【412冊目】自分のための人生(ウエイン・ダイアー)

b412
【自己実現のバイブル!】全世界で3000万部以上を売り上げた、現代自己啓発の礎をつくった「モチベーションの父」ウエイン・W・ダイアーのロングセラーを翻訳した一冊。一日一日、何を選び、何をするのか?





==================
■書籍情報
==================
【書籍名】自分のための人生
【著者名】ウエイン・ダイアー
【出版社】三笠書房
【出版日】2014/9/19
【推薦度】★★★☆☆
【目 次】
1章 「気」の力 ここから一歩進む勇気
2章 自分の価値 「どんな幸せでも」自分で選べる
3章 「自立」と「自尊」の精神 もっと“わがまま”に生きていい
4章 「きのうの自分」を超える 「できない」理由を探すな
5章 「今」が最高のチャンス 「過去」にとらわれない人の強さ
6章 「自分の知らない世界」 失敗を土台に、成功する
7章 「状況打開」の柔軟思考 なぜ「他人の評価」が気になるのか
8章 “けじめ”の行動学 一日、一年、一生をいそがしく生きる
9章 セルフ・コントロールの実践 「怒る心」から自分を解放する
10章 「充実人生」へ 今を楽しみ、もっとシンプルに生きられる





==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介する一冊は【自分のための人生

 

著者は、ウエイン・ダイアーさん。
現代自己啓発の礎をつくった「モチベーションの父」と呼ばれる博士。

 

本書は、全世界で3000万部以上のセールスを記録し、《自己実現》のバイブルとして、語り継がれる名著の邦訳版。現代自己啓発の礎をつくった「モチベーションの父」と呼ばれるダイアー博士が、アメリカの心理学者アブラハム・マズローの理論を発展させた一冊。

 

自分が今、何を選び、何をするかですべてが決まる。一日一日「自分を大事にして生きる」生活術。

 

「人生で本当にやりたいことを実現するには?」
この事をじっくり考えるのに最適なお供になることでしょう!






==================
■本の抜粋ポイント
==================
幸運は選択できないが、幸福は選択できる(渡部昇一)

 

ダイアーの言葉の選び方に関する忠告も重要である。たとえば、「僕は数学が不得意だ」というような言い方をするなということである。「自分は子どものとき、十分数学を勉強しなかった」と言うことはよろしい(渡部昇一)

 

最低限、「不幸を選ばない」ということをわきまえている人こそが、「真に知的」なのである。そういった選択能力こそが、自分の心を守る最終兵器となる

 

他人のために、しかも自分の人生にとってまったく重要ではない人間のために心が動揺するほど、自分は安っぽい人間ではないはずだ。

 

自分を過小評価しているとしたら、それはそういう考えを受け入れてしまったからだ。学校の成績のように常に変化するものを基準にして自分と他人を比較するからである。

 

自分の成長に役立ちそうな事実を提供してもらったら、たとえ気に入らない事実であっても提供してくれた人に感謝すること

 

成功ほど失敗するものはない

 

今の状況が自分にとってうまくいっていない場合、自分が教えられてきた「◯◯すべき生き方」を変えてみるのは有効な方法

 

自分が守っているルールで、まったく無意味だと思われるものを全部リストアップする。

 

どういう人間関係であれ、たいていは怒れば怒るほどかえって相手の人間は、これまでどおりの態度を変えようとしなくなる。

 

==================
■実践する効果があると感じたポイント
==================

●「不幸を選ばない」と決める

●自分の頭の中にある「○○すべき」と思い浮かぶものを書き出す

●自分が守っているルールを書き出す

 

==================
■本のひと言まとめ
==================

「充実人生」を自分でつかみ取るもの!

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

仕事の優先順位を間違えました・・・
なんとかリカバリーしないと(>_<)
久しぶりの判断ミス。
それもまた勉強!

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
自分のための人生
b412

ウエイン・ダイアー博士、ありがとうございます\(^0^)/





 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る