【シェア読書:347冊目】君は、どう生きるのか:心の持ち方で人生は変えられる(古森重隆)

【君は、どう生きるのか?】
富士フイルムホールディングス会長兼CEO・古森重隆氏が、自身の人生哲学をまとめた一冊。『人生は、自分を磨き続ける旅である』をはじめ、名経営者の名言・金言を全身に浴びよう!

■この本の紹介文

人生における確固たる軸。
あなたは、きちんと築けていますか?

 

本書は、大胆な構造転換で富士フイルムをV字回復させ、カリスマ経営者と世界が認める古森重隆さんの初著書
培ってきた経験と考え方を、哲学といってよいほどの迫力と説得力をもって、あなたに問いかけます。

 

人生は、自分を磨き続ける旅である
この言葉が、とてもあとに残ります。

 

自分をどう磨いていくか、自分とじっくりと向き合いのに適した本です。
あつい魂に触れるうちに、じぶんの魂にも、暑い火が灯っていくことでしょう。

 

名経営者の神髄を知りたい方
志半ばで、挫けそうになっている方
そんな方に、オススメの一冊です。

 

◆これぞ、経営者!

■本がわかる!15の要約ポイント

大事なことは、自分を磨き続けることだ。
人生は自分を磨き続ける旅だ。
自分を高め、それを成果に結びつけ、自己実現できた人こそ、人生の勝者なのだ。
地位や名誉は関係ない。

 

ベストを尽くせば、必ず自分に返ってくるものだ。
仕事なら、どれだけ自分を燃焼し、やりがいを見つけ、成果を上げたかで、判断できる。
社会人なら、人生の大半が仕事だ。
おろそかにすべきでない。

 

頑張れば、成果もあがり、成長もできる。
周囲はそれを見ている。
大事なことは、思い通りの人生を生きているか、自己実現できているかだ。
人生は、自分のものだ。
「今」を存分に生きるべきなのだ。

 

「何のために働くのか」といえば、まず生きるためだ。
一方で、人は社会と関わりながら生きている。
社会を成り立たせる一員として、社会に役立ち対価を得る、それが仕事の意味だ。

 

「自分のため」ではなく「会社のため」という意識で仕事をする人は伸びる。
いわゆるオーナーシップを持てるかどうかだ。
自分は、会社に貢献できているか、常に自問するべきだ。

 

人間には、持って生まれた才能がある。
また、人は生まれてくる環境を自分で選べない。
しかし、努力をするかしないかは、自分で決められる。
そして、努力すれば結果は変わってくる。

 

オーナーシップを持つようになると、人の意見を鵜呑みにしなくなる。
会社にとって何が一番いいことか、常に自分の頭で考え、答えを出すようになる。

 

正しい判断に基づいた決断力が、リーダーには欠かせない。
ただし、決断の前に必要となるのが、正しく現実を把握することだ。
しかし、これが非常に難しい。

 

事実とどう向き合い、どう対応するかに、その人の人間力が反映される。
希望的観測に流されず、ありのままに事実を見て、現実的に対処する。
これは、ビジネスにも通じることだ。

 

考えあぐねて決断が下せないときは、時間さえ許すなら、あえて寝かせてみるのもいい。
無理に「AかBか」を決めるのでなく、しばらくその問題について考えるのを止めてしまうのだ。

 

成功するには「努力して自分だけでやる」「人に協力してもらってやる」「人に協力してやる」の、三つの方法がある。
参謀もリーダーも、それぞれの役割を通じて成功をつかみとるべきなのだ。

 

一番大事なことは、優先事項は何かを考えて、それに基づいて、「こっちにしよう」と「決める」ことだ。

 

世のために自己を投げ出し、人を愛し大切にする。
これは、人間として最高の美徳だ。
他にも、美点は色々ある。
日本人は、もっと己に誇りを持って生きるべきなのだ。

 

日本には、優れた技術の蓄積や、優れた人材・会社がたくさんあるのだ。
「もう一度、世界で戦う」という気持ちさえあれば、いくらでも戦える。
あとは、本気になれるかどうかだ。

 

未来には、無限の可能性が広がっている。
自信をもって踏み込んでほしい。
健闘を祈っている。

 

■これをやろう!3つの実践ポイント

【347-1】「自分を磨き続ける」と常に自己に呼びかける

【347-2】すべての仕事にオーナーシップをもって取り組む

【347-3】優先事項は何かを常に考えて行動する

 

■ひと言まとめ

自分を磨き続けた者だけが、光を放つようになる!

 

■本日紹介した書籍情報

【書籍名】君は、どう生きるのか: 心の持ち方で人生は変えられる
【著者名】古森重隆
出版社三笠書房
【出版日】2014/6/20
オススメ度★★★★☆
【こんな時に】明日の仕事力を磨きたいときに
【キーワード】哲学生き方働き方
【頁 数】222ページ
【目 次】
プロローグ 人生を最高に生きるために
1章 どう働き、どう生きるか
2章 強くあれ、そして優しくあれ
3章 一冊の本との出合いが、人生を変える
4章 何事もゴツゴツ向かって行け!
5章 リーダーは“五体”を使え
6章 課長よ、先頭に立って戦え!
7章 先を読み、決断出来る人になれ
8章 サラリーマン人生には三回のチャンスがある
9章 経営者として迎えた富士フイルム最大の危機
10章 日本人よ、戦う気持ちをとりもどせ!
エピローグ 手ごたえのある人生を生きるために

 

この本で、あなたは変わる。

 

古森重隆さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

本日もお読みいただきありがとうございました!

 

■◇■メルマガ版も好評配信中■◇■
あなたへの5つの質問を用意して
購読登録をお待ちしてます(^^)
登録はこちらから
※注意※
PCアドレスでの登録にご協力ください。
携帯アドレスだと未着の場合があります。

 

【仲間大募集中!】101年倶楽部
大人の学び合いの場としてのコミュニティを運営しています(^^)
『学び』をキーワードに、お互い高め合いませんか?

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【シェア読書:347冊目】君は、どう生きるのか:心の持ち方で人生は変えられる(古森重隆)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る