【書評:1613冊目】職場の女子のトリセツ(有川真由美)

【女性目線で語る、女性との接し方】
作家・有川真由美氏が、『職場の女子のトリセツ』と題して、女性に届く”コトバ”を持てば男性も女性も成長できると提起し、”コトバ”を生み出す女性との接し方を解説する一冊。

■書籍の紹介文

職場で女性と関わるのはなんとなく苦手。
そんな悩みを抱えていませんか?

 

本書は、さまざまな職場を経験した著者が、女性目線で徹底的に考えた”コトバ”と”行動”を示しながら、「職場の女性とどう接すればうまくいくのか」という男性の疑問に答える一冊。

 

女性目線で書かれた、男性向けの、女性との接し方
こう聞くと、どんな内容を想像するでしょうか。

 

男性はここがダメだ!
男性はもっと気を遣うべきだ!
男性はもっとここを直すべきだ!

 

こういった「耳の痛い」「できれば聞きたくない」話を想像するかもしれません。
安心してください、このような”詰められる”空気感は一切ありませんのでリラックスして読むことができます。

 

表立っては聞きにくいけど、できれば改善につながる方法が知りたい。
そんな男性の気持ちにピッタリの内容だと感じます。

 

ビジネスは、男性社会の間で成り立ってきたものです。
そこに女性という新しい仲間が加わるようになったことで、男性社会に戸惑いが生じます。

 

女性の性質が、男性のそれとはまったく異なっているからです。
男性同士での接し方がまったく通用せず、女性とどう接していいのか分からない混乱状態に陥ります。

 

もちろん、これは女性側にも同じことがいえます・・・。
結果、職場では分かり合えない男性と女性が大量に生まれているのです。

 

これでは、チームとしてまとまらず、ビジネスの成果にも甚大な影響を及ぼします。
この状況の改善への一助になればと書かれたのが本書です。

 

作家になるまでに、さまざまな職場を経験し、男性の女性への接し方を見てきた知見。
おおくの女性の声も交えながら、男性が理解し取り組みやすい形に咀嚼して、「女性の性質」「女性との接し方(コトバと行動)」を提示します。

 

目次をみて、自分の悩んでいるテーマから目を通してみてください。
そこから入ることで、ほかのテーマについてもきっと読みたくなるはずです。

 

女性の気持ちを理解して助かるのは、他ならぬ、男性です。
女性と関わらない社会など、もはやほとんどないのですから。

 

理解できないなら、理解に努める。
それが大人の嗜みだとおもいませんか。

 

◆女性がわかる、女性がうごく!

職場の女子のトリセツ
有川真由美 PHP研究所 2020-1-31
売上ランキング(公開時):30,285
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

女性との関係を築くために、最初にわかっておいてほしいことがあります。
それは、すべての女性は男性に「プリンセスのように扱ってもらいたい」ということです。

 

職場では「声をかける」「話を聞いてあげる」「ありがとうを言う」など、些細なことでいいのです。
女性は「”快感”を貯金する」という性質があります。
1回、笑顔になるたびに、チャリン、チャリンと快感の貯金をしていきます。

 

ほとんどの女性は、男性をライバル視していません。
競争することがあっても、どこかで「男と女は同じ土俵では戦えない」と思っているからです。
だから、仕事で自分よりも能力があったり、評価されたりする女性を、「すごいね」「よくがんばっているね」と認めて、できることなら、応援してあげてください。
それだけで、逆に男を上げ、女性からの評価はぐんと高まりますから。

 

まずは「いや」「でも」「そうはいっても」と言っていたところを、意識して「うんうん」「そうだね」「わかるよ」と言ってみてください。
女性の顔色が明るく変わるのを実感できるだけでなく、あなた自身がいちばん気分よくなっているはずですから。

 

「どっちがいい?」と聞かれたときの答えは、次の3つのようにアレンジすると、摩擦がなくなり、女性はあなたを心強く思い、感謝をするほどになるはずです。
①「〜だから、○○がいい(どちらでもいい・なんでもいい)」
②「どちらもよくて迷うけど、自分はこっちがいいと思う」
③「自分はどうしたい?」逆に、聞き返すことで女性の考えを整理してあげる

 

●女性の雑談を聞く3つのポイント
①話の要約、あたりまえのアドバイスは不要。ただ、聞いてあげるだけでOK
②とりあえず、どんな話にも興味を持ってみる
③「5W1Hの質問」で話をふくらませる

 

威圧的な言い方、感情的になることをやめるだけでも、女性は安心します。
さらに、「丁寧な言葉を使う」「ゆっくり話す」という2点を心がけると、「穏やかな人」という印象になるでしょう。

 

女性のイライラは、「私の機嫌が悪いことをわかって、ちょっとでも気遣ってほしい」というメッセージなのです。

 

(すぐに「ムリ」と言う)そんな女性には、次の3つの方法が有効です。
①「どこが心配?」と不安要素を取り除いてあげる
②「君はこんな仕事が得意だから」「君に任せれば安心だから」と感謝を伝える
③「君のおかげで助かっている」「いつもありがとう」と感謝を伝える

 

●”共感”を示す3つの切り返し
①5語の合いの手「うんうん」「そうだね」「わかる」「たしかに」「なるほど」
②感情のオウム返し「それはうれしかったね」「ワクワクするね」「残念だよね」
③共通点、共感ポイントを見つける「僕もそう」「一緒ですね」「同じだ」

 

※励ますとき「○○さんならできる!」「○○さんなら大丈夫」
※頼み事をされたとき「○○さんの頼みなら、喜んで」
※意見をされたとき「○○さんがそう言うなら、そうなんでしょうね」

 

「がんばって」はプレッシャーに感じますが、「がんばった」は労いや慰めの言葉になります。

 

名前は、自己重要感を満たしてくれる言葉。
「○○さん、おはようございます。今日も早いですね」など、挨拶にひと言添えると、さらに好感度は高まります。

 

「知らないから教えて」が言える男性には、「好感度」「人間関係」「情報」の3つの恩恵があるのです。

 

「うまくいったら女性を前に出す」
「よくないことが起こったら自分が前に出る」
それができる男性は、女性から絶大なる信頼を得ることができます。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1613-1】些細なことにも「ありがとう」を届ける

【1613-2】声をかけるときは、相手の名前を添える

【1613-3】「知らないから教えて」を怖がらずにいう

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】職場の女子のトリセツ
【著者名】有川真由美著者情報
出版社PHP研究所
【出版日】2020/1/31
オススメ度★★★★☆
こんな時に明日の人間関係を良くしたいときに
キーワード男性向け人間関係指導力
【頁 数】240ページ
【目 次】
第1章 知っておきたい女性の7つの考え方・行動
第2章 こんな男の言葉と行動が女性に嫌われている
第3章 こんな面倒な女がご機嫌になる対処法
第4章 モテる男が言うこんなひと言
第5章 女性をご機嫌にするこんな行動

 

この本が、あなたを変える!

職場の女子のトリセツ
有川真由美 PHP研究所 2020-1-31
売上ランキング(公開時):30,285
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

有川真由美さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る