【書評:1444冊目】お金儲けは「インド式」に学べ!(野瀬大樹)

【日本人+インド人=世界最強のビジネスパーソン?】
インド企業の日本進出をサポートする公認会計士・野瀬大樹氏が、『お金儲けは「インド式」に学べ!』と題して、インド人に学ぶべきマインドを指南する一冊。

■書籍の紹介文

インド人。
あなたは、どんなイメージをもっていますか?

 

本書は、日本人とインド人の思考・習慣を比較しながら、日本人が取り入れるべき、お金・働き方・生き方のマインドを指南する一冊。

 

日本人のもつ美徳は、美しく、また、強みにもなる。
ただ、ありとあらゆる場面で杓子定規にそれを求めるのは、社会全体に息苦しさと閉塞感を生む。

 

そこに、真逆にあるインド人のマインドを「スパイスを足す」がごとく取り入れてみる。
すると、日本人の持つ美徳が一層引き立てられ、社会全体が活き活きとするはずだ。

 

これが、日本とインドを長年見続けてきた著者の見解です。
見解に基づき、いまの日本人が取り入れるべきマインドを説いていきます。

 

また、製造業の強い日本とITサービス業に強いインド。
それぞれが「なぜ強いのか?」の理由もあきらかになり、読み物としても楽しめる内容です。

 

真逆だからこそ、学べることがある。
真逆だからこそ、開き直って試すことができる。

 

息苦しさや閉塞感を感じるということは、やり方・考え方が間違っている可能性があります。
であるならば、真逆のやり方・考え方を試してみる価値は大いにありますよね。

 

悪くはないけど、良くもない。
そんなときは、雰囲気を一変させる「スパイス」を加えてみてはいかがでしょうか。

 

そこには、かならず新しい発見があるはずです。
その発見こそが、息苦しさや閉塞感を打破する1歩目になるのです。

 

◆激辛コラムも必見!

お金儲けは「インド式」に学べ!
野瀬大樹 ビジネス社 2019-5-24
売上ランキング(公開時):3,800
Amazon 楽天

■【要約】15個の抜粋ポイント

何が起こるか事前に正確にわかるわけないのだから、予想など立てられるはずがない。
それよりも、まずは始めてみて、それから最善の道を構築する…。
それが、彼らインド人ビジネスマンの基本的な思考なのだ。

 

100点までスキルが身につくのを待っていては、永遠に自分のやりたい仕事をやる機会は来ない。

 

「次の場所」を常に確保し続けることで、会社との交渉を有利に導くスタイルは私たち日本人も見習うべきだ。

 

やりたいことを伝えたくらいで失うものなど何もない。

 

「100点主義」それ自体が悪いのではない。
メリット、デメリットを考えず、どんな場面でも「100点主義」を用いるのが問題なのだ。

 

「世の中の5%の人は、何をしてもあなたのことを嫌う人、5%の人は何をしてもあなたを応援してくれる人、そして残りの90%は、そもそもあなたに関心がない人」

 

仕事や友人関係で、何か思い悩むことがあったら、ふと考えてほしい。
「この人はそもそも私に関心がないし、1年たったら覚えてもいない」
「5年もたてば、この人の記憶から私の存在自体、消えている」
と。

 

「未来の自分からいまの自分を見る」

 

まず何より自分の幸せややりたいことを優先させる。
そして、次に自分の周囲で自分の味方に絶対になってくれる人や家族の幸せ、やりたいことを優先させる。
そのためには人と衝突することもいとわないし、それが原因で嫌われてもちっとも気にしない。

 

インド人は日常生活とは切っても切り離せないからこそ、「お金」の話を非常にオープンにするのだ。

 

最も近い存在といえる親や兄弟に頼ることすら「恥ずかしい」と考えることに、強い違和感を覚えた

 

最初は自分でがんばる。
でも困ったら親に頼る。
兄弟に頼る。
無論、制度にも頼る。
と同時に、周りにそういう人がいてもたたかないという考え方だ。

 

私たちは、世界的にも恵まれた社会保障制度の恩恵にいつでもあずかれるのだ。
だからこそ制度の中身をきちんと理解し、使うべきときにはためらわず使う。
これが、国民一人ひとりのリスクヘッジにもなると同時に、「70点主義」社会を実現するための大事なバックボーンともなるのである。

 

「楽しめない」→「楽しむ」こそが、私たちにいま一番欠けている=必要な要素なのだ。

 

インド人のマインドを「スパイス」として、ちょっとだけ私たちの仕事や生活に取り入れる。
それだけで日本企業はもっと強くなるし、日本人ももっと幸せになれる。
そう確信している。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1444-1】常に「次の場所」を用意しておく

【1444-2】やりたいことは伝える

【1444-3】頼ることを「恥ずかしい」と思わない

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】お金儲けは「インド式」に学べ!
【著者名】野瀬大樹著者情報
出版社ビジネス社
【出版日】2019/5/24
オススメ度★★★★☆
こんな時に自分を変えたいと思ったときに
キーワードマインド生き方働き方
【頁 数】223ページ
【目 次】
PART1
即座に、かつ猛スピードで動くインド人
なかなか動けない、決められない日本人

PART2
30 年間給料が増えない日本
毎年10 %以上給料が増えるインド

PART3
世界的企業のトップに立つインド人
リーダーシップが根づかない日本人

PART4
ミスをしたら自分の責任と感じる日本人
ミスをしても自分のせいだと思わないインド人

PART5
お金持ちがバッシングされる日本
お金持ちが大絶賛されるインド

PART6
お金があるのに将来が不安な日本人
お金がないのに希望に満ちたインド人

エピローグ
日本人の「お金」と「仕事」と「人生」に

 

この本が、あなたを変える!

お金儲けは「インド式」に学べ!
野瀬大樹 ビジネス社 2019-5-24
売上ランキング(公開時):3,800
Amazon 楽天

野瀬大樹さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1444冊目】お金儲けは「インド式」に学べ!(野瀬大樹)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る