【シェア読書:437冊目】未来予測の超プロが教える本質を見極める勉強法(中原圭介)

【正しく判断する思考法とは何なのか?】
経済アナリスト・中原圭介氏が、初めて明かした未来を読み解き、正しい判断をくだすための超実践的方法をまとめた一冊。本質を見極める力を養うための勉強法が満載!

==================
1分間紹介文
==================

未来が予測できればどんなに楽なことか・・・
この夢見物語を現実のものにしている人の著書。

 

本書は、経済予測が数々的中することから文字通り「未来予測の超プロ」として活躍中の著者が、「本質」をキーワードに、その思考法を誰もが学べる形でまとめた一冊

 

表面だけを取り上げた報道や扇情的に煽るだけの報道。
現代社会は、非常に「軽いノリ」に覆われてしまっているように思う。

 

真偽が定かでない情報(ダイエットや投資は最たるもの)に踊らされて、右に行ったり左に行ったり、忙しない世の中になってしまっている。

 

そんななかでの本書は、ある意味強烈だ。
「本質」を見極めるためには、何をどう見て考えるかを、徹底的に説いている。

 

流されることに飽きたのなら、本書の出番だ。

 

◆自分の頭で考えていますか?
b437

==================
本がわかる!15の要約ポイント
==================

今、求められているのは「本質を見極める力」だ。
そのために重要なのは、幅広い視点を持つことだ。
勉強するなら、ぜひこのことを意識して学ぶべきだ。

 

なぜなら、本質を見極めることができれば、時代や社会、経済などの趨勢も先読みできるはずだからだ。
そういう人材は、グローバル企業も放っておかないのだ。

 

本質を見極めるには、正しい見方や考え方を身につけることだ。
物事を見定める場合は、偏った考えをせず、できるだけ様々な立場や視点から眺めることだ。
いわゆる「大局的視点」「俯瞰的視点」だ。

 

「自分の頭でしっかりと考える」ということが、何よりも重要

 

学ぶとは、知識を覚えるだけでなく「なぜそうなるのか」を自分の頭で考えながら理解すること

 

様々な知識を習得していけば、ある時突然、自然の内面に視野が広がっていることが実感できるようになるはずだ。
視野が広がるほど、本質を見定める洞察力が磨かれるのだ。

 

グローバル化が進んでいるが、その本質は徹底した現地化

 

自国の歴史や宗教を知っていることも重要

 

日本神話について学ぶなら、まずは日本最古の歴史書『古事記』や『日本書紀』を読むべきだ。
ここには「日本とはどういう国か」「日本人はどういう民族か」という問いへの答えが書いてある。

 

一つの学問を学ぶにあたって、専門家のレベルまで知識を高める必要はない。
むしろ、大学の一般教養課程の授業のように、「広く、浅く」身につける程度でよい。

 

ジャンルにとらわれず、学問の雑食を続けると、視野の広がりが実感できるようになる。
やがて、以前の自分では導き出せなかったような発想やアイデアが頭の中に浮かんでくるようになるのだ。

 

疑似体験という目的意識で、読書を続ければ、それが力となり、俯瞰的で、大局的な、本質を見極める視点を得ることができる。
これが、グローバル時代を勝ち抜く力になるはずだ。

 

「直感」や「ひらめき」は、積み重ねてきた知識や経験、思考力次第だ。
企業の規模の大小にかかわらず、優れた経営者は「直感」と「ひらめき」が人並み外れているものだ。

 

「直感」とは、物事の真相を、論理的思考でなく、感覚的に、瞬時に感じ取ることだ。
「ひらめき」とは、すばらしい考えなどが瞬間的に思い浮かぶことだ。

 

経験知を積み増すのに、手っ取り早いのが「本や新聞を読むこと」であり「読んだ本や記事について、自分の頭で考えること」だ。
その繰り返しが、経験知を高めるのだ

 

==================
これをやろう!3つの実践ポイント
==================

【437-1】日本の歴史と宗教について書かれた本を読む

【437-2】新聞を毎日読む

【437-3】「なんでそうなるのか?」をいろいろなものに投げかける

 

==================
今回のまとめ
==================

本を読み+自分の頭で考える=経験知

 

==================
本日紹介した書籍情報
==================
【書籍名】未来予測の超プロが教える本質を見極める勉強法
【著者名】中原圭介
出版社サンマーク出版
【出版日】2014/11/5
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】考える力を身につけたいときに
【キーワード】勉強法考える自己対話
【頁 数】265ページ
【目 次】
第1章 物事の本質を見極めれば、人生はきっとうまくいく
第2章 本質を見極めるためには、まずは「歴史」と「宗教」を学ぶこと
第3章 学問の雑食をすると、思考の幅と奥行きが広がる
第4章 歴史を中心とした学問の融合が大局を判断する力をもたらす
第5章 本当に深い理解を得るための書籍・新聞の読み方
第6章 経験知を積むと直感を発揮できるようになる

 

気になったら、今すぐお手元に!
b437

 

中原圭介さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】
メルマガの配信を開始しました!■

登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る