【書評:1750冊目】20代をどう生きるか(中谷彰宏)

【20代は好奇心の赴くままに迷走しよう!】
作家・中谷彰宏氏が、『20代をどう生きるか』と題して、失敗できるのが20代の特権だと提起し、その後の人生の財産となる、20代を楽しむ61の方法を指南する一冊。

■書籍の紹介文

このままでいいのかな?
ふとした瞬間に、不安になることはありませんか?

 

本書は、失敗することによって「自分」という人間を知ることができると提起し、挑戦して失敗することができる20代を人生の財産にしていく方法を指南する一冊。

 

学校を卒業し、社会にでてみて気づくこと。
それは、”先生”がいなくなるということです。

 

あなたの成長を願って、いろいろと教えてくれる存在が消える。
あとは自分で判断して必要なことは自分で学んでくださいと、社会にほっぽり出されるわけです。

 

すると途端に、なにをするにも不安がつきまといます。
これでいいのかなと、まわりを異常に気にして合わせるようになります。

 

さらに、そのことでストレスがたまると、行動すること自体がつらくなります。
こうなってしまうと、経験値が一向に増えず、いつまでもビクビクしながら年齢だけを重ねてしまう恐れがあります。

 

こうならないためには、ある種の開き直りが必要です。
「ほっぽり出されたばかりなんだから、失敗してあたりまえじゃん!」と。

 

もちろん、自暴自棄のような投げやりな失敗はいけません。
自分の好奇心が向くもの、興味をそそられる仕事などへ、自分から積極的に挑戦する必要があります。

 

一流のスポーツ選手も、何千回、何万回と失敗をした上に栄光を手にしています。
だから、あなたも失敗をくり返しながら成長をして、あなたにとっての栄光をつかみ取るしかないのです。

 

とは言っても、こころの支えになるものが欲しいのも人の心です。
そんなときは、本書の言葉に縋(す)がりましょう。

 

挫けそうなこころを支え、「ヨシ、次こそは!」と気合いを入れてくれます。
20代とは、積極的な挑戦をしている限り、失敗をしても大目にみてもらえる特権が与えられた期間です。

 

ここで、どれだけ失敗を経験し、そこから学び、自分を成長させられるか。
30代以降の人生に、大きな”差”が生まれます。

 

本書の言葉に支えとして、左へ右へ好奇心の赴くままに挑戦しましょう。
20代とは、それが許される最初で最後の世代なのです。

 

◆失敗から学ぶ経験値を積め!

20代をどう生きるか
中谷彰宏 リベラル社 2021-9-17
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

将来、迷わないようになるためには、20代に迷うことです。
迷った時に大切なのは、立ち止まらないことです。

 

まずは、仲よしと100%意見が同じであると思い込まないことです。
たとえ意見が違っても、嫌いにならないことが大切なのです。

 

価値観に、上下の優劣をつけないことです。
価値観は点数がつけられません。
「いろいろなものの考え方の人がいる」とわかることが共感です。

 

キャッチボールのうまい人は、相手が離れたら「長い距離で投げたいんだな」、相手が近づいてきたら「短い距離で投げたいんだな」と気づきます。
人間関係は一定の長さではありません。
常にゴムのように伸びたり縮んだりします。

 

余裕を生むコツは、服装です。
服装をきちんとするだけで圧倒的な余裕になります。

 

アルバイトがいい・悪いということではありません。
体験を積むために、いろいろなアルバイトをしておいたほうがいいです。
その体験が正社員になった時に役立ちます。

 

自立とは、責任転嫁しないこと、言いわけをしないことです。
責任を自分で背負えるのが自立です。

 

受け身には幸福感がありません。

 

教えてくれる人に「それはなんのためにするんですか」と聞いたら、教えてもらえなくなります。

 

一つ一つの仕事は、「信用」で手に入れられます。
信用は、失敗した後のリカバリーをどれだけ頑張れるかで手に入れることができます。

 

個人差が一番大きいのは、20代の一次体験です。
20代でどれだけ一次体験をたくさんしたかが、その人の一生を決めるのです。

 

自分から共感するのが本当の共感です。

 

結果で判断すると、モチベーションは下がります。
モチベーションはプロセスで上がるのです。

 

苦手な人を敵にしないことです。

 

うまくいかなかった時に「もう金輪際やらない」ではなく「ヨシ、次こそは」と、またチャレンジします。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1750-1】服装に気をつける

【1750-2】一次体験をできるだけ多くする

【1750-3】失敗しても「ヨシ、次こそは」と再挑戦する気持ちを持ち続ける

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】20代をどう生きるか
【著者名】 中谷彰宏著者情報
出版社リベラル社
【出版日】2021/9/17
オススメ度★★★☆☆
こんな時に生き方に迷ったときに
キーワード20代生き方最高の自分
【頁 数】224ページ
【目 次】
第1章 20代の迷走は、武器になる。
第2章 20代は相手との距離を、近づけすぎない。
第3章 「どんな人になりたいか」で、今日すべきことが変わる。
第4章 20代は仕事を通して、成長と信用の2つを手に入れる。
第5章 20代の運は、想定外のトラブルのド真ん中にある。

 

この本が、あなたを変える!

20代をどう生きるか
中谷彰宏 リベラル社 2021-9-17
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

中谷彰宏さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る