【書評:1614冊目】「自分」を生きる(坂東眞理子)

【与えられた命を、大切に生きよう!】
昭和女子大学総長・坂東眞理子氏が、『「自分」を生きる』と題して、自分を過大評価も過小評価もせず、ありのままの自分を大切に生きていくための36のコツを指南する一冊。

■書籍の紹介文

自分を大切に生きる。
どれくらい叶えられているとおもいますか?

 

本書は、「自分がどうありたいか」を真剣に求めることで人生は明るくなると提起し、ありのままの自分を大切に生きていくための36のコツを指南する一冊。

 

この世の中に、完璧な人間など存在しません。
そもそも、完璧など存在しないといったほうがいいでしょう。

 

だれもが、短所や欠点を持っています。
まずは、このことをきちんと認めることが大切です。

 

そのうえで、過度に卑下することなく過敏にならないこと。
フラットな気持ちで、”ありのままの自分”を受け入れて自然体とするのです。

 

ここまでできたら、「自分がどうありたいか」を真剣に求めて生きていく。
これこそが、「自分を大切に生きる」ことにつながるのです。

 

この、認める→受け入れる→求めるのプロセスに役立つコツが学べるのが本書です。
自分との向き合い方や人生に対する考え方など、あなたの思考を刺激する言葉が詰まっています。

 

◎知足安分(ちそくあんぶん)
◎選ばなかった道(原題:THE ROAD NOT TAKEN)
◎無財の七施

 

適度に、こうした先人の知恵も散りばめられています。
著者の言葉と合わせて触れることで、より深く考えることへと誘います。

 

自分を大切にできるのは、自分だけです。
自分を大事にできるのは、自分だけです。
自分を一番応援できるのは、自分だけです。

 

そのためにも、大切に、大事に、応援、したくなる自分でいましょう。
与えられた命を、大切に生きるために。

 

◆自分を大切に生きる

「自分」を生きる
坂東眞理子 あさ出版 2020-2-7
売上ランキング(公開時):417,335
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

自分のありのままを、嫌な部分を含めて受け入れ、そのうえでコントロールする。
それが、大人のたしなみです。

 

自分をコントロールするとは、ありのままの感情が暴れ出さないよう練習することです。

 

「いい人」とは「いい人」として、「自分らしい」嫌な面を出さないで行動できる人です。

 

「ありのまま」の自分に振り回されるのでなく、「いい人」を演ずる。
自分の感情をコントロールして「ありたい自分」であるよう努めましょう。

 

自分が自分を粗末に扱ったら、誰が自分を大切に扱ってくれるのでしょう。
まず、自分の応援団として自分のよいところを見つけていきましょう。

 

他人の評判や基準に惑わされることなく、率直に自分の基準で人を見る習慣を身につけることで、恵まれる出会いはたくさんあります。
他人が勝手に決めた評価に惑わされず、気が合うか、お互いにとってどうかで判断すればよいのです。

 

人間関係の断捨離は人生の損失です。
きっぱり切るのではなく、そっとしておくことです。

 

最後は自分一人。
優先順位をつけて行動しましょう。
みんなと一緒でない、一人で行動をする時間を週に1日ぐらいは持ちましょう。

 

どの選択も「自分で選んだのだ」「これでよかったのだ」と考えるよう努めましょう。

 

失敗によって失うものなどなく、むしろ、失敗から得るものがたくさんあります。

 

仕事は、努力に比例して、財産、結果(喜び)、力(スキル)、自信、評価実績を与えてくれます。
苦労しない楽な仕事は何も与えてくれません。
長い人生で仕事は重要な存在です。

 

叱られるのは期待の表れだと楽観的に考え、怖がらず、場数を踏み、明るく素直に叱られていくと、叱られ上手になれます。

 

与えることによって私たちは多くを与えられるのです。
自分は何を与えることができるか、考えてみてください。

 

●内面の美を構成する3つの要素
(1)他人に対する思いやりを持つこと
(2)常に学ぶこと
(3)損得を計算しすぎないこと

 

置かれた場所は、今、あなたがいるべき場所。
その後の人生が充実したものになるか、そうならないかは、今、その場であなたがどうしたいか、どうありたいか次第なのです。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1614-1】自分のよいところを書き出したり周囲に聞く

【1614-2】自分の選択に対して「これでよかった」と考える

【1614-3】自分がどうありたいかを書き出す

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】「自分」を生きる
【著者名】坂東眞理子
出版社あさ出版
【出版日】2020/2/7
オススメ度★★★★☆
こんな時に生き方に迷ったときに
キーワード女性向け生き方自己対話
【頁 数】208ページ
【目 次】
第1章 自分の人生を生きる
第2章 たしなみある人間関係を育む
第3章 何もしないことこそが最大の失敗
第4章 運を引き寄せるあり方

 

この本が、あなたを変える!

「自分」を生きる
坂東眞理子 あさ出版 2020-2-7
売上ランキング(公開時):417,335
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

坂東眞理子さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

QRコード

PR



ページ上部へ戻る