【書評:524冊目】自分を磨く「嫌われ仕事」の法則(唐鎌謙二)

【これで仕事に誇りを持てる!】
雨漏り110番グループ代表・唐鎌謙二氏が、『自分を磨く「嫌われ仕事」の法則』と題して、「嫌われ仕事」こそ成長につながると提起し、嫌いを好きに昇華させる法則を指南する一冊。

■書籍の紹介文

あなたにとっての「嫌いな仕事」はなんですか?
おもうままに書き出してみてください。

 

本書は、著者の実体験や多数の事例を示しながら、「嫌われ仕事」に対して、「自信」と「誇り」を持って取り組めるようになるための考え方や法則を指南する一冊。

 

「労力の割に評価されない」
「手間がかかるのに面倒くさい」
「3Kといわれる、きつい・汚い・危険な仕事」

 

ちょっと想像するだけで、驚くほど「嫌われ仕事」は浮かぶとおもいます。
あまりに書き出す手が止まらず、げんなりしますよね。

 

しかし、それらはどれも”仕事”です。
仕事である以上、逃げ出すことはできません。

 

であるならば、意味づけを自分で変えるしかありません。
嫌いを嫌いのまま「我慢」するのか、嫌いを好きに「変換」するのか。

 

著者は、「嫌われ仕事」に積極的に取り組み「替えのきかない人」になることを勧めます。
そのほうが、仕事をするうえで大変有利であり、人間としても大きく成長できる絶好の機会だから、と。

 

仕事それ自体に、感情はありません。
ただ、関わる人が”勝手に”意味づけしているだけです。

 

要するに、気持ちの持ち方ひとつなのです。
このことを、著者自身の力強い言葉とともに示してくれます。

 

あなたは、1日嫌いな仕事をして過ごしますか?
それとも、好きな仕事をして過ごしますか?

 

◆「嫌われ仕事」を好きに変える。

自分を磨く「嫌われ仕事」の法則
唐鎌謙二 経済界 2011-12-15
売上ランキング(公開時):118,344
Amazonで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

「嫌われ仕事」は、「需要が強く供給が弱い、勝ちやすい市場」

 

「緊急性が高く、必要性が高く、重要性が高い」仕事ほど、人がやりたがらない「嫌われ仕事」

 

人がやりたがらない難しい仕事、それも、とびきり難しい仕事に取り組むことで、その分野のパイオニアになれるかもしれないのです。

 

勇気を出して目の前の「嫌われ仕事」に挑戦しましょう

 

儲からない仕事だからこそ、儲けられるようになる

 

自分の仕事をしっかりと見つめ直してください。
自分の仕事の中の作業や工程を一つひとつ棚卸ししてみてください。
その中に、「嫌われ仕事」は必ずあるはずです。
それも一つや二つではありません。
あなたのまわりに「嫌われ仕事」はたくさん隠れているはずなのです。
そして、その「嫌われ仕事」の中のいくつかは、あなたが一生懸命、真摯に取り組むことで、有望な仕事に変化する可能性を秘めている

 

●「嫌われ仕事」をやりがいある仕事に変える6つの法則
法則1:「嫌われ仕事」のプロは、お客様にとっての救世主になる
法則2:価格競争や値引きは一切しない
法則3:リピート率を高めるために満足度向上をはかる
法則4:必ず結果を出し、紹介につなげる
法則5:真面目に取り組めば、お客様から愛される
法則6:愛されれば人は変わる。人が変われば会社も変わる

 

「判断に迷ったときは、自分にとって嫌なほうを選ぶ」

 

「嫌なこと」は逃げれば追いかけてくるが、こちらから追いかければ逆に逃げていく

 

「時給を高くすることは自分を安売りすることで、時給を安くすることが自分を高く売ることになるんだよ」

 

今この瞬間から、どんなにたいへんなときでも、どんな難問が降り掛かってきても、「面白がろう」としてください

 

「よし、この『嫌われ仕事』に本気で真剣に取り組んでみよう」と決意したとき、絶対に忘れてほしくないことがあります。
それは、「必ず仕事として成立させなければならない」ということ

 

すべては自分の責任。
建前ではなく心からその確信が持てたとき、あなたは自分の人生を自分の手に取り戻すことになります

 

●成功するまで諦めずにやり続けるための3つの「S」
・信念
・真摯さ
・正直

 

あなたのまわりにある「嫌われ仕事」を見つけてください。
そして、その「嫌われ仕事」に誰よりも一所懸命に取り組んでみてください。
そうすれば、あなたの元に感謝と信頼が集まってきます。
何より、あなた自身が人間的に成長することができるのです

 

■【実践】3個の行動ポイント

【524-1】自分の「嫌われ仕事」を書き出す

【524-2】「判断に迷ったときは、自分にとって嫌なほうを選ぶ」を判断基準にする

【524-3】困難を感じたら、「チャンス到来!」と拳を握る

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】自分を磨く「嫌われ仕事」の法則
【著者名】唐鎌謙二著者情報
出版社経済界
【出版日】2011/12/15
オススメ度★★★★☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワード働き方指導力ヤル気
【頁 数】208ページ
【目 次】
第1章 自分を磨く「嫌われ仕事」は宝の山だ!
第2章 人生が変わる「嫌われ仕事」6つの法則
第3章 誰も知らない「嫌われ仕事思考」
第4章 自分を高める「嫌われ仕事」は時代の救世主

 

この本が、あなたを変える!

自分を磨く「嫌われ仕事」の法則
唐鎌謙二 経済界 2011-12-15
売上ランキング(公開時):118,344
Amazonで探す 楽天で探す

唐鎌謙二さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:524冊目】自分を磨く「嫌われ仕事」の法則(唐鎌謙二)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る