【シェア読書:282冊目】なぜ一流の男の腹は出ていないのか?(小林一行)

【腹が凹めば人生が変わる!】
半年間で14kg、2年で25kgのダイエットに成功した小林一行氏が、ビジネスパーソンに即した形でまとめた画期的なダイエット本。これであなたも無理なく腹を凹ませ人生バラ色?

==================
1分間紹介文
==================

本日ご紹介するのは、【ダイエットメソッド】に関する一冊。

 

著者は、小林一行さん。
半年間で14kg、2年で25kgのダイエットに成功し、それを体系化させたダイエットインストラクター・メンタルセラピスト。

 

あなたへの質問です。
「あなたは、日々自分の体のチェックをしていますか?」

 

本書は、仕事のストレスから肥満になった危機感を契機に、半年間で14kg、2年で25kgのダイエットに成功させた独自のダイエットメソッドを紹介した一冊

 

紹介されているメソッドは53項目
どれも見開き1ページから数ページで1項目を収録されているので、興味がある項目からどんどん実践できる構成になっている。

 

1つ1つはすでに知られている知識のため、グッと惹きつけられる項目はありません。
ですが、これから暖かくある季節、ダイエットや運動の動機付けにはうってつけ。

 

お腹は、立っていても座っていても見られている
このプレッシャーを自分にかけよう。

 

◆お腹がポッコリしてきていませんか?
b282

==================
本がわかる!15の要約ポイント
==================

「食べる順番を変える」
「太りやすい食材を太りにくい食材に置き換える」
「通勤時や、勤務中にでもできるくらいの軽い筋トレを行う」
たったこれだけ。

 

「人に見られているかも」「太っていると思われているかも」というコンプレックスは、自信を失わせることにつながる。
一流のビジネスマンは「仕事で成果を上げる→自信がつく→さらに成績があがる」というサイクルをつくり出して出世している。
腹を凹ませればさらに自分に自信がつき、業績が上がることも多い。
腹の脂肪と仕事の成績は無関係ではないのだ。
自信のなさはスーツでは隠せない。
腹を凹ませて自信が生まれるなら安いものではないか。

 

見た目が、その人の第一印象のほとんどを決めていることは、厳然たる「事実」

 

基礎代謝を高めるには、まず、内臓の動きを活発にすればいいのだ。
内臓の基礎代謝を高めるには、内臓を健康にして活動を活発にさせることがもっとも近道である。

 

血糖値の上下をコントロールできれば、食欲を抑えることができ、ムリな食事制限をしなくても、腹を凹ませることができるのである。

 

食物繊維には胃に壁をつくって、その後食べた食事による血糖値の上昇を抑えてくれる効果があるのだ。
さらに、これらの食品は、前述したように内臓のぜん動運動を活性化し基礎代謝を上げる効能もある。

 

夜のご飯をふた口減らせば月2kgは痩せる

 

人間が「満腹感」を覚えるのは、食べた10〜20分後とされている。
つまり、たくさん食べても、早食いをすると満腹感を得るまでに時間がかかるのだ。
逆に、この10〜20分の間に食べる量をできるだけ減らせば、食べる総量を減らすことができる。

 

締めのラーメンとの決別は、さっき食べたものを思い出すこと。たったそれだけ。

 

生活の一部に筋トレを組み込み、習慣化するには、「歯磨きしながらスクワットをする」など、日常的に行っている行為と組み合わせることがおすすめだ。

 

つり革にぶら下がるように立つのではなく、軽く握る程度にし、下腹部に力を入れカカトを5ミリ〜1センチ程度浮かせ、つらいと感じるまで続ける

 

駅の階段を昇ることが、輝く自分になるための「栄光への階段」だと心から思い込めば、モチベーションも飛躍的に高まる。
最初のうちは、こうやって自分を励ましながら、少しずつ習慣化できるように努力していただきたい。

 

ダイエットを継続させるには、何が起きても慌てず騒がず、一定のペースを守り続けること。
これにつきるのだ。

 

ダイエットに成功したら何がしたいか、どんな服を着たいか、どんなところにいきたいか、など具体的な目標を決め、目につくところに貼り出す

 

人間は負けたら終わりなのではない。
やめたら終わりなのだ。
(リチャード・M・ニクソン)

 

==================
これをやろう!3つの実践ポイント
==================

【282-1】腹は必要以上に見られていると意識を高める

【282-2】太っていて嫌なことを書き出す

【282-3】痩せてどうなりたいのか書き出す

 

==================
今回のまとめ
==================

自分を制することができれば、なんだってできる!

 

==================
本日紹介した書籍情報
==================
【書籍名】なぜ一流の男の腹は出ていないのか?
【著者名】小林一行
出版社かんき出版
【出版日】2014/3/27
オススメ度★☆☆☆☆
【こんな時に】健康的な人生を送りたいときに
【キーワード】健康法ダイエット術生活習慣術
【頁 数】176ページ
【目 次】
あなたの腹は思った以上に見られている。
腹の脂肪と自信のなさは、スーツでは隠せない。
信頼は腹からつくられる。
あなたの腹はあなたの内面を映し出す。
「忙しい」が口ぐせの人は太る。
腹のたるんだリーダーに人はついてこない。
[他]

 

気になったら、今すぐお手元に!
b282

 

小林一行さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】
メルマガの配信を開始しました!■

登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る