【書評:1511冊目】生物の中の悪魔(ポール・デイヴィス)

【生命の秘密は「情報」にあった?】
物理学者/ポール・デイヴィス氏が、『生物の中の悪魔』と題して、「情報」という概念をベースに、最新の研究成果とエピソードを通して、生命の秘密を解き明かす一冊。

■書籍の紹介文

わたし達”生命”。
いつ、どこから来たのでしょうか?

 

本書は、生命の謎を解き明かすキーは「情報」だと提起し、情報理論とコンピュータ科学、量子力学を活用して生命の秘密を解き明かす一冊。

 

生命の謎が解き明かされるのは近い。
しかし、それは永遠に解き明かすことはできないかもしれない。

 

こんな禅問答のような感想をもつ内容。
ただ、そこが脳に心地よい疲労感を与えてくれます。

 

量子力学に量子生物学。
SF映画が現実になったような世界観に、知的好奇心でワクワクしてしまいます。

 

生物の設計図である、DNA「情報」。
生命と非生命を分け隔てるのは「情報」であるというのが、生命の謎解きの現在地です。

 

このまま「情報」を掘り下げていけば、謎は解き明かされるのか。
それとも、また新たな謎が出てくるのか。

 

興味に尽きない科学読み物です。
日常を離れて、こうした本にどっぷり浸るのも良いリフレッシュになります。

 

◆生命とは、一体なんなのか。

生物の中の悪魔
ポール・デイヴィス SBクリエイティブ 2019-8-22
売上ランキング(公開時):57,787
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

「もしも生命が存在していなかったら、この世界はどんなふうに違っていただろうか?」

 

生命と非生命を分け隔てるのは、「情報」である。

 

抽象的な情報と物理的物体からなる実際の世界とがどのように結びつくのか、それを解き明かすのが化学の課題である。

 

生物は単に情報が詰まったバッグではなく、コンピュータである。
したがって、生命のことを完全に理解するには、その計算メカニズムを解き明かすしかない。
そのためには、論理と数学と計算の基礎という、難解だが魅力的な脇道に逸れる必要がある。

 

生命の物語は、実は二つのストーリーがきつく絡み合ってできている。
一つは複雑な化学的機構、豊かで精巧な化学反応のネットワークである。
もう一つは情報に関するもので、情報は単に遺伝子にそのまま保存されているだけでなく、生体の中を駆けめぐり、生体物質に行き渡って独自の秩序を与える。

 

生命のことを完全に説明するには、ハードウェアとソフトウェアの両方、つまり分子の組織構成と情報の組織構成の両方を理解する必要がある。

 

現在始まりつつあるダーウィン説の改良と拡張(私は進化論二・〇と呼んでいる)が、生物における情報のパワーに関するまったく新たな見方を提供し、進化論を大改造へと導いているのだ。

 

生物は、世代ごとに試行錯誤をして「車輪を再発明する」必要はない。
生命の過去の経験から恩恵を得ることができるのだ。

 

生物が実際の量子計算をおこなっているという証拠はほとんどないが、生命が確かに何らかの量子効果を利用していることは徐々にはっきりしつつあるのだ。

 

量子力学は、神のような指数関数的な情報処理能力のための場所を提供してくれている。

 

地球上の生命が地球上で誕生したことを示す、説得力のある証拠は存在しない。

 

我々は感情や思考や感覚からなる精神状態を持っていて、その精神世界は脳を介して何らかの形で物理世界とつながっている。

 

「心とは何か」という疑問に我々の理解は永遠に届かないだろう。

 

情報が物理学と生物学をつなぐ強力な橋渡しになることが、ここ数年で徐々にはっきりしてきた。

 

生命や心の出現が自然界の基本的な法則に刻み込まれていたとしたら、生きていて考えている存在としての我々には、宇宙レベルのある種の意義が与えられることになるだろう。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1511-1】「もし自分がいなかったらこの世界は…」と考えてみる

【1511-2】次の世代に伝えたいことを書き出す

【1511-3】論理と数学の勉強をする

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】生物の中の悪魔
【著者名】ポール・デイヴィス
出版社SBクリエイティブ
【出版日】2019/8/22
オススメ度★★★★☆
こんな時に教養を伸ばしたいときに
キーワード教養サイエンス社会
【頁 数】384ページ
【目 次】
第一章 生命とは何か
第二章 悪魔の登場
第三章 生命のロジック
第四章 進化論二・〇
第五章 不気味な生命と量子の悪魔
第六章 ほぼ奇跡
第七章 機械の中の幽霊

 

この本が、あなたを変える!

生物の中の悪魔
ポール・デイヴィス SBクリエイティブ 2019-8-22
売上ランキング(公開時):57,787
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

ポール・デイヴィスさん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

■【仲間大募集中!】101年倶楽部■
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

■応援お願いします!■

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date
Reviewed Item
【書評:1511冊目】生物の中の悪魔(ポール・デイヴィス)
Author Rating
41star1star1star1stargray

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る