【書評:1445冊目】価格はアナタが決めなさい。(大須賀祐)

【利益が出る価格で勝負できていますか?】
ジェトロ認定貿易アドバイザー・大須賀祐氏が、「価格はアナタが決めなさい」と題して、利益化しやすく価格を自分で決められる、BtoB輸入ビジネスを解説する一冊。

■書籍の紹介文

利益の出る価格。
きちんと設定できていますか?

 

本書は、ビジネスにおける「価格を自分で決めること」の重要性を説きながら、利益化しやすく価格を自分で決められる『BtoB輸入ビジネス』を解説する一冊。

 

疲弊しているビジネスの現場が思い出すべきこと。
それは、「利益の出る価格を自分で決める」ということです。

 

なぜか。
企業でも個人でも、『価格を決めるものが、ビジネスを制する』からです。

 

そのためには、価格を自分で決める立場になる必要があります。
必死に働いたのに雀の涙ほどの稼ぎで苦労しないために。

 

では、どうすれば「価格を自分で決める立場」になれるのでしょうか。
その有効な方法として著者が解説するのが、「BtoB輸入ビジネス」なのです。

 

BtoB、つまり、企業を相手に行う輸入ビジネスです。
アナタが海外で仕入れたものを、日本企業に買ってもらい販売してもらうビジネスです。

 

本書では、
◎BtoB輸入ビジネスの仕組み
◎価格を自分で決める立場になるためのヒント
を学ぶことができます。

 

もちろん、BtoB輸入ビジネスに参入する必要はありません。
大事なのは「価格を自分で決める」意識を学び取ることです。

 

◆価格を他人に決めさせない!

価格はアナタが決めなさい。
大須賀祐 集英社 2019-4-19
売上ランキング(公開時):3,977
Amazon Kindle 楽天

■【要約】15個の抜粋ポイント

何をどう売るかはもちろん大切ですが、そもそも「自分が納得できる利益をオンした価格」で販売することのできないビジネスであれば、それに手を出してはいけないのです。

 

あなたがモノやサービスを社会に提供し、その対価としてお金を稼ぐ。
この場合の利益は、あなたが社会に貢献した証です。

 

●価格を自分で決められるビジネスの3つの共通点
(1)メーカー
(2)差別的優位性
(3)価値を「伝えるスキル」

 

想定するターゲットは、どんなことに価値を感じるのだろうか、よく考えて伝えてください。

 

まだ誰も気付いていない、新たなニーズを発掘できれば、求める人に、あなたが値付けした価格で売ることができるのです。

 

輸入ビジネスを選んだのには、理由がありました。
それは海外には「定価でものを売る」商習慣がなかったことです。

 

私がおすすめするBtoB輸入ビジネスとは、海外で仕入れた魅力的なモノやサービスを、国内で高く売る。
それだけのシンプルな仕組みです。
(1)海外の展示会で商品を見つける
(2)独占販売権を取得する
(3)国内の展示会に出展する

 

●BtoB輸入ビジネスが優れている理由
(1)モノを自分で作らなくても「作り手」になれる
(2)ローリスクである
(3)BtoBなら利幅が大きく販売スタッフも不要
(4)特別な能力や資格が必要ない
(5)多くの部分をアウトソーシングできる
(6)日本人であるメリットを最大限に活かせる
(7)小さな組織でも大企業に勝てるフェアな仕組みである
(8)好きなことを仕事にできる!
(9)クリエイティブでやりがいがある

 

私がおすすめするのは、現地に行って商品を発掘して、海外のメーカーと直接交渉して関税をきちんと払って商品を仕入れるもので、相手の顔が見えないネットビジネスとはまったく異なります。
経験上言えるのは、相手の顔が見えないビジネスほど怖いものはないということです。
やはり、ビジネスの王道は人と人、人とモノが直接出会って生まれるものなのです。

 

まずは好きなジャンル・よく知るジャンルの商品を選んでください。

 

もう一つ、目安として挙げるなら「C・L・V」な商品を選ぶとよいでしょう。
「C・L・V」とは、次に挙げる三つです。
C=Compact(小さい)
L=Light(軽い)
V=Value(価値がある)
つまり「小さくて、軽くて、価値がある商品」です。

 

扱うモノには「未来から持ってきた商品」と「過去から持ってきた商品」がある

 

あなたが新規事業として輸入ビジネスを始めるのであれば、現在の名刺に、輸入担当者であることを示す「Importer」の肩書きを加えておくとよいでしょう。
個人で始めるならば、「○○ trade(トレード)」などの屋号を入れてください。
それだけで信頼度が増します。

 

事前に、輸入品が多く並ぶ国内の店舗で、どんな商品が売られているのか見ておくこともおすすめです。
たとえば、東急ハンズやロフトなどを回ってみてください。

 

仕組みを作って自分で価格を決めることは、他の人に、人生の航海の舵を任せない、つまり、自由を手にすることでもあります。
自分自身の自由裁量で、すべてを決定し、好きな事を仕事にする。
なんとロマンチックな人生ではありませんか?

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1445-1】「利益=社会貢献の証」と心得る

【1445-2】想定ターゲットが何に価値を感じるかをよく考える

【1445-3】フリマなどで、「自分で価格を決めて売る」経験をしてみる

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】価格はアナタが決めなさい。
【著者名】大須賀祐著者情報
出版社集英社
【出版日】2019/4/19
オススメ度★★★☆☆
こんな時に明日のマーケティング力を磨きたいときに
キーワード稼ぐ力ビジネスモデルグローバル
【頁 数】224ページ
【目 次】
第1章 あなたはなぜ、価格を自分で決められないのか
第2章 自分で価格を決める方法
第3章 私が輸入ビジネスを選んだ理由
第4章 何がどう売れる? 事例で見る価格設定のコツ
第5章 BtoB輸入ビジネスのステップ

 

この本が、あなたを変える!

価格はアナタが決めなさい。
大須賀祐 集英社 2019-4-19
売上ランキング(公開時):3,977
Amazon Kindle 楽天

大須賀祐さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1445冊目】価格はアナタが決めなさい。(大須賀祐)
Author Rating
31star1star1stargraygray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る