【書評:1591冊目】「続けられる人」だけが人生を変えられる(大平信孝)

【小さく行動し、自信を積み重ねよ!】
メンタルコーチ・大平信孝氏が、『「続けられる人」だけが人生を変えられる』と題して、習慣化シートの活用を中心とした、挫折知らずの「習慣化メソッド」を解説する一冊。

■書籍の紹介文

続けたいのに続けられずに挫折する…。
この悩みから卒業したくありませんか?

 

本書は、「続けられる人」になることにフォーカスした、自分との約束を守り、やると決めたことを実行し続けられるようになる「習慣化メソッド」を解説する一冊。

 

決意は揺らぎます。
意志は弱いものです。
でも、やりたいことも続けたいこともあります。

 

どうすれば、意志などに頼らず、やりたいことを続けられるようになるのか。
そのためには、続けられる自分に変わる”正しい”方法を学ぶのが一番の近道です。

 

本書では、メンタルコーチとして1万人以上と接する中で磨かれた「習慣化メソッド」を解説。
『楽しく』『簡単に』『1日1分で』をキーワードに、挫折せず結果の出る方法を提示します。

 

続けられないと、「自分はダメだ」「自分は意志が弱い」と責めてしまうことがあります。
まずは、この自分を責めることをやめましょう。

 

なぜなら、著者の感覚では「続けられる人」はたったの4%とのこと。
100人のうち96人は、「続けられない」のです。

 

それだけ、「続ける」のは難しいことなのです。
このことをきちんと自覚しましょう。

 

それでも「本気で変わりたい!」「本気で続けたい!」とおもうのであれば。
本書で紹介されている「習慣化メソッド」は、あなたを強力にバックアップしてくれることでしょう。

 

あなたは変わりたいですか?
なぜ、変わりたいのですか?
変わって、どうなりたいのですか?

 

未来の自分がしっかりと描けるのなら・・・。
小さくとも強力な一歩を、本書とともに歩み始めましょう!

 

◆もう挫折しない!

「続けられる人」だけが人生を変えられる
大平信孝 青春出版社 2020-1-10
売上ランキング(公開時):1,873
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

なんでもいいから習慣化するのではなく、あなたにとって本当に大事なこと、意味のあることを習慣化するのがポイントなのです。

 

今から考えるべきは、
「どうすればできるだろうか?」
それだけでいいのです。

 

●あなたが続けられない3つの原因
【原因①】本当は続けたいと思っていない
【原因②】自分には続けられないと思い込んでいる
【原因③】行動するときに「面倒くさい」「続けるのが難しい」と感じている

 

あなたも、「できる・できない」ではなく「やる・やらない」でものごとを捉えるようにしてみてください。
今日やらなかったら、明日取り戻せばいいだけなのです。

 

●「続けられる自分」になる3つのステップ
【1】習慣化シートを作成する
【2】習慣化シートを見て30秒で「味わい」、10秒アクションをする
【3】三日坊主シートに、20秒で記入する

 

私が、自分と仲良くなる習慣という観点から、大切だと考えているポイントは、次の3つです。
・自分の声をニュートラルに受け止める
・「そもそも、どうしたかったのか?」自分の原点となる北極星を思い出す
・現状の自分でもできることを自然体でやってみる

 

自分を取り戻したとき、はじめて自分の人生を生きることができるのです。
「続けられる自分」は、自分に最高の自信を与えてくれます。

 

●習慣化ノートの作成順序
【手順①】続けたいことをリストアップする
【手順②】続けたいことに優先順位をつける
【手順③】最優先事項で習慣化シートを作成する

 

●習慣化シート作成の7ステップ
①「味わいたい!」と思う場面をいくつかイメージする
②味わいたい感情(感情のゴール)を書き出す
③感情のゴールを絵や写真でビジュアル化する
④感情のゴールを味わう日記を記入する
⑤もし習慣化しなかったら味わう最悪の状況や感情を書き出す
⑥ゴール実現のためにできる10秒アクションを5つ書き出す
⑦書き出した、10秒アクションから3つに絞り込む

 

感情を味わいつくしたら、すぐに何かしらの「行動」に移すことがとても重要なのです。

 

どんなに小さいことでもいいから、「自分で決めて」「行動して」「できた」という経験・実感の回数が自信をつくるのです。

 

「不安だから、やめる」のではなく、「不安だから、もうちょっとやってみる」と捉えればいいのです。
不安との付き合い方を少し変えるだけで、以前より続けられる自分になれます。

 

本当に続けたいことは、三日坊主でもいいので何度もチャレンジすればいいのです。

 

「習慣化」は一度にひとつずつ行うようにしましょう。
「まずは一点突破、のち全面展開」そんなイメージを持ちつつ、まずひとつ着手すると、打開策が見えてくることが多いです。

 

今から「違う人」になろうと努力をするというより、今の自分の良さも頼りなさも含めて受け入れたうえで「数センチだけ」背伸びしてみるのです。
「ちょっと」だけ背伸びすることで未来を先取りすると、中途半端グセから抜け出せます。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1591-1】続けたいことをリストアップし優先順位をつける

【1591-2】優先順位をつけた続けたいことに対して「本当に続けたいのか?」と自問する

【1591-3】習慣化シート、10秒アクションシート、三日坊主シートを作成する

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】「続けられる人」だけが人生を変えられる
【著者名】大平信孝著者情報
出版社青春出版社
【出版日】2020/1/10
オススメ度★★★☆☆
こんな時に続ける力を身につけたいときに
キーワード習慣術自己対話次元上昇
【頁 数】224ページ
【目 次】
第1章 「続けられない自分」を変えられない理由
第2章 続けられる自分になれる方法とは
第3章 習慣を変えるその前に、自分の本音を聞く
第4章 習慣化ノートのつくり方
第5章 一冊のノートで人生を変えられる理由
第6章 「習慣化」を加速させる方法

 

この本が、あなたを変える!

「続けられる人」だけが人生を変えられる
大平信孝 青春出版社 2020-1-10
売上ランキング(公開時):1,873
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

大平信孝さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る