【書評:1645冊目】「数字」のコツ(山本崚平)

【数字がわかると、仕事がわかる!】
コンサルタント・山本崚平氏が、『「数字」のコツ』と題して、商談、会議、雑談など、日々の仕事の場でデキる人が実践している「数字をざっくり捉えるコツ」を解説する一冊。

■書籍の紹介文

日本のGDPと米国のGDP。
差はどれくらいか、パッと答えられますか?

 

本書は、仕事のデキる人は例外なく数字に強いという事実を示しながら、まず身につけるべき、ビジネスの見え方が変わる「数字をざっくり捉えるコツ」を解説する一冊。

 

日本のGDPはおおよそ500兆円。
米国のGDPはおおよそ2000兆円。
ゆえに、差は4倍である。

 

パッと答えられましたか?
もちろん、正確な数字は異なっていますが、”ざっくり”答えるにはこれで充分です。

 

経理や財務など数字を扱う職種以外では、意外と”正確な数字”を求められる機会は少ないです。
それより、「あれの数字って、どれくらいだったっけ?」という、”ざっくり”した数字を”瞬発的”に求められる機会の方が多いです。

 

仕事のデキる人は、この”ざっくり”と”瞬発的”がデキているということです。
つまり、この2つを身につけることができれば、「デキる人」と思わせることができるのです。

 

本書は、身につけるのに役立つコツがまとめられています。
「数字をざっくり捉えるコツ」なので、苦手な人にも取り組みやすい内容だとおもいます。

 

ビジネスは数字です。
だから、数字が理解できるとビジネスが見えてくるのです。

 

ビジネスが見えてくると、仕事がおもしろくなります。
数字をざっくり捉えるだけで、これだけの効果が得られるのです。

 

◆ざっくり捉える。

「数字」のコツ
山本崚平 あさ出版 2020-3-6
売上ランキング(公開時):53,433
Amazonで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

現場では、細かな数字を覚えたり、数字の方程式を駆使したりする必要はない。
だいたいの数字を頭の中に入れ、仕事の判断に活かせばいいのです。

 

数字を最長でも3秒で言える範囲にまとめておくことです。
数字とは、物事をきちんと定義し、お互いの共通認識を持つために使うものだからです。

 

●ビジネスパーソンが知っておくべき「基準の数字」
(1)世界各国のGDP
(2)世界各国の国土面積
(3)日本経済の地域格差

 

できる人は、3という数字をキーに仕事をしています。
話のポイントがまとまらない人は、内容を3つに絞れば、ヌケ・モレがないように感じさせることができます。
聞き手も負担なく覚えることができます。

 

プレゼンで思いを伝えたり、企画提案をしたりする場合は、ストーリー形式で伝えることです。
ストーリーも、3つの構成で作ることがポイントです。

 

マーケティングでも数字を使うべきです。
「1対5の法則」という経験則的考え方があります。
これは「新規顧客を獲得するには、既存顧客の5倍のコストがかかる」という法則です。

 

この法則は、同時に「既存顧客とつながり続けるには、新規顧客の5分の1しかコストがかからない」ことを教えてくれます。
リピート化の取り組みがいかに重要かがわかるはずです。

 

同じく、マーケティングの経験則で「5対25の法則」という考え方もあります。
これは「5%の顧客離れを改善すれば、利益は25%アップする」というものです。

 

ある調査では、顧客が離れる理由は「事業者に相手にされないから」だそうです。
つまり、顧客とコミュニケーションを取り続けさえすれば、客離れは止めることができるのです。

 

「ジップの法則」と呼ばれる法則があります。
これは、1位と2位の差は2倍で開くという法則です。
主に、言語や都市の人口に当てはまる法則です。

 

ビジネスの場では、まず1位と2位では、人の記憶に残る確率が圧倒的に違ってきます。
この違いがあることで、最終的に商品の購買率も大きく変わるのです。

 

「ランチェスター戦略」では、1位と2位以下では戦い方が大きく異なります。
1位の会社は、2位の会社に焦点を当てて戦えば、自社のシェアはより大きくなり、差をより大きくすることができます。

 

2位以下の会社は、総力では敵わない。
だから、「1対1」の戦いに持ち込める場面を選び、戦力を1点集中する「ゲリラ戦」が有利です。
どんな分野でも、1位であることは、強みやブランド力になるのです。

 

数字に強い人は、数字を疑う。

 

自分の判断の基軸を持つことは簡単ではない。
だが、数字のセンスを磨くには、どんな数字も自分の基軸に照らし合わせ、本当に納得できるかどうか疑い、確かめるべきです。
このひと手間が大事なのです。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1645-1】仕事に関係する数字は頭に入れておく

【1645-2】期待や思い込みで数字を選ばない

【1645-3】数字を疑ってみる

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】「数字」のコツ
【著者名】山本崚平著者情報
出版社あさ出版
【出版日】2020/3/6
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワード数学的思考発想力伝える
【頁 数】231ページ
【目 次】
第1章 ビジネスでは数字をザックリ覚えよう
第2章 できる人は「3」という数字をキーにしている
第3章 会社の数字は「5」のつながりで覚えよう
第4章 知っておきたい「ビジネス数字の法則」

 

この本が、あなたを変える!

「数字」のコツ
山本崚平 あさ出版 2020-3-6
売上ランキング(公開時):53,433
Amazonで探す 楽天で探す

山本崚平さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る