【150冊目】何歳になっても脳は進化する!(林成之)

b150

”脳の、機能を高めれば高めるほど、自分が光輝く”脳が年齢とともに衰えることはない。その理由と脳力を高めるための習慣を明らかにする一冊です!

==================
■本の概要
==================
【書籍名】何歳になっても脳は進化する!: 冴える、わかる、はかどる! (単行本)
【著者名】林成之
【出版社】三笠書房
【出版日】2013/12/13
【推薦度】★★☆☆☆
【目 次】
1 今日から脳をもっと上手に使ってみよう!
2 脳が衰える習慣。やめるだけでいい!
3 今日から始める「脳が進化する」習慣
4 何歳になっても「進化する脳」のしくみ
5 「冴える、わかる、はかどる」すごい脳
6 人を好きになると、脳は最高に働く!

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

本日ご紹介するのは、「脳力を磨く習慣術」に関する一冊。

著者は、林成之さん。
体操のオリンピック日本代表チームに「勝負脳=勝つための脳」を指導された専門家です。

本書は、脳を活性化させる習慣術を教え、さまざまなシーンで劇的に力を発揮するための方法をまとめています。

脳は年齢とともに老化する。
ということは近年のいろいろな研究で覆されてきました。

脳は鍛えることで何歳になっても進化する。
これが最近判明してきたことであり、本書のタイトルでもあります。

でも、実感として
「最近、物忘れがひどい」
「若い時に比べて、言葉がパッと出てこない」
「集中することもできなくなった」
という脳力が衰えたと感じること、ありますよね?

衰えを実感すると気分まで下がります。
いつまでも若々しくいたいというのが、人間というもの。

ぜひ本書を元に”若々しい脳”で”活き活きした人生”を手に入れましょう(^^)/

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
何歳になってもイキイキと暮らすためには記憶より、むしろ、理解力、判断力、発想力などのほうが重要

 

脳が一番喜ぶのは、「自分がやろうとしたことを達成すること」

 

自己報酬神経群がよく働くのは、「ご褒美が得られた」ときではなく、「ご褒美がもらえそうだ!」という期待があるとき

 

意見が違うくらいで相手に対してネガティブなイメージを持つ必要はないはずなのに、意見に反対するだけでなく悪印象まで持ってしまいがちなのは、脳が統一・一貫性を崩されることに不快感を覚えるから

 

「年だから」「疲れた」「無理だ」「難しい」といった否定的な言葉は、口にしたり耳にしたりするだけで、脳にとってマイナスに働く。

 

脳は、「何をすればいいか」が具体的にならないと力を発揮できない。

 

本を「くり返し読む」と脳の機能が高まる。

 

何かに集中して取り組むには、脳のクセを知り、「新しい情報」となるものを身の回りから遠ざける工夫が必要です。作業すべきことがあるなら、テーブルの周囲をきれいに片づけ、テレビを消して、作業に必要なものだけを目の前に並べましょう。

 

==================
■実践ポイント
==================

●「ご褒美を貰えそうだ」という仕組みを設けるように行動を計画する

●否定的な言葉を極力言わない

●行動は、具体的な内容に落とし込む

 

==================
■まとめ
==================

脳は、鍛えれば鍛えるほど、自分の未来は光り輝く!!

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

今年も残り一週間ですね(*^_^*)
イベント続きですが、やり残したこと、ありませんか?

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る