【シェア読書:925冊目】何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣(谷本有香)

【自然体=あなたの最強アイテム!】
経済キャスター・谷本有香氏が、1000人以上のトップリーダーを取材した結果、”自然体”が成功を引き寄せると紹介。何もしなくても人がついてくる習慣の身につけ方とは?

■この本の紹介文

「なぜ、人は人に惹きつけられるのでしょうか?」
少し時間をとって考えてみてください。

 

本書は、魅力的で誰からも愛されるリーダーに共通する特徴は「自然体」であると説き、数々のトップリーダーへの取材エピソードを交えながら、自然体が身につく習慣を紹介する一冊。

 

上を目指すには、さまざまなスキルを身につける必要があります。
そのために必死に努力をすることは、とても大切なことです。

 

しかし、本当に人を惹きつけるようなトップリーダーは、そんなスキル以上に身につけていることがあると、著者は発見します。
それこそが、この本のキーである「自然体でいる」ということです。

 

自然体とは、
目の前の人をみんなファンにさせてしまうような、ナチュラルな「その人らしい」魅力を発散している状態を指します。

 

自然体でいると、相手に余計なストレスを与えません。
ストレスがなければ、人は相手に対してポジティブな感情をもつ可能性が高くなります。

 

このポジティブな感情が積み重なると、「信用」につながっていきます。
それが継続されていくことで、人を惹きつけられるトップリーダーになっていくのです。

 

自然体こそ、最強の武器である
あなたも、身につけたくありませんか?

 

あなたらしい”自然体”を身につけたとき。
それは、誰にも真似できない、誰にも負けない、あなただけの最強の武器になる!

 

◆自然体でいることこそ、最高に魅力的なのだ!

■本がわかる!15の要約ポイント

自分のダメな部分・弱い部分をオープンにすることも、チャーミング力につながります。
そしてそれは、トップに立つほど、武器になるのです。

 

トップリーダーたちは「人の話を聞くことが最も勉強になるのだ」と言います。
私が尊敬するリーダーの一人、内閣官房参与で東大名誉教授の黒川清さんは自分から学生に近づいていって「最近どう?」「今何が面白いの?」とたくさん質問をし、話を聞きます。
70歳を超えてなお、人から学びたい欲求がすごいのです。

 

誰も見ていなくても正しい行動を続けることは、自分自身に対する信頼や自信、誇りにもつながります。
「まぁいいか」「バレなければいいや」を積み重ねれば、やはり自分自身が損なわれていくのです。

 

「ほんの小さなことでも嘘は絶対にバレるし、メッキは絶対にはがれる。それを取り繕おうとするエネルギーほどムダなものはない」

 

「好かれたい」「嫌われたくない」が先に来るとそれもまたおかしなことになります。
自然体でいながら、人の痛みに心を寄せるのが最もいいあり方なのではないでしょうか。

 

周囲の人への尊敬の心があれば、常識にとらわれる必要はありません。
硬直的になりがちな日本の組織にとって、変人は大歓迎なはずです。

 

肩書きではなく名前で呼ぶだけで、ずっと距離が縮まった気がするから不思議です。

 

トップリーダーに引き上げられるような次世代リーダーたちも、「わからないので、教えてください」と言うことがよくあります。
彼らの場合、本当にわからないわけではないのでしょう。
そうやって敬意を示しつつ、サポートを引き出しています。
相手の懐に入る言葉だと思います。

 

とにかく相手のことを「教えてもらう」立場に立ちます。

 

相手を尊敬すると同時に、相手からも尊敬を得られるような人間でいることが重要です。
「すごいですね、すごいですね」と繰り返しているだけでは尊敬してもらえないでしょう。
相手の話を受けて、自分なりの理解や考えを伝える努力をすることです。

 

トップリーダーにかわいがられている次世代リーダーたちは、雰囲気は崩していますが、敬語まで崩している人はいません。
そこの一線は守っているからこそ、かなり年齢差があっても好かれるのです。

 

初対面でも一気に緊張が吹き飛び、自分のパフォーマンスを上げて絶対にいい場にするとっておきの方法があります。
名づけて「明日死ぬ作戦」。
自分は明日死んでしまうから、今この人に聞きたいことを全部聞くのだと思い込むのです。

 

さまざまな人のお話をうかがうと、結局自然体でいることが一番成長が速いのだと感じます。
自然体でいると、人に助けてもらいやすく、必要な情報も集まってきます。
重要なのは「やるべきこと」が自ずとわかり、集中できるようになるということです。
余計な情報に惑わされて回り道をすることもなくなるのです。
短い人生、本当にやりたいことがあるなら、なるべく早く成功する道へ向かいたいですし、そのためにも自然体でいることは大切なのです。

 

トップリーダーたちは常に新しい情報に触れ、学び続ける必要があります。
「教えてください」「ありがとうございます」という気持ちを持っていると、自然に学び続けられるのです。
そして、次第にこういった態度が自分の中でもしっくりくるようになったそうです。

 

間違いなく言えるのは、向き合うことによって大きく成長することです。
(略)
成功者の方々を見ていると、みなさん必ず痛みに向き合っています。
「見ないようにしていると、必ずまた同じ状況に陥る」とおっしゃる方もいます。
同じ試練が繰り返しやってくるというのです。
私は、痛みに向き合うことこそ、成功や幸せの一番の近道なのではないかと思っています。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【925-1】肩書きではなく、名前で呼ぶようにする

【925-2】「自然体で過ごせたか?」と1日終わりに振り返り、できなかったことを書き出す

【925-3】「今日が人生最後の1日」と思って、人に接する

 

■ひと言まとめ

似合っていない鎧兜を、ゆっくりと脱ごう!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣
【著者名】谷本有香
出版社SBクリエイティブ
【出版日】2017/2/25
オススメ度★★★☆☆
【こんな時に】明日のリーダー力を磨きたいときに
【キーワード】リーダー信用残高人間関係
【頁 数】208ページ
【目 次】
第1章 働きかけないから人が動く超一流の仕事力
第2章 流れにまかせて運と成功を引き寄せるリーダーの法則
第3章 一瞬で心を開く超一流リーダーの話し方
第4章 一流の人の心をつかむ”谷本流”会話の技術
第5章 自分に戻る習慣を持つ

 

気になったら、今すぐお手元に!

 

谷本有香さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る