【週間】書評記事アクセスランキング(8/22〜8/28)

こんにちは!
書評ブロガーの米山智裕(@tomo_yoneyama)です。

 

この記事では、書評記事の週間アクセスランキングをお届けしています。
つぎに読む本を選ぶための参考にするなど、ご活用いただければとおもいます。

 

先週の新規公開記事は、”4冊”でした。
通算書評記事数は、1902冊となりました。

 

書評記事数が、1900冊を超えました。
「だから何?」なんですが、100冊ごとに「00」になるとやっぱり感慨深いですね。

 

次はいよいよ2000冊!
今年中には到達できるように頑張ろう。

 

それでは、今週のランキングをどうぞ!

 

▼過去のランキングはこちら
週間アクセスランキング一覧

 

■TOP10一覧

第1位:限りある時間の使い方(オリバー・バークマン)

第2位:英語学習のつまずき50の処方箋(西澤ロイ)

第3位:「静かな人」の戦略書(ジル・チャン)

第4位:1%読書術(マグ)

第5位:鋼の自己肯定感(宮崎直子)

第6位:バナナの魅力を100文字で伝えてください(柿内尚文)

第7位:「捨てる」思考法(出口治明)

第8位:最先端研究で導きだされた「考えすぎない」人の考え方(堀田秀吾)

第9位:22世紀の民主主義(成田悠輔)

第10位:共感ベース思考(森朝奈)

■TOP10紹介

■第1位:
限りある時間の使い方(オリバー・バークマン)

限りある時間の使い方
オリバー・バークマン かんき出版 2022-6-22
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【管理するほど、時間の管理は利かなくなる!】
著名な賞の受賞歴もある気鋭ライター/オリバー・バークマン氏が、時間をコントロールしようという態度こそが”忙しさ”の諸悪の根源だと指摘し、時間の本質を説きながら、人生における時間の捉え方を指南する一冊。
<紹介記事>
【書評:1877冊目】限りある時間の使い方(オリバー・バークマン)

 

■第2位:
英語学習のつまずき50の処方箋(西澤ロイ)

英語学習のつまずき50の処方箋
西澤ロイ ディスカヴァー・トゥエンティワン 2022-8-26
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【英語の上達は方法より意識の変化から】
イングリッシュ・ドクター/西澤ロイ氏が、苦手意識を正しく治せば英語はだれでも上達できると提起し、英語を苦手とする人が陥る50の症状別に、処方箋となる苦手克服メソッドを解説する一冊。
<紹介記事>
【書評:1901冊目】英語学習のつまずき50の処方箋(西澤ロイ)

 

■第3位:
「静かな人」の戦略書(ジル・チャン)

「静かな人」の戦略書
ジル・チャン ダイヤモンド社 2022-6-29
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【静かで冷静だからこそ、戦略が生きる!】
超外向型社会アメリカで大成功した「超内向型」のジル・チャン氏が、ケタ外れた成功者の多くは「内向型」であると説きながら、内向的な気質を卑下することなく、秘められた力を存分に引き出すための”戦略”を指南する一冊。
<紹介記事>
【書評:1876冊目】「静かな人」の戦略書(ジル・チャン)

 

■第4位:
1%読書術(マグ)

1%読書術
マグ KADOKAWA 2022-8-19
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【知識貯金ほどリターンの大きいものはない!】
文学系インフルエンサー・マグ氏が、継続的な読書ほど人生をラクにしてくれるものはないと提起し、1日1%(15分)の時間で、必ず人生を好転させる実践的な読書術を指南する一冊。
<紹介記事>
【書評:1898冊目】1%読書術(マグ)

 

■第5位:
鋼の自己肯定感(宮崎直子)

鋼の自己肯定感
宮崎直子 かんき出版 2022-4-6
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【自分の一番の味方になると決意せよ!】
ライフコーチ・宮崎直子氏が、365日24時間幸せでワクワクドキドキした人生を歩むために、”絶対に屈しない”「鋼の自己肯定感」を身につける方法を指南する一冊。
<紹介記事>
【書評:1847冊目】鋼の自己肯定感(宮崎直子)

 

■第6位:
バナナの魅力を100文字で伝えてください(柿内尚文)

バナナの魅力を100文字で伝えてください
柿内尚文 かんき出版 2021-12-21
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【構造と法則を理解すると、こんなにも伝わる!】
編集者・柿内尚文氏が、『バナナの魅力を100文字で伝えてください』と題して、「伝わるとはどういうことか」を語りながら、36個の”伝わる”技術を伝授する一冊。
<紹介記事>
【書評:1788冊目】バナナの魅力を100文字で伝えてください(柿内尚文)

 

■第7位:
「捨てる」思考法(出口治明)

「捨てる」思考法
出口治明 毎日新聞出版 2022-8-8
Amazonで探す 楽天で探す

【潔く捨てることで、生きやすくなる!】
立命館アジア太平洋大学(APU)学長・出口治明氏が、未来のために捨てるべきものを潔く捨てることの大切さを語りながら、「捨てる」と「得る」がスムーズになる”トレードオフの極意”を伝授する一冊。
<紹介記事>
【書評:1896冊目】「捨てる」思考法(出口治明)

 

■第8位:
最先端研究で導きだされた「考えすぎない」人の考え方(堀田秀吾)

最先端研究で導きだされた「考えすぎない」人の考え方
堀田秀吾 サンクチュアリ出版 2020-8-5
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【忘れるほど、脳は活性化する!】
明治大学教授・堀田秀吾氏が、『「考えすぎない」人の考え方』と題して、考えすぎるほど考える力は低下すると提起し、考えすぎずに最適な行動が取れるようになる方法を解説する一冊。
<紹介記事>
【書評:1705冊目】最先端研究で導きだされた「考えすぎない」人の考え方(堀田秀吾)

 

■第9位:
22世紀の民主主義(成田悠輔)

22世紀の民主主義
成田悠輔 SBクリエイティブ 2022-7-6
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【諦めではない、蜂起のための書!】
イェール大学助教授・成田悠輔氏が、民主主義がかつてないほど劣化、重症化していると指摘し、付け焼き刃の対処ではなく、ルール自体をどう作り変えていくべきか考えるための”燃料”を投下する一冊。
<紹介記事>
【書評:1891冊目】22世紀の民主主義(成田悠輔)

 

■第10位:
共感ベース思考(森朝奈)

共感ベース思考
森朝奈 KADOKAWA 2022-6-22
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

【人と人の心をつなぐ!】
魚屋の台所「寿商店」2代目・森朝奈氏が、「いいね!」「そうだよね!」という”共感”こそが仕事の原動力だと語りながら、”共感”を生み出していく仕事術や思考法を解説する一冊。
<紹介記事>
【書評:1897冊目】共感ベース思考(森朝奈)

 

■先週紹介した書籍

※表紙をクリックすると、紹介記事が開きます。

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る