【週間】書評記事アクセスランキング(2019.9.9〜2019.9.15)

こんにちは!
書評ブロガーの米山智裕(@tomo_yoneyama)です。

 

この記事では、毎週恒例、書評記事の週間アクセスランキングをお届けします!
先週末時点で、書評記事数は『1515冊』になりました^^

 

まだまだ残暑ですが、朝晩を中心に涼しくなってきましたね。
カフェで「ホットコーヒー!」と注文して、秋の足音を感じました♪

 

カフェでの読書が、一番気持ちいい季節の到来。
いまから、楽しみです。

 

それでは、今週のランキングです。
どうぞ(o⌒∇⌒o)

 

▼過去のランキングはこちら
週間アクセスランキング一覧

 

■今週のアクセストップ10

第1位:Think clearly(ロルフ・ドベリ)
第2位:0秒で動け(伊藤羊一)
第3位:Think CIVILITY(クリスティーン・ポラス)
第4位:上級国民/下級国民(橘玲)
第5位:読む力(松岡正剛、佐藤優)
第6位:知ってはいけない医者の正体(平松類)
第7位:NEWTYPE ニュータイプの時代(山口周)
第8位:東大集中力(西岡壱誠)
第9位:読みたいことを、書けばいい。(田中泰延)
第10位:死ぬほど読めて忘れない高速読書(上岡正明)

 

■トップ10のご紹介

■第1位:
Think clearly(ロルフ・ドベリ)

Think clearly
ロルフ・ドベリ サンマーク出版 2019-4-2
売上ランキング(公開時):90
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【「考える」ことこそ「よい人生」への指針!】
スイス人作家/ロルフ・ドベリ氏が、ハッキリ考える(=Think clearly)ことが「よい人生」につながっていくと提起し、52の思考法を指南する一冊。
<紹介記事>
【書評:1453冊目】Think clearly(ロルフ・ドベリ)

 

■第2位:
0秒で動け(伊藤羊一)

0秒で動け
伊藤羊一 SBクリエイティブ 2019-8-22
売上ランキング(公開時):227
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【すぐ動ける人と動けない人の決定的な差とは?】
Yahoo!アカデミア学長・伊藤羊一氏が、『0秒で動け』と題して、直感と行動を論理的につなぎ「早く正しく動く」すぐ動ける人になるための方法を解説する一冊。
<紹介記事>
【書評:1510冊目】0秒で動け(伊藤羊一)

 

■第3位:
Think CIVILITY(クリスティーン・ポラス)

Think CIVILITY
クリスティーン・ポラス 東洋経済新報社 2019-6-28
売上ランキング(公開時):90
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【礼節を科学するという”情けなさ”】
ジョージタウン大学准教授/クリスティーン・ポラス氏が、『Think CIVILITY 「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』と題して、礼節の持つ力を解説する一冊。
<紹介記事>
【書評:1467冊目】Think CIVILITY(クリスティーン・ポラス)

 

■第4位:
上級国民/下級国民(橘玲)

上級国民/下級国民
橘玲 小学館 2019-8-1
売上ランキング(公開時):51
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【令和の不愉快な事実】
作家・橘玲氏が、『上級国民/下級国民』と題して、国内外で社会を揺るがす出来事はどれも「下級国民」による「上級国民」への抗議行動と提起し、急速に進行する分断の正体を考察する一冊。
<紹介記事>
【書評:1507冊目】上級国民/下級国民(橘玲)

 

■第5位:
読む力(松岡正剛、佐藤優)

読む力
松岡正剛 佐藤優 中央公論新社 2018-4-9
売上ランキング(公開時):89,512
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【読書の深遠をのぞく旅への誘い】
編集工学研究所・松岡正剛氏と作家・佐藤優氏が、『読む力』と題して、読むとは守って破って離れるだと提起しながら、混迷の時代を生き抜く羅針盤となる150冊を提示する一冊。
<紹介記事>
【書評:1514冊目】読む力(松岡正剛、佐藤優)

 

■第6位:
知ってはいけない医者の正体(平松類)

知ってはいけない医者の正体
平松類 SBクリエイティブ 2019-8-6
売上ランキング(公開時):7,560
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【医者だって人間だもの】
医師・平松類氏が、『知ってはいけない医者の正体』と題して、知っておくべき医者の行動心理を明らかにしながら、よりよい医療のために医者と患者の相互不信を解消する方法を考察する一冊。
<紹介記事>
【書評:1492冊目】知ってはいけない医者の正体(平松類)

 

■第7位:
NEWTYPE ニュータイプの時代(山口周)

NEWTYPE ニュータイプの時代
山口周 ダイヤモンド社 2019-7-4
売上ランキング(公開時):67
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【希少化する問題と過剰化する解決策】
独立研究者・山口周氏が、『NEWTYPE ニュータイプの時代』と題して、社会構造の変化を読み解きながら、これからの時代に求められる思考・行動様式を解説する一冊。
<紹介記事>
【書評:1477冊目】NEWTYPE ニュータイプの時代(山口周)

 

■第8位:
東大集中力(西岡壱誠)

東大集中力
西岡壱誠 大和書房 2019-8-25
売上ランキング(公開時):1,024
Amazonで探す 楽天で探す

【切り捨てることで、集中力は高まる!】
現役東大生・西岡壱誠氏が、『東大集中力』と題して、「楽しむ集中」=「前のめり」な状態を目指し、どんなタイミングでも使える集中力を発揮するテクニックを解説する一冊。
<紹介記事>
【書評:1503冊目】東大集中力(西岡壱誠)

 

■第9位:
読みたいことを、書けばいい。(田中泰延)

読みたいことを、書けばいい。
田中泰延 ダイヤモンド社 2019-6-13
売上ランキング(公開時):132
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【文章が書けなくなる文章術の話】
電通コピーライターとして24年間活動した青年失業家・田中泰延氏が、『読みたいことを、書けばいい。』と題して、脱テクニックを謳った「読者としての文章術」を指南する一冊。
<紹介記事>
【書評:1465冊目】読みたいことを、書けばいい。(田中泰延)

 

■第10位:
死ぬほど読めて忘れない高速読書(上岡正明)

死ぬほど読めて忘れない高速読書
上岡正明 アスコム 2019-8-24
売上ランキング(公開時):1,725
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【本をビジネスパートナーに!】
フロンティアコンサルティング代表・上岡正明氏が、『死ぬほど読めて忘れない高速読書』と題して、速読とは一線を画す、「速さ」と「記憶定着」を両立させる読書術を解説する一冊。
<紹介記事>
【書評:1505冊目】死ぬほど読めて忘れない高速読書(上岡正明)

 

■先週紹介した書評記事一覧

月曜日:ー
火曜日:【書評:1512冊目】自分の居場所はどこにある?(渡辺龍太)
水曜日:【書評:1513冊目】誰にも言えない「さみしさ」がすっきり消える本(石原加受子)
木曜日:ー
金曜日:【書評:1514冊目】読む力(松岡正剛、佐藤優)
土曜日:ー
日曜日:【書評:1515冊目】「哲学用語」事典(小川仁志)

 

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※画像は、Business photo created by ijeab – www.freepik.comより

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る