【248冊目】自分が変わるための15の成長戦略(ジョン・C・マクスウェル)

b248
【あなたは、成長し続けていますか?】「世界No.1メンター」の決定版な一冊!「自己実現の秘訣」が惜しげもなく明かされた本。この本を一冊消化できたら、あなたの成功は間違いなし!!

 

 

==================
■本の概要
==================
【書籍名】自分が変わるための15の成長戦略: 人は何のために生きるのか、働くのか
【著者名】ジョン・C・マクスウェル
【出版社】三笠書房
【出版日】2013/9/4
【推薦度】★★★★★
【目 次】
「計画」を立てる―自分の「最高記録」を更新しているか
「意識」を高める―「自分を知る」ことから、すべてが始まる
「自尊心」を育てる―「セルフ・イメージ」と「成果」は比例する
じっくりと「内省」する―行動派人間ほど「静かな時間」を大切にする
何があっても「継続」する―「できない理由」を探すな
「環境」を変える―「安全地帯」から一歩踏み出せ
用意周到に「戦略」を練る―人生を有利に運ぶ「作戦」を立てる
「逆境」に学ぶ―「飛躍」の前には力をためるときがある
「人格」を磨く―最後に勝ち残る「本物」の条件
「背伸び」をする―いい意味の「緊張感」を忘れるな
思い切って「手放す」―成功のために何を犠牲にできるか
「好奇心」を忘れない―「知的探究心」がブレイクスルーを生む
「手本」を見つける―「メンター」がつくと加速成長できる
可能性を「拡大」し続ける―成長か、さもなければ衰退か
「貢献」する―自分という「小さな箱」から抜け出せ

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介するのは、「自己成長」に関する一冊。

 

著者は、ジョン・C・マクスウェル氏。
500万人のビジネスマンに影響を与えた「世界No.1メンター」

 

あなたへの質問です。
「あなたは、今成長を感じていますか?」

 

本書は、自己実現に必要な秘訣を、15の成長戦略としてまとめています。
これが1500円で学べるのはお得過ぎます!
まだ読んだことはない人は、今すぐ手に入れてください!!

 

本書を読み、成長するんだ!と覚悟を決めて、歩み続ければ、あなたは必ず成功することでしょう。

 

但し、一点だけ注意。
本書の教えを、あまり欲張り過ぎないこと。
なぜなら、全部を一気にやろうとしてもムリだからです。
コツコツ1つずつ、進みましょう!!

 

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
「自分の成長計画はあるか」
この一つの質問が、私の人生を変えた。

 

人間は自然には成長しない。自ら求めなければ、成長できないのだ!

 

自分の長所と短所は何か、何に興味があって、どのようなチャンスに恵まれているか。
これまでどのような道を歩んできたか。
そして何よりも、今のあなたの立ち位置を正確に把握しておかなければ、目的地までの道筋を決められない。

 

●自分を知るための質問
①「今やっていること」が好きか
②自分の「やりたいこと」は何か
③夢を実現するだけの「実力」はあるか
④動機は何か
⑤「やりたいこと」をするために「何をすべき」かわかっているか
⑥「先を歩む人」はいるか
⑦「素直さ」はあるか
⑧「犠牲を払う覚悟」はあるか
⑨「やりたいこと」をいつ始めるのか
⑩「やりたいことをやる」とは、どういうことなのか知っているのか

 

人生には大切な日が二つある。自分が生まれた日と、自分がこの世に生まれてきた理由を見つけた日だ。

 

あなた自身の自己評価が低いままで、世間一般の人たちから高い評価を受けることは、まずあり得ない。
持って生まれたポテンシャルにふさわしい人間になるには、自分自身を信じることが不可欠だ。

 

一休みすると、リフレッシュできる。それと同じように、成長したいと切望している人は、内省することでリフレッシュできる。
立ち止まって一息入れると、成長があなたに追いついてくる。

 

●自分の「核」を見つけるための質問
①自分の「長所」は?
②自分が果たすべき「最大の責任」は?
③優先順位の最も高いものは?
④優先順位の最も低いものは?
⑤最も価値のある感情は?
⑥最も価値のない感情は?
⑦自分の最もよい習慣は?
⑧自分の最も悪い習慣は?
⑨最も充実感を覚えることは?
⑩最も大切にしているものは何か?

 

自分にとって意義深い「変化」を起こす、つまり成長するために、まず知っておくべき大事なことの一つは、
世の中には「自分の力で変えられること-問題や課題」と「自分の力では変えられないこと-宿命」がある、と認識することだ。

 

あなたが人生で何を選択するかは、結局あなた自身の責任である。

 

仕組みとは何か。それは具体的で、秩序立った、反復可能な原則や手続きによって、目標を予想通りに達成するためのプロセスである。
仕組みがあれば、時間、お金、能力を最大限に活用できる。仕組みは成長には不可欠のツールだ。
仕事や、才能のレベル、経験がどうあれ、非常に効果的で、より大きな成果を約束する。
仕組みがなかったら、何をやるにもゼロから始めなければならないのだから。

 

「痛みなくして勝利なし。苦悩なくして王座なし。心痛なくして栄光なし。苦難なくして王冠なし」

 

何事も最初の一歩を踏み出すのはあなたであり、私である。世の中の人が皆、自分に磨きをかければ、この世はもっと住みやすくなる。
生ある限り自分を磨き続けることが、この世界をよりよくするために、われわれができる最高の貢献である。

 

手放すか、手放さないかとなったとき、「絶対、何も手放したくない」と考えるのはやめること。
「絶対」という言葉一つで、人生であなたが出会うであろう多くのチャンスをふいにしてしまうのは、あまりにももったいない。

 

●好奇心を育てるための10の提案
①自分の「小さな枠」を取り払う
②「初心」を忘れない
③「なぜ」を座右の銘にする
④好奇心を共有する仲間はいるか
⑤毎日、新しい発見をしているか
⑥「失敗」を”貴重な経験”と考えられるか
⑦いつでも”改善の余地”を探せ
⑧「人の目」を気にしない
⑨”決まりきった日常”から一歩抜け出す
⑩「仕事」と「遊び」の境目をなくす

 

自分の人生を振り返ってみると、私の成長の旅路で手に入れた最高の資産は「人」である。そしてまた同時に、最大の負債も「人」である。

 

あなたには、死ぬまで進歩する可能性がある。ただし、進歩するには真剣に成長に取り組まなければならない。

 

「自分の人生は社会全体のものであり、自分が生きている限り、社会のためにできるだけのことをするのが、自分に与えられた特権である」

 

==================
■実践ポイント
==================

●本書を繰り返し読み、ベンチマークとする

●自分を知るための質問に答える

●自分の「核」を見つけるための質問に答える

●成長を諦めない

 

==================
■まとめ
==================

成長したいと覚悟を決めれば、成長できる!

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

 

新年度スタートしましたね。
新しい流れの中でいかに自分の流れを先に掴むか。
毎年重要な事ですよね♪♪

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
b248

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る