1651冊目】運を加速させる習慣(矢澤亜希子)

【準備が整うと、運はやってくる!】
日本人初、女性初の「バックギャモン2度の世界チャンピオン」矢澤亜希子氏が、『運を加速させる習慣』と題して、勝負の本質を語りながら、「運の創り方」を徹底指南する一冊。

■書籍の紹介文

自分の「運」の良さ。
良いほうですか?悪いほうですか?

 

本書は、「運が良い」とは準備が整っている証拠だと提起し、自分にとって望ましい状況を整える「運の創り方」を徹底指南する一冊。

 

バックギャモン」とは、世界で競技人口3億人のボードゲームのこと。
テレビ朝日の人気番組「激レアさんを連れてきた。」への出演が記憶にあったので、読んでみました。

 

運とは、準備である。
運とは、段取りである。

 

読ませていただいて、このことを痛切に感じます。
自分にとって好ましいことが起きると、「運が良い」と人はおもいます。

 

ということは、自分にとって好ましいことが起きる環境を整えればいい。
すると、「運が良い」とおもう確率が高くなるわけです。

 

この環境を整えることが、準備であり、段取りであるのです。
ここまでのことを、ボードゲームの数々の逸話を通して、説き明かしていきます。

 

読みごたえのある自己啓発書。
そんなラベリングがピッタリの一冊です。

 

備えあれば憂いなし。
運の良い人を目指しましょう!

 

◆運の巡りを良くしよう。

運を加速させる習慣
矢澤亜希子 日本実業出版社 2020-3-25
売上ランキング(公開時):11,517
Amazonで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

私たちは、自分に望ましいことが起きると「運がいい」と感じる。
であれば、できるかぎり自分に「望ましい」と思える状況を作りだせばいいのだ。

 

先々の展開を想定しておくことだ。
そして、できるだけ自分が有利になる可能性を広げておくのだ。
そうした準備さえできていれば「ツイてないな」と嘆く可能性が減るのだ。

 

自分にとって望ましくない展開が続いたら、やるべきことは自分が打ってきた手が本当に最善手だったかを冷静に検証することだ。
そして、どこかの段階で判断ミスを修正することだ。

 

幸運の女神には前髪しかないという。
チャンスをつかむ人と逃す人の差は、チャンスの到来に気づく「感度」と、俊敏な「行動力」だ。
さらに、それらに「準備」もつけ加えたいところだ。

 

準備だけ整えて、あとはチャンスの瞬間を持つことができる人が強い人だ。
努力が必ず報われるとは限らない。
だが、努力なしには何も得られない。
チャンスをつかむ人とは、そういう人のことだ。

 

ビジネスであれ、趣味であれ、何かに打ち込んで知識やスキルを向上させたい時は、目標を設定することだ。
その達成には、工夫が必要だ。
それは「目標を誰かにいうこと」だ。

 

公言した手前、実現できなかったら、恥ずかしいのは自分だ。
そういう事態だけは避けたいという自尊心をレベルアップのためのモチベーションに転換させたかったのだ。

 

危機管理の意味でも、ネガティブ思考は否定されるべきでない。
ネガティブに考えられるのは、最悪の事態を想定する力があるからだ。
そのため、思慮深く行動できる。

 

逆に、ポジティブ思考の人は、最善のことをイメージできるため、行動力に優れる。
だが、その分、失敗も増える。
つまり、どちらも長所と短所を持ち合わせている。
両方使い分けられれば万能だ。

 

「自信がない」と感じたら、それは向上心の表われだ。
自分はダメな人間だと感じるなら、それは成長の前触れだ。
そういう時は能力が高まると考えて、新たなことに挑戦してみればいいのだ。

 

慣れたやり方を変えるだけでも得るものは大きい。

 

努力しなければ報われない。
ただ辛いことに耐えて頑張ればいいわけではない。
努力の質が大事なのだ。
つまり、結果的に報われる確率を少しでも高める努力をすべきなのだ。

 

行き詰まった時は、自分の限界に達する前に対処するべきだ。

 

マラソンの金メダリストが、100メートル走でも金メダルを獲れるわけではない。
そういう視点で他人と自分を比較してみることだ。
すると、どんな人からも学ぶべき長所があることに気づくはずだ。

 

どういう分野においても、勝負に強くなる人には、誰からも学ぼうという姿勢があるものなのだ。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1651-1】できるだけ自分が有利になる可能性を広げる

【1651-2】慣れたやり方を意図的に変えてみる

【1651-3】他人と比較するときは、分析的な視点で行う

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】運を加速させる習慣
【著者名】矢澤亜希子著者情報
出版社日本実業出版社
【出版日】2020/3/25
オススメ度★★★★☆
こんな時に自分を変えたいと思ったときに
キーワード引き寄せ準備力メンタル
【頁 数】200ページ
【目 次】
序章 バックギャモンが教えてくれた「運」の創り方
第1章 サイコロの目は選べない
第2章 「運」に選ばれる思考法
第3章 「運」を加速させる
第4章 「運」を育む習慣

 

この本が、あなたを変える!

運を加速させる習慣
矢澤亜希子 日本実業出版社 2020-3-25
売上ランキング(公開時):11,517
Amazonで探す 楽天で探す

矢澤亜希子さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る