【シェア読書:151冊目】世界最高峰ビジネススクールの「人生を変える言葉」(佐藤智恵)

【知の賢人達からの一筆箋】
元BCGコンサルタントの作家・佐藤智恵氏が、ハーバード・コロンビアをはじめとした世界最高峰の7大学43人の超一流教授陣の言葉をまとめる。あなたの人生を変える言葉が、眠る。

■この本の紹介文

こころの中にのこり続けている言葉。
あなたは、そんな言葉をもっていますか?

 

本書は、世界最高峰のビジネススクール7校で教える43人の超一流教授の金言をまとめた一冊。

 

7校の1つであるコロンビア大学ビジネススクールで学んだ著者自身の経験を踏まえながら、世界をリードする人材育成の場で、どんな言葉が発せられ、どんな衝撃を学生が受けているのかを知る、貴重な機会となります。

 

「教授の言葉」と「卒業生による解説」が見開き2ページで読めるため、実際に講義を横から見学しているようなイメージで読むことができる印象をもちます。

 

言葉は、自分を動かすプログラムそのものです。
悪い言葉を取りこんでしまうと、悪い人間になってしまうのです。

 

より良い方向に人生をまわしていきたいのなら、良い言葉をどんどん自分の中に取りこんでいく必要があります。
良い言葉によって、自分という人間を動かしていくのです。

 

その意味で、この本は良い言葉を取りこむまたとない機会です。
ぜひ、くり返し読んで自分の中に取りこんでみてください。

 

◆言葉は、人間をつくる。

■本がわかる!7つの要約ポイント

「今回だけだから」と言い訳をして自分の信条を九八%守るよりも、一〇〇%守るほうが簡単なのである。
(ハーバードビジネススクール クレイトン・クリステンセン教授)

 

朝起きたら、会社に行くのが待ちきれないほど素晴らしい仕事がある。
そして、会社に行けば、一目散に帰宅したくなるような、素晴らしい私生活が待っている!
(ハーバードビジネススクール ゲイリー・ピサノ教授)

 

お金を稼ぐことを、人生の目的にしてはいけない。
パートナー、家族、友人など、自分の周りにいる人たちを、もっと大切にしてほしい。
なぜなら、君たちが絶望的な状況に陥ったとき、本当に助けてくれるのは、そういう人たちだからだ。
(コロンビアビジネススクール ダン・アミラム助教授)

 

起業のためにとるリスクとは、お金のリスクだけではない。
失敗したら清掃員になってもいいという覚悟をもって、自らの社会的な評価をリスクにさらすことなのだ。
もしその覚悟がなく、それに耐えられないのなら、君は起業には向いていない。
(元ノースウェスタン大学ケロッグスクール・オブ・マネジメント スティーブン・ロジャーズ教授)

 

将来、これをやる、と決めたら、それに『オールイン』してください。
全部を賭けて、失敗しても、全然構いません。
それどころか、失敗するなら必ず、派手に失敗してください。
私が皆さんを主役に素敵な教材を書いてあげましょう。
(ハーバードビジネススクール アニタ・エルバース教授)

 

チームメンバーと失敗したことを祝いなさい。
そうすれば、ますますリスクをとることを恐れないチームになるはずだ。
(ノースウェスタン大学ケロッグスクール・オブ・マネジメント ジョン・アイエロ兼任講師)

 

君たちには、権力やしがらみにとらわれずに正義を貫く義務がある。
(ハーバードビジネススクール カシーク・ラマンナ准教授)

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【151-1】良い言葉だと思ったら、その場で書き留める

【151-2】良い言葉を集めて、自分だけの名言集を作成する

【151-3】良い言葉だと思ったら、なんでそう思ったのかも書き留める

 

■ひと言まとめ

名言は、人間の結晶!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】世界最高峰ビジネススクールの「人生を変える言葉」
【著者名】佐藤智恵
出版社早川書房
【出版日】2013/11/22
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】生き方に迷ったときに
【キーワード】ことばのチカラ引き寄せ哲学
【頁 数】176ページ
【目 次】
第1章 人生
第2章 成功と失敗
第3章 リーダーシップ
第4章 行動
第5章 思考
第6章 知恵

 

気になったら、今すぐお手元に!

 

佐藤智恵さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る