【書評:1636冊目】仕事が速い人は、「これ」しかやらない(石川和男)

【誰もが持つ”3つの能力”で、仕事を加速させる!】
5つの仕事で活躍するスーパーサラリーマン・石川和男氏が、『仕事が速い人は、「これ」しかやらない』と題して、仕事を速く終わらせる方法を徹底解説する一冊。

■書籍の紹介文

仕事を片づけるのは速い方だ。
アナタには、こうした自負がありますか?

 

本書は、誰もが持つ”3つの能力”を「7つの原則」にしたがって磨くことで実現する、仕事を速く終わらせる方法を徹底解説する一冊。

 

誰もが持っている”3つの能力”とは、
・力の入れどころを「見極める能力
・仕事を「片づける能力
・任せられるものを「任せる能力
この3つです。

 

ふだんの仕事を振り返ってみると、アナタも行っていることだと分かるとおもいます。
それにも関わらず、「仕事が速い人」と「仕事が遅い人」が存在します。

 

なぜなのか。
理由は、「能力が足りていない」「能力が偏っている」の2つが考えられます。

 

いかに片づける能力が高くても、見極める力と任せる力が伴わないと、評価や成果につながらない。
能力が足りていないと、若手時代は期待をされていても、徐々にやりたい仕事を担当させてもらえなくなる。

 

こうした可能性が高くなり、仕事への不平不満を溜めることになり兼ねません。
このような状況に陥らないためにも、著者が提唱する「7つの原則」にしたがって、”3つの能力”を磨き続けるべきだと強く感じさせてくれる内容です。

 

提唱される「7つの原則」や”3つの能力”を磨くためのコツは、どれも『現場目線』。
著者が長年のサラリーマン生活で身をもって編み出し、現時点でもっとも効果的だとおもうものだからです。

 

著者自身が「仕事が遅い人」から出発しているため、「仕事が遅い人」の気持ちを理解されています。
合わせて、教育機関で講師をされていることもあり、読者に『寄り添う』姿勢が安心感を感じさせます。

 

仕事が速いということは、仕事が早く終わります。
結果、自分の時間が劇的に増えます。

 

時間が増えると、可能性が広がることにつながります。
我慢していたことに、思いきってチャレンジすることも可能になります。

 

仕事が速い人になったら、生まれた時間で何がしたいですか?
”3つの能力”を「7つの原則」にしたがって磨くことで、それは可能になります。

 

◆仕事が速い=可能性が広がる

仕事が速い人は、「これ」しかやらない
石川和男 PHP研究所 2020-3-12
売上ランキング(公開時):3,750
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

●仕事が速い人の「7つの原則」
第1原則:とにかく期限を決める
第2原則:5秒以内に行動する
第3原則:動きながら考える
第4原則:仕事を「細分化」する
第5原則:任せる
第6原則:「費用対効果」を時給で考える
第7原則:やらないことを決める

 

仕事が速い人は、例外なく「仕事への切り替え」も速い。
だからあなたも、仕事モードに入る「スイッチ」を作ってください。

 

仕事が速い人は、「自分との約束」を何より最優先し、スケジュールに入れてしまっているのです。
さらに約束の期限までに仕事を終えるように集中するので、ますます仕事が速くなります。

 

仕事が速い人の机は整理整頓されています。
これは、たしかな事実です。

 

言葉の行き違いがないよう円滑なコミュニケーションをとるにはどうすればよいか?
一番簡単な方法は、「数字を使って伝えること」です。

 

「仕事が遅い人」には、遅い理由と原因があります。
それをつぶしてあげることです。
「仕事が遅い人」は、決して能力が劣っているわけではないのです。
それぞれの性質に応じた対応をとることも、仕事の速い人の習慣の1つなのです。

 

「探す」という時間には、まったく生産性がありません。

 

格納場所を決めておけば、いつでもそこにあるので、探す必要がなくなるのです。

 

「目標」「目的」「期限」「数字」の4つをメンバー全員で共有できれば、全員の仕事の速度が上がります。

 

クリエイティブな仕事が速い人は、常に情報を集め蓄積しているから速いのです。

 

浮かんだネタはすぐにメモして、頭をフル回転できるようにする。
クリエイティブな仕事を進めているとき、手が止まったら、それは情報が足りない証拠なのです。

 

●クリエイティブな仕事が苦手な人への3つのアドバイス
(1)無心でスタートする
(2)とにかく最後までやる
(3)後から冷静に見直す

 

仕事が速い人は、「力の入れどころ」も「力を入れるべき時間帯」もわかっています。
力を入れるべき時間帯は「朝(広い意味で午前中)」です。
朝の時間を利用して、人生を変えましょう。

 

仕事のスピードを加速するのに、一番手っ取り早い方法。
それは間違いなく、ビジネス書を読むことです。

 

最速で仕事を終わらせる人になりたければ、最速で仕事を終わらせる仲間を持つ!
これに尽きます。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1636-1】力の入れどころを「見極める能力」を磨く

【1636-2】仕事を「片づける能力」を磨く

【1636-3】任せられるものを「任せる能力」を磨く

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】仕事が速い人は、「これ」しかやらない
【著者名】石川和男著者情報
出版社PHP研究所
【出版日】2020/3/12
オススメ度★★★★☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワード働き方指導力時間術
【頁 数】240ページ
【目 次】
第1章 仕事が速い人の「7つの原則」
第2章 作業効率が劇的に上がる最速「タスク処理」メソッド
第3章 もう仕事を抱え込まない!「コミュニケーション」の秘訣
第4章 1秒でもムダにしない「チーム仕事」が速くなるコツ
第5章 「0→1」を最速で生み出すクリエイティブ思考術
第6章 自分の時間が増える「すぐやる人の習慣」

 

この本が、あなたを変える!

仕事が速い人は、「これ」しかやらない
石川和男 PHP研究所 2020-3-12
売上ランキング(公開時):3,750
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

石川和男さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る