【シェア読書:465冊目】禅 シンプル生活のすすめ(枡野俊明)

b465
【人生の処方箋】生きにくいと悩んでも、世の中そう簡単には変わらない。悩みを軽くし身軽に生き生きと生活するには「禅的生活」=「シンプル生活」が有効と説く一冊。日々の習慣をちょっと変えて手に入れよう!





===================
書籍情報
===================
【書籍名】禅 シンプル生活のすすめ
【著者名】枡野俊明
【出版社】三笠書房
【出版日】2009/6/19
【推薦度】★★★☆☆
【頁 数】221ページ
【目 次】
第1章 「今日のあなた」を元気にする30項 「習慣」をちょっと変えてみる
第2章 生きる「自信」と「勇気」が湧く30項 ものの「見方」を変えてみる
第3章 迷い・悩みに「答え」をくれる20項 人との「関わり方」を変えてみる
第4章 どんな日も「最高の一日」にする20項 「今」「この瞬間」を変えてみる


===================
なぜこの本を選んだのか?
===================

・枡野俊明さんの本だから

 

===================
この本で得たいこととは?
===================

・自分の生活に取り入れられる習慣

・自分の気持ちをラクにしてくれる言葉


===================
1分間紹介文
===================

 

「生きづらい」と言われて久しい現代社会。
でもいくら「生きづらい」と嘆いても、今日の明日で世の中が変わることはない。

 

では「生きづらい」気持ちを和らげ、のびやかに生きるにはどうすればいいか。
その1つの解として、「禅的生活」=「シンプル生活」をすすめるのが本書。

 

「禅」とは、
人間がこの世で生きるための根本の教え。
人が幸せに生きるための習慣であり、考え方。
言ってみれば、”生きる知恵”である。

 

禅を取り入れることで、生活がシンプルになり、心がシンプルになる。
シンプルになるということは軽くなるということ。
軽くなるということは、ラクになるということ。

 

怠けるためのラクではなく、のびやかに生きるためのラクはぜひ身につけたい。
見開き1ページに1テーマで繰り返し読める構成も、シンプルで良い。

 

こころを清らかに保ち、良い空気に全身を包みましょう!

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

時間がないから忙しいのではなく、心に余裕がないから忙しい

 

普段食べるものも、体だけに作用するわけではありません。心にも大きく影響しています。食べ物が「体」と「心」をつくっているのです
(中略)
一週間に一日くらい、野菜だけで過ごしてみることをおすすめします

 

手を合わせることで感謝の気持ちが生まれ、そこには争いごとは生じません。手を合わせたまま、相手を攻撃することはできないでしょう。手を合わせながら「ごめんなさい」と言われたら、怒りやイライラもおさまってしまう。そこに合掌のもつ意味がある

 

運に恵まれている他人を羨んでいても仕方がない。チャンスが来ないと嘆いていても仕方がない。ただ一生懸命に今やるべきことをやる。そうすれば、運は必ず巡ってくるものです

 

最も自由に、最もラクに生きるために、禅では「自分はこういう人」と決めつけないことが大事だと説きます

 

アイデアやひらめきというものは、実は心の「間」にあり、思考と思考の狭間に存在しています。
その思考の狭間に心を誘うために、何も考えない時間を大切にすることです

 

今日のことは今日で終わり。明日はまた、新しい自分が生まれてくる。だから、心配しなくても大丈夫。

 

昨日できなかったことが今日はできるようになっている。昨日と同じ気持ちには今日はなれない。定点観測をすることで、自分をあるがままに見られる。だから、心と体を丁寧にケアし、磨き上げることができるのです。
丁寧な暮らしは、早寝早起きから始まる。
いつも心地よくラクに生きるコツ

 

近所のお寺や公園でかまいません。座して自然と対話をしてください

 

自分の考えに固執しない。執着しない。そして、人の幸せのために尽くす。
この考えを心にとどめておくことで、ずっと心地よく生きられる

 

花が咲けば自然に蝶々がやってくる。木々に葉がつけば、放っておいても鳥たちがやってくる。そして枯れれば再び離れていく。人との関係も、それと同じようなものではないでしょうか。

 

百人の人間がいれば百通りの考え方や価値観があるのは当たり前のこと。役に立つか立たないかという「損得感情」で分けるのでなく、ウマが合うか合わないかくらいの「感覚」にとどめておく。そうすれば、人間関係の悩みはぐんと軽くなるもの

 

大切なのは今日という「この日」「この時間」「この瞬間」

 

今あなたが不満の渦のなかにいるのなら、もう一度考えてみることです。あなたが望んでいることや欲しているもの。それは、本当に必要なものですか

 

私たちは生かされている。だからこそ、命を無駄にしてはいけない。
本来の自分を素直な心で見つめ、自分が思ったときに、自分のやりたいことを必死でやる。自分らしくなく過ごした時間は、空っぽです。
さあ、目を覚ましてください。
今日はどんな一日にしましょうか?

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【15-0016】まずは1回、1日野菜だけで過ごす日をつくる

 

【15-0017】1日1回、合掌する習慣をつくる

 

【15-0018】1週間に1回、自然の中で座する

 

===================
今日の一言
===================

 

シンプルに生きられるということは、満たされているということ!

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

無用な争いごとや難癖などのトラブルに巻き込まれないように、「一歩引く」ことを大事にしたいと思う今日この頃。「菩薩行」の精神を磨きたいと思います。
本当に戦わないといけない時のために無駄なエネルギーを消費しないこと。

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

感謝!米山智裕

 

===================
今回紹介した本
===================
禅 シンプル生活のすすめ
b465

枡野俊明さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

00時間50分。
スキマ時間にスイスイと(^^)v

 


 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る