【書評:1751冊目】1日1分で文章が勝手にうまくなる本(山口拓朗)

【「うまく書きたい!」と欲がでてきたら読む本】
伝える力【話す・書く】研究所所長・山口拓朗氏が、『1日1分で文章が勝手にうまくなる本』と題して、問題を解くだけで上達するワークを通じて文章術を指南する一冊。

■書籍の紹介文

文章をもっとうまく書きたい!
いま、あなたはそうおもっていますよね?

 

本書は、文章がうまくなるポイントは「自問自答」にあると提起し、問題を解くだけで文章力が上達するワークを通じて、文章力の鍛え方を指南する一冊。

 

1日1分でうまくなったら苦労しないよ・・・。
本書のタイトルをみて、あなたはこうおもったかもしれません。

 

もちろん、今日の1分だけでうまくなることはありません。
ですが、毎日継続していくと、かならずうまくなります。

 

そう断言できるほど、文章力は上達を実感しやすいものです。
わたし自身、当ブログの運営で日々そのことを実感しています。

 

過去に投稿した記事の文章を読むと、いまでも恥ずかしい気持ちになります。
「こんな下手くそな文章で公開していたのか・・・」と。

 

文章は、仕事やプライベートのSNS投稿など、その力を発揮する場面は無限にあります。
つまり、それだけ鍛える価値の高いスキルというわけです。

 

文章がうまくなると、自分の伝えたいことが”しっかりと”伝わるようになります。
このときに感じる”喜び”は、確かな自信となって自分を成長させてくれます。

 

あなたが”喜び”を感じるために投資するのは1日1分です。
Twitterの投稿1回分くらいの時間だけです。

 

まずは、本書のワークからはじめてみてください。
著者の豊富な指導実績に基づく、実用的なスキルがゲーム感覚で身につくように計算されています。

 

「もっと上達したい」とおもっているときこそ、鍛える絶好の機会。
一生モノの文章スキルの習得を目指しましょう!

 

◆鍛えるほど、文章力は伸びる!

1日1分で文章が勝手にうまくなる本
山口拓朗 総合法令出版 2021-11-12
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

大切なのは、「何を書けば、読み手(読者)は興味を持ってくれるだろうか?」と考えたうえで、読者の代わりに質問することです。

 

●自問の基本「5W3H」
・When(いつ/期限・時期・日程・時間)
・Where(どこで/場所・行き先)
・Who(誰が/担当・分担・対象者)
・What(何を/目的・目標・事柄・もの)
・Why(なぜ/理由・根拠・原因・動機)
・How(どのように/方法・手段・手順)
・How many(どのくらい/数量・規模)
・How much(いくら/価格・コスト・予算)

 

「ひと言」で笑わせるスキルは、取りも直さず「人の感情を動かすスキル」です。
交流を目的とするSNSの投稿などに活用していきましょう。

 

文章を書くときは「結論→具体例」の流れを意識しましょう。

 

妄想したことを文字で表現するときには、ディテール(細部)の書き込みが必要です。
つまり、妄想を書くことはディテールの描写力アップにつながります。

 

臨場感を演出するためには、妄想力を働かせて物語を補完する能力が求められます。
出来事を羅列するだけでなく、会話文や心の声、「・・・」などを挟んだり、オノマトペを使ったりすると臨場感がアップします。

 

文章を書き終えたら、周りにいる人に「何について書いた文章でしょう?」とひと言添えて、読んでもらってください。
正しくお題の言葉を即答してくれたら合格です。

 

意識的に言葉のセレクトを変えることで語彙力が磨かれていきます。

 

間違った文章、伝わらない文章を書いていると、読む人に誤解され、書き手の信頼も落としかねません。

 

文学的な意図がないようであれば、「ひらがな:漢字=7:3」程度のイメージで書くといいでしょう。

 

テンプレートを使うことによって、読む人に伝わりやすくなるほか、文章作成にかかる時間や労力を大幅にカットすることもできます。

 

「備えあれば憂いなし」です。
敬語は、「正しい使い方を知る→それを使う」をくり返す以外に身につける方法はありません。

 

論理的な文章に求められるのは「AだからBなのです」というような明確な関係性です。
関係性をあいまいにしたり、ごまかしたりする記述は避けましょう。

 

キャッチコピーを作るときは、ターゲットを具体的かつ明確に設定することが重要です。

 

文章作成に必要な各パートの基礎を固めることができれば、確実に文章力アップを図ることができます。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1751-1】妄想を文章にする訓練を習慣化する

【1751-2】類語辞典を1冊購入する

【1751-3】敬語表現がまとめられた本を1冊購入する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】1日1分で文章が勝手にうまくなる本
【著者名】山口拓朗著者情報
出版社総合法令出版
【出版日】2021/11/12
オススメ度★★★☆☆
こんな時に書く力を身につけたいときに
キーワード文章力ことばのチカラ伝える
【頁 数】203ページ
【目 次】
第1章 99%の人が知らない文章作成の基本
第2章 ひと言コメントトレーニング
第3章 作文トレーニング
第4章 妄想トレーニング
第5章 6コマ漫画トレーニング
第6章 説明トレーニング
第7章 言い換えトレーニング
第8章 穴埋めトレーニング
第9章 伝達トレーニング
第10章 構成トレーニング
第11章 敬語トレーニング
第12章 論理的に書くトレーニング
第13章 卒業トレーニング

 

この本が、あなたを変える!

1日1分で文章が勝手にうまくなる本
山口拓朗 総合法令出版 2021-11-12
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

山口拓朗さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る