【書評:1807冊目】地味な投資で2000万円(大西真人)

【投資の神様も絶賛する”地味な投資”とは】
独立系ファイナンシャルプランナー・大西真人氏が、『地味な投資で2000万円』と題して、最も元手が少なく、最も安全で、最もお金が増える投資法を丁寧に解説する一冊。

■書籍の紹介文

投資活動をすることが一般化しつつある昨今。
あなたの投資に対する考え方はどのようなものですか?

 

本書は、「最も元手が少なく、最も安全で、最もお金が増える」投資方法として、投資の神様と呼ばれるウォーレン・バフェットも絶賛する“米国株インデックス投資”のやり方を丁寧に解説する一冊。

 

お金は、黙っていても増えません。
お金を増やしたければ、増やすための行動が必要です。

 

言葉にして読むと、「あたりまえ」だと感じますよね。
しかし、この「あたりまえ」を異常なほど警戒し怖がっているのが、わたし達日本人なのです。

 

「投資は危険なもの」「投資は怪しいもの」だと捉える。
そして、大切なお金は銀行やゆうちょに預けておくのが一番である、と”宗教”のように信じてきました。

 

確かに、預けておくだけで、お金が増えて”しまっていた”時代はありました。
この”しまっていた”時代を、「また来るかも」と盲目的に待つのは危険だということは、いまを生きるわたし達には容易に想像できます。

 

ましてや、日本経済の状況や世界の情勢を勉強するほど、その危険度の高さは上がるばかりです。
一方で、将来に向けてお金を増やさなきゃいけないという現実はなにひとつ変わりません。

 

では、どうすればいいのか。
その答えのひとつを提示したのが本書です。

 

投資は怖い、投資は分からない、投資の勉強をしていない。
そんな、まったくの投資初心者でも「これなら・・・」とおもえる”はじめの一歩”を紹介しています。

 

やり方は、ものすごくシンプルです。
『証券口座を開いて、積み立ての額を決めて、「米国株の投資信託」を買うだけ』です。

 

◎貴重な資産を失いたくない
◎危険な情報に騙されたくない
◎でも、将来のためにお金は増やしたい

 

こんな考え方の人にこそ、読んでいただきたい内容。
”地味な投資”と名付けていますが、投資の神様が奥様にアドバイスする投資法でもあります。

 

お金がすべてではありませんが、お金があれば選択肢は確実に増えます。
お金を増やしたければ、増やすための行動が必要です。

 

※当記事は、書籍「地味な投資で2000万円」の内容紹介を目的としており、本記事を参考にした投資行動の結果について、当方では一切の責任を負いません。

 

◆早く始めるほど効果は大きくなる。

地味な投資で2000万円
大西真人 SBクリエイティブ 2022-1-6
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

わざわざ金利の低い銀行に預けっぱなしというのは、機会損失というリスクを自ら負いに行っているようなものです。
その意味で、銀行にお金を預けっぱなしにするのは、全く安全ではありません。

 

銀行に預け入れたお金は、減ることはありませんが、微々たる利息がプラスされる以外、増えることもありません。
つまり、銀行預金はインフレになると価値が下がるということなんです。

 

投資がインフレに強いというのは今も変わらぬ永遠の真実です。

 

私が強く訴えたいのは、まとまった資金がない場合でも投資を始めることは可能ですよ、ということです。

 

「地味な投資」に投資の知識は必要ありません。
なぜなら、「はじめに」でお伝えしたとおり、選ぶのはたった1つ。
「米国株の投資信託」を買うだけだからです。

 

長期間にわたって高い運用パフォーマンスを出しているインデックスファンドとは、ズバリ「米国株の多いインデックスファンド」ということになります。

 

「地味な投資」は、「米国株の多いインデックスファンド」を長期的に積み立てていく投資です。
それには次の3つのステップを踏むことになります。
ステップ1…証券会社で自分名義の口座を開設する
ステップ2…購入する「米国株の多いインデックスファンド」の商品を決める
ステップ3…商品の購入(積み立て)を始める

 

投資信託にかかるコストとして、売買手数料とは別に「信託報酬」というものがあります。
(略)
信託報酬は投資信託を保有している期間、毎日引かれるコストです。

 

あなたが、もしまだ証券会社に口座を持っていなければ、楽天証券にすることを強くおすすめします。

 

インデックスファンドがいい理由は分散投資ができるからという点にあります。

 

これらの理由から、投資するなら米国企業の力強さを反映している投資信託ということになります。
投資が初めての方におすすめしたいのは、次の2つの指数に連動するインデックスファンドです。
(1)S&P500
(2)全世界株式

 

「株に詳しくない人はS&P500に投資すればいい」というのがウォーレン・バフェットの考えです。
投資で巨額の富を築いたバフェットをしてこういわしめるのですから、S&P500のいい意味での「破壊力」にはすさまじいものがあるのだなと改めて感じます。

 

積み立てのメリットは2つあります。
(1)大金がなくても今すぐに始められる
(2)投資のタイミングがバラバラになることでリスクの分散ができる

 

とにかく始めることが大切なので、本当に怖がりの人の場合、1000円からスタートしても全然かまいません。

 

長期的に見れば値下がりはチャンスになります。
うろたえたり焦ったりすることなく、ゆったりした気持ちで構えてくださいね。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1807-1】楽天証券に証券口座を開設する

【1807-2】毎月積み立てに回す額を決める

【1807-3】投資信託「S&P500」「全世界株式」への積み立て投資を開始する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】地味な投資で2000万円
【著者名】大西真人著者情報
出版社SBクリエイティブ
【出版日】2022/1/6
オススメ度★★★☆☆
こんな時にお金と賢く付き合いたいときに
キーワード資産形成金融リテラシーお金
【頁 数】256ページ
【目 次】
序章 「地味な投資」をする前に、今さら聞けない投資の7つの疑問
第1章 なぜ、地味なのに2000万円貯まるのか?
第2章 STEP1 地味な投資の「口座」をつくろう
第3章 STEP2 地味な投資の「銘柄」を選ぼう
第4章 STEP3 地味な投資の「積み立て」を決めよう

 

この本が、あなたを変える!

地味な投資で2000万円
大西真人 SBクリエイティブ 2022-1-6
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

大西真人さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る