【書評:1834冊目】14歳からの「孫子の兵法」(齋藤孝)

【戦い方を知ることは戦いをラクにする!】
明治大学文学部教授・齋藤孝氏が、『14歳からの「孫子の兵法」』と題して、2500年以上にわたって世界中で読み継がれる不朽の名著の要点をわかりやすく解説する一冊。

■書籍の紹介文

孫子の兵法。
あなたは何回読んだことがありますか?

 

本書は、2500年以上にわたり世界中のリーダーに読み継がれてきた『孫子の兵法』のエッセンスを、現代に即した漫画を添えて、わかりやすく解説する一冊。

 

兵法書ですから、戦争でいかに勝つかをまとめた書物です。
にも関わらず、なぜ世界中の偉人・経営者がこぞって読むのでしょうか。

 

理由は、2つあります。
理由①:競争や勝負事の”本質”を喝破しているから
理由②:敵対関係や上下関係など人間の”普遍”的な心理を捉えているから

 

要するに、リーダーの教科書として最適な書物なのです。
市場の荒波を越えて会社をどう舵取りするか、荒波に負けない会社組織をどう育成するか、が学べるわけです。

 

生きることを戦いと捉えると、人生の指針とすることもできます。
ゆえに、時代をこえて読み手を問わず読み継がれている、文字通りの不朽の名著なのです。

 

とはいえ、古典ゆえに原典は読みづらいのも事実。
そこで、「孫子の兵法」の要点を、イメージしやすい漫画とわかりやすい解説でまとめたのが本書です。

 

押さえておいてほしい66個のテーマを、見開き2ページで読みやすく構成。
「孫子の兵法」がはじめてという方はもちろん、改めて読み直そうという方にも役立つとおもいます。

 

戦い方を知っている分だけ、戦いはラクになります。
少しずつ使える手札を増やしていきましょう。

 

◆明日を生きる武器を。

14歳からの「孫子の兵法」
齋藤孝 SBクリエイティブ 2022-2-23
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

相手が一の準備をするなら五の準備をし、「これで勝てる」となって初めてテーブルにつくのが勝利のセオリーです。

 

弱みや短所からはつい目をそむけたくなりますが、自己認識ができていないと、相手のほうが自分よりも自分をよく知っていることになりかねません。

 

相手は常に変化しているので基準にはなりません。
自分を基準にしてこそ、力を正しく蓄えていけます。

 

現代は、インターネットで簡単に情報が手に入るように思えます。
しかし、真に価値のある情報を得るには、やはりお金と手間をかける必要があります。

 

人は利益に弱く、損得で行動が左右されます。
戦いにおいて敵を思い通りに操るためには、利益の見せ方が重要になってきます。

 

兵力差や国力差を無視した戦いを挑んではならないし、「戦わない」「逃げる」「避ける」といった決断が大切になります。

 

「慣れ」や「慢心」が時に恐ろしいものです。
常に「変化」を心がける意識が、真の常勝へと導きます。

 

一滴の血も流さず、相手にも自分にも損害を出さずに勝つ。
それこそが戦いの極意だといえるでしょう。

 

「小事は大事」という諺がありますが、小さな失敗や問題も決して軽んじることなく、大きな失敗や問題のように対処するべきです。
その心掛けこそが、大事を防いでくれるのです。

 

誰かの後ろをついていくのは安心できそうに見えますが、今の時代、求められるのは先頭を行く勇気であり、先頭を走り続けようという意欲です。
勝ちたいなら周りを見てからではなく、自分から動くことです。

 

権限や権力だけで人を動かすことはできないのです。
本当に思い通りに動いてもらうためには、遠回りでも地道に信頼を得ていくしかありません。

 

「もう大丈夫」から「さらに努力しよう」に意識を変えることで、本当に大丈夫になるのです。

 

リーダーは、自分の任務遂行だけでなく、自分の人生までもが下につくメンバーによって決定づけられていると理解することが大切です。
そう理解すれば、親のように接することも難しくはなくなるはずです。

 

「成功は運のせい。失敗は自分のせい」と謙虚に考えてこそ、人は成長できるのです。

 

人は誰でも自分がかわいいものですが、重大な決断にあたっては、「私心はないか?」と自らに問いかける姿勢を持つことが、正しい判断につながっていくのです。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1834-1】自分を基準に物事を考え、物事を判断する

【1834-2】「変化」を常に考える

【1834-3】「大丈夫かな」と感じたときこそ「もう一踏ん張り頑張ろう」と意識する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】14歳からの「孫子の兵法」
【著者名】齋藤孝
出版社SBクリエイティブ
【出版日】2022/2/23
オススメ度★★★☆☆
こんな時に教養を伸ばしたいときに
キーワード教養人間関係リーダー
【頁 数】160ページ
【目 次】
第一章 「原理原則」の教え
第二章 「情報戦」の教え
第三章 「基本戦略」の教え
第四章 「具体戦術」の教え
第五章 「マネジメント」の教え
第六章 「リーダーシップ」の教え

 

この本が、あなたを変える!

14歳からの「孫子の兵法」
齋藤孝 SBクリエイティブ 2022-2-23
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

齋藤孝さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. 2022年 4月 12日

QRコード

PR



ページ上部へ戻る