【240冊目】たった”ひと言”の影響力(井上裕之)

b240
【あなたの言葉遣い、大丈夫ですか?】頭ではわかっているけど、思いが伝えられない人が知っておきたい「言葉の法則」。人に影響を与える言葉の大切さとは何か。人間関係を劇的に変える、言葉の解説書、ここに誕生!

 

 

==================
■本の概要
==================
【書籍名】たった”ひと言”の影響力
【著者名】井上裕之
【出版社】フォレスト出版
【出版日】2014/3/13
【推薦度】★★☆☆☆
【目 次】
第1章 なぜあなたの言葉はうまく伝わらないのか?
第2章 言葉だけでは人の感情はわからない
第3章 言葉ひとつで、あなたも元気になれる
第4章 その“ひと言”で人に好かれてしまうシンプルな法則
第5章 言葉ひとつで変わる心からのコミュニケーション
第6章 100%人に好かれる言葉の力

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介するのは、「言葉の使い方」に関する一冊。

 

著者は、井上裕之さん。
歯学博士。世界初のジョゼフ・マーフィートラスト公認グランドマスター。

 

あなたへの質問です。
「あなたは、自分の言葉で悩みを抱えていませんか?」

 

本書は、「影響力」とタイトルに入っているので「実践的な交渉術の本か?」と思われるかもしれませんが、「言葉の本質」を考察した一冊になっています。

 

グローバル化が進むことで、言葉もただ事実を伝えるツールになってしまっている。ツールと捉えるので、テクニック重視になりがちとなる。そのため、コミュニケーショントラブルが発生しているのではないのか?と著書の言葉を読むにつれて感じました。

 

日本古来からある「言霊」という考え方。
シンプルに言えば、言葉に魂を入れて発しよう!
これが本書のメッセージだと思います。

 

気持ちの入っていない言葉だから、相手に届かない・相手に誤解を招く。
気持ちが入っている言葉なら、相手にきっとその思いは届く。

 

原点に立ち返ろう!そんな読後感です。

 

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
言葉とは、そのたったひと言で、自分自身と周りの人を変えることができる。
さらに言えば、その人の人生さえ変えてしまうことができる、ということなのです。

 

あなたが無理なくできるくらいの「ほんの少しの想像力=相手の立場になって物事を考えてみる」ということを、
日々、少しずつでも意識していけば、あなたの想像力は、どんどん豊かな奥行きの深いものになっていきます。

 

あなたとあなたの周りの人を救い、みんなを生かすコミュニケーションにおける想像力の大切さを思うとき、もう1つ、大事にしたいものがあります。
それは、どんな人にも「後悔しない接し方をする」ということです。

 

もしあなたが今、独りぼっちで孤独だと感じているとすれば、むしろ、「独りの時間=自分との対話を磨き高める時間」を、誰よりも与えられているのです。
つまり、より良い人生を切り拓くためのチャンスに豊かに恵まれているのだと、自信を持っていただきたいのです。

 

焦る必要はありません。1日のうちに何百回も自分を否定していたなかに、10回でもいいから自分を認め、褒める言葉を増やしていくこと。
それをコツコツと、のんびり、くり返しやっていくうちに、やがて、あなたの「心の水瓶」の中の澱んだ水、暗い否定的なエネルギーは、
ほうっておいても、澄んで美しく明るい肯定的なエネルギーにあふれたものへと変わっていくからです。

 

男女を問わず、「気遣い」「前向きな行動力」「明るさ」「素直さ」は、自分を磨くための、もっとも大切な要素

 

どんな人でも、すぐにコミュニケーション力を高められるスキルとして私がおすすめしたいのは、とにかく初めに「相手を否定する言葉を口にしない」ということです。

 

自分の主義主張の前に、「ありがとう」と言ってみる。このシンプルな言葉を、ひと言つけ加えてみる。
そうすれば、あなたの「言葉=コミュニケ-ション」は、自分自身も周りの人も気持ちよく幸せにするものとなるのです。

 

人生において、何の過不足も問題もなく生きている人には、成熟はあり得ません。しかも、いざ逆境になったときには人一倍、弱くて脆い。
逆に言えば、人生の豊かさというのは、逆境を乗り越えていくことから学んだ強さも含めての豊かさなのだと、私は思うのです。

 

コミュニケーションがあるから、人は自分を認められるし、人から認めてもらうこともできる。あるいは、自分の足りないところに気づく機会を持つこともできる。

 

豊かに感情を持ちながら、ありのままの自分の素直な感情を出して、それが相手にとっても自分にとっても、良き救いや学びや喜びになっているということが、
千利休の言うところの「叶うはよし」であり、人が人として生きられる「潜在意識からのコミュニケーション」なのです。

 

潜在意識からの言葉とは、言い換えれば、その人の「魂」が宿った言葉です。
本来、言葉とは表面的な「形」ではなく、そこに宿る魂を指していました。だから、古来日本人は、言葉を「言霊」と言い表していました。

 

言葉というのは、言う人の自分勝手な感情や思惑が入ると、人の心を傷つけるよくない言葉になることがあります。
しかし、純粋に心から相手を思った言葉は、どんな単純な言葉を使ったとしても、とても大きな励ましと勇気を与える言葉になるのです。

 

●自分を成長させる4つのポイント
・人を認めること
・人にやさしくすること
・目先の利益を追わず、本質的なところでつき合うこと
・人の信頼を裏切らないよう、誠意を持って準備と努力をすること

 

「あなたも周りの人も幸せになれる=お互いに幸せを分かり合える」人間関係こそが、人にとっての生涯消えることのない財産なのです。
ですから私も、どんな方とおつき合いをするときでも、この4つのポイントを忘れないようにしています。

 

==================
■実践ポイント
==================

●後悔しない接し方を心がける

●相手を否定する言葉を口にしない

●「そうですね」と相手を肯定して受け止めることから、はじめる

●1日10回自分を褒める

●4つのポイントを常に意識
「人を認めること」
「人にやさしくすること」
「目先の利益を追わず、本質的なところでつき合うこと」
「人の信頼を裏切らないよう、誠意を持って準備と努力をすること」

 

==================
■まとめ
==================

魂の入っていない言葉は、言葉にあらず。

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

 

今日は完全オフ日だったので、横浜散策をしてきました(^^)
この前の記事にまとめているので、良かったら覗いてください☆彡

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
b240

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る