【308冊目】投資家が「お金」よりも大切にしていること(藤野英人)

b308
【お金の本質とは何か】投資家・藤野英人氏が送る、お金を真正面から捉えて考えるための一冊。投資家として日本の世界の最前線のお金を20年以上見続けてきた著者の結論とは。お金より大切なものは何ですか?

 

 

==================
■書籍情報
==================
【書籍名】投資家が「お金」よりも大切にしていること
【著者名】藤野英人
【出版社】講談社
【出版日】2013/2/26
【推薦度】★★★★★
【目 次】
第1章 日本人は、お金が大好きで、ハゲタカで、不真面目
第2章 日本をダメにする「清貧の思想」
第3章 人は、ただ生きているだけで価値がある
第4章 世の中に「虚業」なんてひとつもない
第5章 あなたは、自分の人生をかけて社会に投資している、ひとりの「投資家」だ

 

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介する一冊は【投資家が「お金」よりも大切にしていること】

 

著者は、藤野英人さん。
投資家。ファンドマネージャー。「お金」や「投資」を通して、あるべき姿を模索し続けている。

 

あなたへの質問です。
「あなたは、お金よりも大切にしているものがありますか?」

 

ひと言、1000円お財布に入っているのならすぐに書店で本書を購入してください!
そして、すぐに読んでください!
そう叫びたいくらい「お金」について考えさせられる良書です!!

 

本書は、投資テクニックやお金儲けを教える本では一切ありません。
【あなたは、自分の人生をかけて社会に投資している、ひとりの投資家なのです】(引用)
このひと言を徹底的にあなたに問いかけます!

 

それでは、本編をはじめます。

 

 

==================
■本の抜粋ポイント
==================
お金とは、あくまで無色透明な概念にすぎない。ただの数字なのです。
つまり何が言いたいかというと、色がついていないからこそ、お金には私たちの考えや態度が100%反映される、ということです。
 ・ お金を使って、何をするか?
 ・ お金を通して、何を考えるか?
現代社会で生きている私たちは、生まれてから死ぬまでの間ずっと、お金の流れに身を投じて生きていると言っても過言ではないでしょう。
お金を考えることは、まさに人生を考えることに他ならないわけです。
つまり、お金について語ることは、どう生きるべきかという「人生の哲学」を語ることでもあります。

 

3・11が起きた2011年の成人1人あたりの寄附額は6551円と倍増しましたが、よくよく考えてみると、
あれほどの大災害・悲劇に見舞われたのに、例年の2倍しか寄附しないのが、日本人の本性

 

あえて断言しますが、日本人ほどケチな民族はいません。
困っている人のために寄附もしないし、社会にお金を回すための投資もしない。
じゃあ、他の先進国の人たちに比べて、公共のためのお金である税金を多く払っているのかといえば、そんなこともない。日本の税率は、むしろ低いくらいです。
じゃあ、いったい何をしているのか?
日本人は自分のこと、すなわち、自分のお金のことしか考えていないのです。
自分のお金を現金や預金として守ることしか考えていないのです。

 

海外では、投資信託を20年から30年くらいのスパンで持つのが一般的です。
一方、日本では、投資信託の平均保有年数はたったの2・4年。
(中略)
つまり、自分のお金が心配で心配で仕方ない。何か危険な匂いがただよえば、すぐに売ってしまいます。1円でもお金を減らしたくない。

 

あなたには、「お金」よりも信じられるものがありますか?
あなたには、「お金」よりも大切なものがありますか?

 

清いことはとてもすばらしい。でも、そのために貧しくある必要はないし、ましてや貧しいことそのものは、正義でもなんでもない

 

社会貢献とは、新しい何かをつくりだすことだけではなく、消費することによっても成し遂げられるものです。
ですから、私たちが働くことにも大きな価値があるし、私たちが消費することにも同じくらい大きな価値があります。
そういう意味で、「人は、ただ生きているだけで価値がある」のです。

 

生産者や販売者に売値を下げたい動機はほとんどありません。価格を下げるには、厳しい経営努力が必要になるからです。
相当なビジネスモデルの工夫が必要ですし、原価を下げるか、従業員やアルバイトに長時間労働をお願いするか、賃金を引き下げるか、従業員の数を減らすしか手はありません。
このような状況を鑑みると、こうは言えないでしょうか?
従業員に過重労働を強いる「ブラック企業」を生み出しているのは、私たち消費者である、と。

 

経済とは、お金を通してみんなの幸せを考えること

 

本質的で抽象的な質問に対して、すぐに答えが出てくるというのは、ふだんからそのことについて熟考している証拠

 

○○という未来を実現したいから、われわれは存在している—こういった「ミッション・オリエンテッド(使命志向)」な考え方

 

投資とは、いまこの瞬間にエネルギーを投入して、未来からのお返しをいただくこと

 

エネルギー=情熱×行動×時間×回数×知恵×体力×お金×運
未来からのお返し=プロダクト(モノやサービス)×感謝×成長×経験×お金

 

人間の目や耳がなぜ二つずつあるかといえば、それは立体的に見聞きするためです。奥行きをもって世界を見るため、と言ってもいいでしょう。
それと同じで、私たちは「お金」を通して、もっと社会のことや自分の人生を立体的に、奥行きのあるものとして見なければなりません。

 

あなたは、自分の人生をかけて社会に投資している、ひとりの投資家なのです。

 

==================
■実践する効果があると感じたポイント
==================

●自分の「使命」について考える

●自分の消費するお金の先を考える

●「自分の人生をかけて社会に投資している、ひとりの投資家」の意識を常にもつ

 

==================
■本のひと言まとめ
==================

自分の人生を豊かにするための投資をしよう!!

 

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

 

今日は、久しぶりに映画に行ってきました♪
「万能鑑定士Q」という綾瀬はるかと松坂桃李が主役のミステリー映画。
原作を読んでいましたが、これはこれで非常に楽しめましたよ(^^)v

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
投資家が「お金」よりも大切にしていること(藤野英人)
b308

藤野英人さん、生き方を考えさせる一冊をありがとうございます!

 

★1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m>★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る