【書評:471冊目】書くだけで人生が変わる 嫌なことノート(嫌なことノート普及委員会)

【ストレスをなくすノート術】
「嫌なこと」を書き出すだけで「嫌なこと」がみるみる消えていく簡単ノート術。やることはただノートに「嫌なこと」を書くだけ。継続することであなたの人生はどんどん好転する!!

■書籍の紹介文

ヒトは、1日平均5〜6万回も思考する生き物です。
そして、そのうちの7割がネガティブなことだと言われています。

 

意識・無意識にかかわらずに、これだけのネガティブ思考をくり返しているのです。
まずは、この事実を知っておくことがとても大切です。

 

本書は、「嫌なこと」から自分を守るだけでなく、逆に有効活用して人生をより良くしていきましょう!という野心的な一冊

 

「嫌なことを活用する」…どうやって?
この本は、とても簡単な方法が示されています。

 

その方法とは、用意するのはノートのみです。
あとは、ノートに「嫌なこと」を書き出していくだけという気軽さが特徴です。

 

「嫌なことノート」の効能は下記の4つです。
1.感情のコントロールができ、ストレスがなくなる
2.コミュニケーション力が上がる
3.顧客心理がわかり、ビジネスのアイデアがどんどん生まれてくる
4.時間の使い方がうまくなる

 

自分の心を「嫌なこと」を軸にして整理整頓し、自分を知ること
これが本書の目指すスタートラインです。

 

日々の「嫌」「不安」を溜め込んでは押しつぶされてしまいます。
まずは書き出すことで体外に排出することからはじめましょう!

 

まずは一週間継続!!

 

◆嫌なことを整理しよう。

書くだけで人生が変わる 嫌なことノート
嫌なことノート普及委員会
アスコム 2011-3-1
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

まずは、あなたがいま感じている「嫌なこと」を10個思い浮かべてみてください。

 

自分が「嫌だ」と思うことをちゃんと知る。
それが、「嫌なことノート」の第一歩

 

ノートに書き出すという行為は、「いったん自分からその事柄を離す効果」があります。
ノートに書き出すことで、自分の頭の中の負の感情を整理できる。

 

「自分がされた嫌なことをしない」なら、誰でもできること

 

自分の課題にたくさん気づくためにも、たくさんの「嫌なこと」をノートに書き込み、そして常に、「自分は大丈夫か?」「自分は同じことをしていないか?」、自分自身に問い直してください。

 

「小さな嫌なこと」に気づけるようになると、「小さないいこと」にも気づけるようになる

 

嫌なことには、仕事がうまくいくヒントがたくさん隠れています。
「嫌だなあ」「困ったなあ」「不便だなあ」と思っていることは、裏を返せば、それを解決すれば仕事がうまくいくことにつながる

 

世の中にある商品やサービスを眺めてみると、実はその多くが「嫌なこと」を解消してくれるものばかり

 

どんな些細なことでもかまいません。どんどん書き留めましょう。
「嫌なこと」が多ければ多いほど、自分を成長させてくれるタネがたくさんあるわけです。
「嫌なこと」はすべて自分のためになるので、できるだけ書いてください。

 

ノートは2冊用意してください。
1冊は、嫌なことが起きたときにできるだけ早く書き留めておくための「メモノート」。
もう1冊は、嫌なことをまとめるための「まとめノート」

 

メモに記録するのは、「時間」「場所」「嫌なこと」の3つのキーワード

 

●嫌なことノート
・見開きを4分割して使用
・左から1番目:「嫌なことスペース」
・左から2番目:「対策スペース1」(最初に思いついた対策)
・左から3番目:「対策スペース2」(1を補い活用)
・左から4番目:「対策スペース3」(1、2を補い活用)

 

さまざまなところで「嫌なこと」と遭遇する可能性があります。
こういう、とても残念な場面に合ってしまったら、むしろ「嫌なこと探し」を楽しむ感覚で、どんどん対策案を考えてみてください。

 

「嫌なことノート」を継続するための大切なポイントのひとつは、すべての「嫌なこと」を解決しようと思わないこと

 

継続は大いなる力。
「嫌なことノート」も継続してはじめてあなたの宝になります。
凡を極めて、非凡に至る。
これこそ、あなたが成長する秘訣

 

■【実践】3個の行動ポイント

【471-1】嫌なことノートを開始する

【471-2】「自分がされた嫌なこと」は他人にしない

【471-3】まずは10個、嫌なことを書き出す

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】書くだけで人生が変わる嫌なことノート
【著者名】嫌なことノート普及委員会
出版社アスコム
【出版日】2011/3/1
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】自分を見つめ直したいときに
【キーワード】自己対話次元上昇引き寄せ
【頁 数】213ページ
【目 次】
第1章 「嫌なこと」に注目すればストレスや怒りがなくなる!
第2章 誰からも好かれる人になるための「嫌なこと」活用法
第3章 「嫌なことノート」で仕事ができる人になる
第4章 「嫌なことノート」の書き方
第5章 「嫌なことノート」を続けるコツ
第6章 「嫌なこと」にはこう対応する

 

気になったら、今すぐお手元に!

書くだけで人生が変わる 嫌なことノート
嫌なことノート普及委員会
アスコム 2011-3-1
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す 楽天で探す

嫌なことノート普及委員会さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る