【シェア読書:513冊目】自分を壊す勇気(立川志の春)

b513
※画像をクリックするとAmazonリンクに飛びます

【自分の殻を破りたい人向け!】落語家・立川志の春氏が「やりたいことがあるけど、なかなか一歩が踏み出せない」という人に対して、自分を壊す勇気と題して、現状から一歩踏み出すための心持ちをまとめた一冊。



===================
書籍情報
===================
【書籍名】自分を壊す勇気~現状から一歩踏み出したいあなたの背中を押す本~
【著者名】立川志の春
【出版社】クロスメディア・パブリッシング
【出版日】2015/2/16
【推薦度】★★★★☆
【対象者】自分を変えたい人向け
【頁 数】240ページ
【目 次】
第1章 直感を信じる
第2章 行動する
第3章 自分を壊す
第4章 自分を作る

 

===================
本書を読む理由
===================

・数日書店で目にしてどうしても気になったため

 

===================
本書から得たいもの
===================

・自分の心を磨くためのヒント

・一歩を踏み出すためのヒント

 

===================
1分間紹介文
===================

 

今の自分から変わりたい
こう思っている方のみ、先に進んで本書をお読みください。

 

著者は、立川志の春さん。
落語家。三井物産時代、偶然通りがかって初めて観た落語に衝撃を受け退社。立川志の輔に入門。2011
年、二ツ目に昇進。古典落語と新作落語の両方を演じている。

 

「やりたいことがあるけど、なかなか一歩が踏み出せない」
誰でも今まで築いてきたものを捨て、ゼロから別の世界に飛び込むのは、やりたくいと思っていても抵抗力は凄まじいほどに大きい。自分を壊すということは、しがみつくものがなくなってしまうことが同義ですので、心理的な不安感はいうまでもない。

 

それでも「やりたいことをやる」ためには、どうしたらいいのか?
この点を、落語家らしい小気味良さであなたに教えるのが本書。

 

新たなものを手に入れるためには、今の自分を形作る「自分らしさ」「個性」を叩き壊すことは必要不可欠な過程である説く。

 

その上で、新しい世界の流儀に従うことが、その世界で生きていく唯一の方法であるとまとめます。

 

今の自分からどうしても変わりたい。
そう強く思う人ほど、オススメの一冊。

 

自分を壊す勇気~現状から一歩踏み出したいあなたの背中を押す本~

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

人生で大きな決断をする局面はたくさんある。だが、どちらが「正しいか」「やりがいを感じるか」「成功するか」「儲かるか」は、結果が出ないとわからない。だから、迷ったら直感を信じることだ

 

本当にやりたいことは、やりたい理由など自分でもわからない。ただ突き動かされるように、訳がわからないうちに体が動き始めている、そういうものだ

 

ものごとは「できる・できない」で判断をすべきでない。「やりたいか・やりたくないか」で決めるべきだ。後は「できる」ようになればいいだけだ

 

大きな決断をする時は、決める前でなく、決めた後で報告するべきだ。自分で決めたことは、自分で責任を取るしかない。だから覚悟ができる。報告された側も応援しやすいはずだ

 

誰が何と言おうと、自分だけは、自分の「自分らしさ」や「個性」など「まだまだ」と思うべきだ。それを叩き壊すことこそが、新たなものを手に入れる上で不可欠なのだ

 

ゼロになることだ。必要最小限のプライドだけ残して、あとは捨ててしまうことだ。これまでやってきたこと、オリジナリティ、個性など、すべて過去のこととして捨て去るのだ

 

すると、新しい価値観身に付けることができる。自分が生まれてから育んできた価値観や考え方はそう簡単にはなくならない。たとえ一時的にそれを殺しても、必ず自分の中に残っている

 

ゼロになることで、もう一つ得られることがある。それは「その場にいない存在になれる」ということ

 

自分が主役になるということは、「結果が全てになる」ということだ。お客が「来たい」と思ってくれなければ次はない。「俺は、全力でやったのに、何でわかってくれないんだ」ではダメなのだ

 

主役になるには、壊した自分を作り直さねばならない。「もう一度、この人を見たい」と思ってもらうには、商品になる自分を作り上げなくてはならない

 

商品になるとは、相手のニーズをしっかり把握できるということ

 

相対評価に捕らわれるべきではない。むしろ、絶対評価の世界で勝負するべき

 

評価の対象が、「自分一人」でなく「自分と誰か」なので、自分だけではコントロールできない。コントロールできないものと戦うのは疲れるし不毛だ。無駄だ

 

「人間は、悪口を言う側か、言われる側だけだ。やるべきことをやっている奴は、悪口など言っている暇はない。悪口は言われる側になれ」

 

落語の世界では、誰かが失敗をしたり、ずるいことをしても「お互い様」「みんな馬鹿なところあるじゃない」という考え方だ。それこそ、今の世の中に活かしたい、素敵な考え方なのだ

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【15-0159】【15-0158】で決めたことを「やる」と宣言する

 

【15-0158】【15-0157】で「やりたいこと」を見て、本当に「やりたいこと」を決める

 

【15-0157】ゼロベースで「やりたいこと」を書き出す

 

===================
今日の一言
===================

「やりたいこと」を「やりたいまま」にしておくんですか?

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

横浜は、寒の戻りで寒い1日でした(^^;
コートを仕舞うべきか、悩む日々がもう少し続きそうです、、、
明日は真冬並みとのこと(>_<)

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

自分を壊す勇気~現状から一歩踏み出したいあなたの背中を押す本~

b513
※画像をクリックするとAmazonリンクに飛びます

立川志の春さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間03分。
通勤電車で集中して。

 




 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る