【シェア読書:432冊目】「情」と「理」話し方の法則(岩田松雄)

【人間関係を変える26の方法】
スターバックス元CEO・岩田松雄氏が、人間関係を強くするための「情」と「理」話し方の法則を紹介する一冊。「伝える」を「伝わる」に変えていくことで、人間関係は円滑になる!

■この本の紹介文

この人とは理解し合えている。
そんな風に思えるのは、どんな人ですか?

 

本書は、強い信頼関係を築き、人間関係を円滑にしていくことで、さまざまな成果を実現できると提起し、そのために必要な26のコミュニケーション方法を紹介する一冊。

 

コミュニケーションには、つぎの2つのことが求められていると著者は言います。
【情】:話す人の人間性
【理】:相手にとってわかりやすい伝え方

 

「人間性が高い」「相手に伝わる伝え方ができる」
たしかにこの2つが備わっていれば、どんなコミュニケーションも問題なくこなせます。

 

しかし、言うは易し、行うは難しです。
では、この2つを身につけるにはどうすればいいのか?

 

この点を、わかりやすく学べるのが本書です。
この機会に、ぜひ【情】と【理】の磨き方を身につけましょう!

 

◆人間関係をよくするために。

■本がわかる!15の要約ポイント

情報が氾濫している現代、“「何」を言うか”より“「誰」が言うか”が、ますます問われるようになってきた

 

その人の「人となり」「相手に対する印象」によって、伝わり方は大きく変わる。

 

「to do good」よりも「to be good」

 

「情」や「徳」といった人への思いやり、誠実さ、志の高さこそが人を評価する大切な物差しであるべき

 

人物評価をするのに一番良いのは、その人と一緒に働いた経験のある人の評価を聴くこと

 

相手の心に響くのは話し手の「当事者意識」

 

私は「士は己を知る者のために死す」という言葉が大好きです。
自分を理解してくれる人には、自分の命さえ差し出してもいいと思える気持ちです。
仲間を愛していれば、何か伝えるときにも、相手の立場を理解し、心から発言することができます。

 

何かを変えるためには、大きな目標を持ち、本気で取り組む。

 

組織は、リーダーのひと言で全体の雰囲気が変わります。
その人が認めた方向に向かって舵を取るので、リーダーは部下がいいことをしたと思ったら、どんどん褒めるべきです。

 

「相手への承認」を表す一番の方法は何でしょうか。
「あなたのことを気にしていますよ」「ちゃんと見ていますよ」という関心を示すことです。
そしてそれを言葉に出す“挨拶”がとても大切です。

 

リーダーはトイレでの後ろ姿まで見られている

 

冗談の中には本音が隠されていることがとても多い

 

一人対一〇人のミーティングを一〇回やるよりも、一対一の対話を一回したほうが、絶対にその人と深い関係を築ける。

 

ワンメール・ワンメッセージ

 

「何をするか」だけではなく「なぜするのか」も説明する

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【432-1】「当事者意識」を持って話す意識を持つ

【432-2】相手に”関心がある”と伝える挨拶を心がける

【432-3】「なぜ」を説明する意識を持つ

 

■ひと言まとめ

相手の正面を向き、分かりやすく誠実に。

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】「情」と「理」 話し方の法則
【著者名】岩田松雄
出版社三笠書房
【出版日】2014/10/10
オススメ度★★★★☆
こんな時に伝える力を身につけたいときに
キーワード話し方人間関係リーダー
【頁 数】238ページ
【目 次】
第1章 「何」を話すかより「誰」が話すか
第2章 その「行動」がメッセージを発している
第3章 不器用でも「説得力」あるコミュニケーション
第4章 「経験」がその人の話を魅力的にする
第5章 最高の未来をつくる「言葉の力」

 

この本が、あなたを変える!

 

岩田松雄さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

ここまで読んで、ちょっと目が疲れたなと思ったらこちらを!!

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:432冊目】「情」と「理」話し方の法則(岩田松雄)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る