【書評:1276冊目】チームで最高の結果を出す目標管理(中村壽伸)

【誤った目標管理から脱却せよ!】
日本経営システム研究所・中村壽伸氏が、「チームで最高の結果を出す目標管理」を豊富な事例を交えながら解説する一冊。ほとんどの企業が実施する目標管理は目標管理と呼べない?

■この本の紹介文

勤務先で実施されている目標管理。
どのように運用されていますか?

 

本書は、目標管理を単なる「制度」ではなく「成功のマネジメント」と考えるように提起し、豊富な事例を交えながら『結果のでる目標管理』を解説する一冊。

 

成果が上がらない人の共通点として3つを著者はあげています。
(1)人のアドバイスを容易に受け入れず頑ななこと
(2)深く考えるのが苦手なこと
(3)安直に正解を知りたがること

 

このような体質の人を、目標管理の仕組みを使いながら、会社に貢献できるように導いていく。
そのために必要な「考え方」や「モノの見方」を提示していきます。

 

もちろん、これという正解はありません。
ですが、確実に言えることがあります。

 

それは、成果をあげているところは「深く考えている」ということです。
どうすれば結果を出せるかを必死になって考えているのです。

 

いま、結果が出ていないのであれば、考え方が間違っているのです。
そろそろ、考え方を変えるときです。

 

その役に立つことが、ぎっしりと書かれています。
あなたが、あなたのチームが、あなたの会社が、変わるきっかけになるかもしれません。

 

◆結果あっての目標管理

■本がわかる!15の要約ポイント

洞察力とは、顧客の事情を鋭く見抜く力をいいます。
経営は、顧客が求めている価値を実現することで成り立ちます。
顧客が求める効果や機能を「顧客価値」と言います。
これを短時間で察することができることが、信頼の獲得につながります。

 

相手の事情を考慮して具体化策に持ち上げる際に重要なのは、相手に理解してもらえるように振る舞えるかです。
自分としては、良いと考えた方策であっても、相手に受け入れられることがなければ評価されないかもしれないのです。

 

目標が決まり、提案が受け入れられたら、あとは徹底実行あるのみです。
計画は徹底して実施されなければ、いかに優れていても、成果を上げることはできません。

 

●目標管理で成果が上がらない理由
(1)業績に効果がある目標を設定できていない
(2)目標を達成できる管理として、なにを実践したらよいか、知らない
(3)社員の一部だけが、参加し、全員ではない

 

目標を見てすぐに思いつく対策は、本当に効果があるか、怪しいと考えるべきです。

 

目標管理は、管理職を鍛え、組織活動力を強化して、企業としての「稼ぐ力」を増大させる活動である

 

最も重要なのは、大きな視野と高い視座で意見をまとめる自律性です。
部長の言うことに従うことが良い課長であると理解する人は、目標管理に不向きな人です。

 

目標設定のやり方いかんで、目標管理の成果がほぼ決まってしまうと言っても過言ではありません。
重要な事は3点あります。
(1)目標は、現状把握データが示す現状を、どこまで良化するかを考えて設定すること
(2)売上高目標のような、KGIを取り上げないこと
(3)目標の3要素である「何をやるか(目標項目)」「どれだけやるのか(達成する目標値)」「いつまでに実現するのか(期限)」を、セットで設定すること

 

目標管理では、労働生産性の向上をもたらさなければ、成果とは認められません。

 

評価を通じて、社員それぞれが顧客価値の実現にどのように貢献するか、我が社の業績向上に何を通じて貢献するかを考えることが、最初に行われるべきです。

 

評価が、業績向上と、人材育成に効果的な方策である理由は、「人は評価されるように行動しようとする性質がある」からです。

 

評価する際に、管理職と本人との間で食い違いが出ないよう、期首に、期中に、期末に意思疎通をはかっておくのです。
ここに面談の意義を活用することをおすすめします。

 

マネジメントは、目標と実態との乖離を埋めるために、成すべきことを限定しない活動です。

 

●ノウハウの社内化はこう進める
ポイント1:ベストパートナーを選ぶ
ポイント2:社内ノウハウの指導者になる
ポイント3:転職者には柔軟に対応する
ポイント4:適切なタイミングで各チームに向けて、ノウハウを提供していく

 

目標管理は、経営戦略の道筋を示して、顧客価値を実現し、顧客からの評価を最大に高める狙いで活動します。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【1276-1】洞察力を磨く

【1276-2】構想力を磨く

【1276-3】徹底力を磨く

 

■ひと言まとめ

全員参加で、もっと深く考えよ!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】チームで最高の結果を出す目標管理
【著者名】中村壽伸著者情報
出版社あさ出版
【出版日】2018/8/12
オススメ度★★★★☆
こんな時に明日のリーダー力を磨きたいときに
キーワードリーダー組織改革指導力
【頁 数】239ページ
【目 次】
序章 御社の目標管理がうまくいかない理由
第1章 目標管理が業績向上をもたらさない原因
第2章 目標管理の基本知識を押さえる
第3章 運用実行手順を把握する
第4章 成果を加速させる評価の仕組みをつくる
第5章 目標管理事務局機能の充実が肝

 

この本が、あなたを変える!

 

中村壽伸さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

■お知らせ

■メルマガ版も好評配信中■
ブログ版とは構成を変えてお届けしています!
ぜひ購読登録してください(^^)
登録はこちらから

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る