【シェア読書:468冊目】15秒で口説く エレベーターピッチの達人(美月あきこ)

【最短プレゼン術!】
シリコンバレー発、現地ではビジネスパーソンの必須アイテムとなりつつある、エレベーターピッチ。15〜30秒の短時間で、相手をグッと引き寄せ、千載一遇のチャンスとできるか。お勧め!


===================
書籍情報
===================
【書籍名】15秒で口説く エレベーターピッチの達人
【著者名】美月あきこ
【出版社】祥伝社
【出版日】2014/12/10
【推薦度】★★★★☆
【頁 数】218ページ
【目 次】
1章 エレベーターピッチって何?
2章 こんなときこそ、エレベーターピッチ
3章 こうすれば、エレベーターピッチを今日から使える
4章 最後の決め手になるデリバリースキル
5章 エレベーターピッチ実践編
6章 エレベーターピッチはビジネスマナーである
===================
なぜこの本を選んだのか?
===================

・最近の悩みの解決のヒントになりそうだったから

・エレベーターピッチという言葉が引っかかったから

 

===================
この本で得たいこととは?
===================

・いかにコンパクトに自分を紹介できるか

・コンパクトにまとめる秘訣

===================
1分間紹介文
===================

 

エレベーターピッチ。
シリコンバレーの起業家はエレベーターの中で投資家と会ったときに、目的の階までの数十秒間で自分の会社のプロジェクトを売り込むといわれています。
乗り合わせたという「偶然」とエレベーターに共に乗る「わずかな時間」。この2つを、千載一遇のチャンスに引き寄せる、15秒から30秒で行なわれるプレゼンテーション。これをエレベーターピッチと呼びます。

 

日本のエレベーターの中。静かにし私語を慎むべき空間。それがマナーとされています。
ですので、明日からエレベーターでガツガツ売り込みをしましょう!というわけにはいきません。

 

本書で伝えられることは
「どんなタイミングでも自分の考えを伝える準備の大切さ」
「せっかくのチャンスで最大限の効果を得るための伝え方」
この2つです。

 

15〜30秒で相手をグッと引き寄せ、千載一遇のチャンスへと繋げるための理論と実践と練習法、すべてを体系的にまとめた一冊。

 

超人気研修講師・美月あきこさんが、今最もホットな「ビジネスコミュニケーション」を徹底解説!
短いからこそ、プレゼンの極意が濃縮されているエレベーターピッチ。

 

これはオススメ!!

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

私たちは気づいていないだけで、実は多くのチャンスを逃しているのかもしれません。数十秒の立ち話でさえも、自分をアピールし売り込める。その結果、自分のことをあと回しにされない話し方。それがエレベーターピッチです。

 

エレベーターピッチで自分に与えられる時間は、15秒か30秒ぐらいだと考えておきましょう。

 

話の中でもっとも重要なエッセンスを抽出して、相手に興味を抱かせるのが、エレベーターピッチの目的

 

エレベーターピッチで要点を簡潔に伝える訓練をすれば、何をしゃべればいいのか悩むことはなくなります。話がシンプルになり、相手にストレートに伝わります。相手も話の意味を理解できるので、安心することでしょう。

 

的確に用件を伝えるのは、細かいことは省略して核心からズバッと切り出したほうがいい

 

エレベーターピッチを行なうときに、ぜひ使っていただきたいのがGTCメモです。
GTCとは、次の意味です。
・G(Goal)  :自分のゴール
・T(Target) :ターゲット(相手)の欲しいもの
・C(Connect):2つをつなぐアプローチ

 

エレベーターピッチは、「フック」「ポイント」「クロージング」の3つのパートで構成

 

ポイントは、15秒でも30秒でも、3つまでにまとめます

 

●上手なフックのための3つのテクニック
1、質問から始める
2、「最」をつけてみる
3、相手を褒める

 

人を惹きつけるのは、ズバリ、自信やオーラといったその方の雰囲気です。その雰囲気をつくるもの、具体的には目線や顔の表情、しぐさ、服装、さらに声のトーン(高さ)、スピードなどによるところが大きいのです。
これらは「デリバリースキル」と呼ばれ、話し方における重要なスキルのひとつです。

 

●デリバリースキルを高める方法(ビジュアル)
1、目線に気を配る
2、表情は柔らかく
3、手を見せて、動かす
4、姿勢をよくする

 

「誰にどのような目的で話をしたいのか」

 

エレベーターピッチを使うと、要点だけを話すという習慣が身につきます。その結果、情報を的確に伝えられるようになります。

 

コミュニケーションは、リアルな場でのやり取りを通して磨かれていくもの

 

エレベーターピッチは、さまざまな人と触れ合うきっかけをつくるスキルです。そして、自己主張もできるようになるスキルです。
エレベーターピッチを入り口にして、人と話す楽しさをぜひ実感していただきたいと思います。

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【15-0025】自分が伝えたいキーワードを書き出す

 

【15-0026】書き出したキーワードにGTCを書き出す

 

【15-0027】書き出したGTCを元に、「フック」「ポイント」「クロージング」の3つのパートで構成し、エレベーターピッチを作成する

 

===================
今日の一言
===================

短く伝えられるということは、それだけ理解しているということ!

 

===================
編集後記
===================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

数日体調が優れず公開が途絶えて申し訳ありません。
本日からまた頑張りますので宜しくお願いします!

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

感謝!米山智裕

 

===================
今回紹介した本
===================
15秒で口説く エレベーターピッチの達人
b468

美月あきこさん、面白く学べる一冊をありがとうございます\(^0^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間55分。
スキマ時間でスラスラと(*^^*)

 

 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る