【書評:1738冊目】感情の整理ができる人は、うまくいく(有川真由美)

【感情を許すと、自分が楽しくなる!】
作家・有川真由美氏が、『感情の整理ができる人は、うまくいく』と題して、人生は感情に左右されると提起し、感情を整理するために役立つ考え方を、まんがとともに指南する一冊。

■書籍の紹介文

日々湧き上がる自分の感情。
きちんと折り合いをつけられていますか?

 

本書は、人生がうまくいかないのは自分の感情とのつき合い方に原因があると提起し、感情を整理するために役立つ考え方を、まんがとともに指南する一冊。

 

人間は感情の生き物です。
喜怒哀楽という言葉のとおり、日々さまざまな感情の影響を受けながら生活しています。

 

この感情がうまく整理できなくなると・・・。
些細なことで怒りを爆発させたりなど、自分で自分を制御できなくなります。

 

さらに進むと、感情に主導権を奪われ、本来の自分が失われていきます。
すると、人生がうまくいかなくなり、いっそうネガティブな感情に覆われるという負のスパイラルに陥ってしまうのです。

 

こんな恐ろしい状態にならないためには、どうすればいいのか。
これはもう、感情をきちんと整理する以外に方法はありません。

 

怒りの感情と、きちんと折り合いをつける。
他人と比べてしまう感情と、きちんと折り合いをつける。
ネガティブな感情と、きちんと折り合いをつける。

 

このように、感情と折り合いをつけ、きちんと整理できるようになる方法がまとめられています。
紹介されている考え方や方法を、ひとつひとつ試していく。

 

そのうちに、感情に流されることがなくなっていきます。
そして、本来の自分を取り戻し、自分の進みたい方向に進めるようになります。

 

本来の自分を取り戻す。
そのさきに、自分の感情を許し、自分が楽しくなる人生が待っています。

 

◆感情から自分を取り戻せ!

感情の整理ができる人は、うまくいく
有川真由美 PHP研究所 2021-7-31
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

怒っている間は、幸せを感じる力を失っています。
限りある時間を大切にしたいと思うなら、無意味な怒りの感情を追い出す必要があるのです。
怒りを反芻しそうなときは、「怒ったら負け」とつぶやきましょう。

 

他人のことはシビアに見えて、自分のことは見えにくいもの。
人前で怒りが噴き出てしまいそうなときは、「怒っている自分はどう見えているのか」と、他人事のように自分を見るクセをつけてはいかがでしょう。
我に返って、怒りがサーッと引いていきますから。

 

相手を変えようとがんばるのは、やめましょう。
疲れるだけです。
がんばるなら、相手のいいところにも目を向け、ほめること、感謝することをがんばってみてはいかがでしょう。

 

「行動」「言葉」「考え方」を変えれば、自然と新しい感情に”上書き”ができていきます。

 

次々に新しい感情を上書きして、さっさと嫌なことを水に流していく……そんな人は、たくましく、生き生きと輝いているはずです。

 

世の中の人間関係は、単純に「好き嫌い」の感情で動いています。
私たちは理屈抜きに、明るくて機嫌のいい人が好き。
不機嫌な人は好きになれない。

 

相手から批判されても、「この人は私とちがう考えなんだ」ということを認めるだけで、流されないこと。
どうでもいいことで戦って自分の正義を証明する必要もないでしょう。
自分の気持ちは、自分でわかっていれば、それでいいのです。

 

大人であっても、「私はひとりでも大丈夫。この世界も悪くないわ。そのうち友だちもできるでしょう」と、自分も世の中も信じることができれば孤独はさほど感じないはずです。

 

孤独を受け入れ、自力でなんとかしようとする覚悟がないかぎり、寂しさは続き、依存できるものを求め続けるのです。

 

「人は人、自分は自分」
これさえ、日ごろから心に刻んでおけばいいのです。

 

自己嫌悪と付き合っていくには、自分のいいところも悪いところもひっくるめて、自分を受け入れる”潔さ”と、自分への”信頼”が必要なのです。

 

なにもやらないこと、すぐにやめることこそ、本当の失敗なのです。

 

やる気を出すには、「①達成感」「②人からの承認」「③仕事そのもの」、この3つを満たしてくれる状況を自分でつくってしまえばいいのです。

 

どんなものにも「好き」「楽しい」「おもしろい」「うれしい」「ありがたい」と思える要素があるはず。
「好き」は意志でコントロールできるのです。

 

「受け流す」「やり過ごす」という行動は訓練されていきます。
したたかに、たくましくいきましょうよ。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1738-1】イライラや怒りが湧いたら、「怒ったら負け」と心の中で唱える

【1738-2】「この人は自分と違う考えなんだ」と思う選択肢を常に持っておく

【1738-3】比較しそうになったら、「人は人、自分は自分」と心の中で唱える

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】感情の整理ができる人は、うまくいく
【著者名】 有川真由美著者情報
出版社PHP研究所
【出版日】2021/7/31
オススメ度★★★★☆
こんな時に心の平穏や導きがほしいときに
キーワード人間関係自己対話メンタル
【頁 数】160ページ
【目 次】
第1章 怒らない人
第2章 今日から感情の整理をするヒント
第3章 不機嫌にならない人
第4章 寂しさと、つらさに負けない人
第5章 マイナスの感情を乗り越える人
第6章 心の張りをなくさない人

 

この本が、あなたを変える!

感情の整理ができる人は、うまくいく
有川真由美 PHP研究所 2021-7-31
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

有川真由美さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る