【301冊目】100%(ジェームス・スキナー)

b301
【あなたの人生は何%だろうか】『成功の9ステップ』で有名なジェームス・スキナーが贈る、あなたの人生を成功させるたったひとつの原則を説いた一冊。そのための合い言葉が「100%」! !この一冊は効く!

 

 

==================
■書籍情報
==================
【書籍名】100%
【著者名】ジェームス・スキナー
【出版社】サンマーク出版
【出版日】2013/4/3
【推薦度】★★★☆☆
【目 次】
第1部:人生の選択
第2部:愛と冒険への道
第3部:成功者の時間管理
第4部:100%の法
第5部:俺は生きたのだ、どうだ!

 

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介する一冊は【100%】

 

著者は、ジェームス・スキナーさん。
『7つの習慣』を日本に紹介し大ベストセラーに仕上げただけでなく、自ら書き下ろした『成功の9ステップ』や『お金の科学』『略奪大国』もベストセラーにしたメンター。

 

あなたへの質問です。
「あなたの今を構成する100%。そのうちの何%を入れ替えたいですか?」

 

これまで30社以上の企業経営に携わり、世界的にビジネスを展開してきたジェームス・スキナーだからこそ紡ぎ出せた、人生を最も輝かしく生きるための合い言葉。――それが「100%」! !

 

本書は、人生を100%にするための考え方を説いた自己啓発書。
原則を説きつつも、いかに行動するかに注力した行動指南書のようなつくりになっています。

 

「冒険」をすること。そのために「選択」を変えること。
この考え方を読者が持つことを、スキナー氏は強く願っています。

 

375ページの量と、あまりに抜粋点が多いので、
記事ではとくに気に入った点を厳選して上げさせて頂きます。

 

それでは、本編をはじめます。

 

 

==================
■本の抜粋ポイント
==================
人生で、実際にやる人は格好いい。ほかの誰にも、文句の言われようはない。文句があるなら、自分でこいでから言え。それだけのことだ。

 

結果がほしければ、その結果の原因をつくらなければならない。

 

●世界を動かす2つの力
一.原因と結果の法則
二.人間の自由意志

 

結局のところ、人生の生き方は、ふたつしかない。
好きなことをすべてやって、欲しい結果をひとつも手に入れないという生き方
と、
必要なことをすべてやって、欲しい結果をすべて手に入れるという生き方
のふたつである。

 

成功者は、「嫌いという気持ち」を、自分の「目的意識」に服従させる。

 

結果ではなく、その原因に対して、決意をしなければならない。

 

今の考えとやり方で得られる結果は、今得ている結果しかない。

 

愛と冒険をしていなければ、いくらお金をもらっていても、それは単なる数字にすぎない。何も喜びをもたらしてくれるものにはならない。

 

●5ステップのプロセス
1.目標を打ち出す
2.なぜしたいのかを考える
3.達成の方法をリストアップする
4.最も現実的な方法を選択する
5.実行する!

 

人間関係はもらう場所ではなく、与える場所である!

 

100%の人生を生きたければ、今やっていることの80%をやめることだ。100%は、残りの20%にあるのだ!!!

 

労働報酬ではなく、実績報酬にしよう!

 

不健康は時間の無駄

 

==================
■実践する効果があると感じたポイント
==================

●自分で行動してから言う

●欲しい結果を得るための原因を考える

●今の100%は、満足できる100%なのか考える

 

==================
■本のひと言まとめ
==================

自分の人生を100%にすると考えた場合、無駄だと思うものは何ですか?

 

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

 

今日は清々しい1日でした♪
気持ちよい天気は、やっぱりいいですよね〜(*^^*)

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
100%(ジェームス・スキナー)
b301

ジェームス・スキナーさん、素敵な本をありがとうございます!!

 

★1クリック応援よろしくお願いします<m(__)m>★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る