【283冊目】「空腹」が人を健康にする(南雲吉則)

b283
【一日一食が身体を変える】テレビコメンテーターとしても有名なナグモクリニック院長・南雲吉則が、「一日一食」が人間にとってベストな食事法だということを説明、新たなライフスタイルを提案する画期的な本。

 

 

==================
■本の概要
==================
【書籍名】「空腹」が人を健康にする
【著者名】南雲吉則
【出版社】サンマーク出版
【出版日】2012/1/18
【推薦度】★★★☆☆
【目 次】
◎ 食べ過ぎこそ病気の始まり
◎ 水を飲んでも太るワケ
◎ 細胞を修復してくれる「サーチュイン遺伝子」
◎ 寒いとなぜ体がガタガタふるえるのか
◎ メタボが寿命を縮める本当の理由
◎ 「一日一食」でなぜ栄養不足にならないのか?
◎ 食事の量を減らすカンタンな方法
◎ 空腹時にお茶やコーヒーを飲んではいけない
◎ ごはんを食べたら、すぐ寝よう
◎ 若返りのための「ゴールデン・タイム」
◎ 体の温め過ぎは「冷え性」のもと
◎ 自分の「内なる声」にしたがって生きる
◎ あなたの人生、このまま終わってもいいですか? etc.

 

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介する一冊は【「空腹」が人を健康にする(南雲吉則)】

 

著者は、南雲吉則さん。
ナグモクリニック院長。テレビのコメンテーターとしても有名な方ですね。

 

あなたへの質問です。
「とくにお腹も空いていないのに、○時だからご飯にするか、という行動していませんか?」

 

『一日三食が健康の基本』と言われる世の中に、『一日一食』を提唱するのが本書。
食べるのが大好きな私としては、「2回も楽しみを奪うのか!」と叫びたい一冊です・・・

 

しかし、読んでいくうちに
『人間がもっとも自然界の動物に見習わなければならないのは、あらゆる動物が、お腹がすかなければ何も食べないということです。』(引用)
このフレーズにハッとさせられました。

 

人間も動物の一種。
確かに三食食わなければ健康は保てないという固定観念はおかしいですよね。
ドキュメンタリーで、肉食獣が一週間ぶりに食するシーンを見たことありますよね?
一週間何も食べていなくても、チーターなどは時速100km以上で捕食するだけのエネルギーがあるわけですよね。

 

翻って自分はどうなのか、と振り返ってみると襟を正さざるをえないと考えさせられました。

 

自分の食生活・健康を考える良いヒントに、ぜひお役立て下さい。

 

それでは、本編をはじめます。

 

 

==================
■読書ノート
==================
飢餓状態にある国こそ出生率が高い

 

ただやっかいなのは、飢えや寒さの状態におかれないと生命力遺伝子は働かないこと。さらに飽食状態では逆に、体を老化させ、出生率を下げ、免疫が自分の体を攻撃するほうに働いてしまう。

 

「生命力遺伝子」を活性化させることこそが、私たちに長寿と健康をもたらしてくれる

 

糖尿病とは、あらゆる捕食器官が退化していく病気です。
(中略)
捕食する必要がなくなった人類にとっては、手足も感覚器官も、もはや不要となって退化していく。ある意味では飽食への急激な環境変化に対する「適応」といってもよいでしょう。

 

カバンの中や会社の引き出しにはクッキーなどを常備しておいて、ちょっとお腹がすいたら、一、二枚つまんでおけば、それで十分です。

 

もし今消化器系が悪いという人であっても、あとで述べる「一物全体」の完全栄養による「一日一食」の食事にして、早寝早起きを52日間(体の細胞は52日間で一新されます)実行すれば、適正体重になって体調が良くなります。それも、外見上も若々しく見えるようになるという、うれしいおまけつきです。

 

一日一食なら、何を食べてもOK

 

お腹が「グーッ」と鳴るのは、空腹を知らせるサインですが、だからといって、あわてて食事をかき込んだりはしません。しばらくは、この「グーッ」の時間を楽しむようにします。なぜなら、このときこそ、「生命遺伝子」の中の「サーチュイン(長寿)遺伝子」が発現しているからです。

 

魚を丸ごと一尾食べるのが、もっともヒトの体を構成している栄養素と近い、バランスのとれたもの

 

野菜は「葉ごと皮ごと根っこごと」、魚は「皮ごと骨ごと頭ごと」、穀物は全粒で、丸ごとを食べる。今こそ、こうした食の原点に立ち返る時期にきているのです。

 

もし骨を丈夫にしたいと思ったら、人一倍、歩くことをおすすめします。重力によって骨に負荷をかける。そうすれば、骨の中のカルシウム量はどんどん増えていきます。

 

食べたらすぐ寝る

 

一日一食を始めてたったの一週間で、あなたの体臭はほとんどなくなっているはずです。

 

●日常生活での心がけ
・車ばかり乗らず、自分の足でよく歩くこと
・電車やバスに乗るときは座らない
・椅子に座るときは背もたれに寄りかからない

 

●3分で1万歩の効果
(1)たるんだお腹を引っ込めて胸を張る
(2)手は軽く握って
(3)最大歩幅でどんどん歩く

 

酒やスイーツをどうしてもやめられないなら、我慢してストレスをためるより、最高の楽しみに昇華させて、安物で妥協しないようにすればよいのです。

 

体を必要以上に温め過ぎると、むしろ冷え性になるのです。

 

人間がもっとも自然界の動物に見習わなければならないのは、あらゆる動物が、お腹がすかなければ何も食べないということです。

 

==================
■実践ポイント
==================

●茶碗と皿のサイズを小さなものに変える

●魚を積極的に食す

●『3分で1万歩効果』を実践する

●昼だから夜だからだけで、食事行動に入らないようにする

 

==================
■まとめ
==================

「12時だしお昼にしようか?」のセリフ、辞めませんか?

 

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

 

連休明けで早くもガス欠です(笑)
今日は静かにおやすみなさい。。。

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
「空腹」が人を健康にする(南雲吉則)
b283

南雲吉則さん、健康への意識を高める本をありがとうございます!

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る