【175冊目】最強チームのつくり方 「依存する人」が「変化を起こす人」に成る(内田和俊)

b175
【地道な取り組みによって強靭なチームはつくられる】部下の成熟度に応じて、周囲を動かす「主体者」へと成長させ、常勝チームを作り出す「本物のプロ」の実践技法をここに伝授!!







==================
■本の概要
==================
【書籍名】最強チームのつくり方 「依存する人」が「変化を起こす人」に成る (日経ビジネス人文庫)
【著者名】内田和俊
【出版社】日本経済新聞出版社
【出版日】2013/12/3
【推薦度】★★★★☆
【目 次】
第1章 メンバーは今どこにいますか?
第2章 チーム運営に求められるコミュニケーションスキル
第3章 「依存する人」が「変化を起こす人」に成る
第4章 最強チームのつくり方

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介するのは、「最強チームの構築方法」に関する一冊。

 

著者は、内田和俊さん。
人材育成コンサルタントとして、SYPシステムの普及に勤められる育成のプロです。

 

SYPとは、
Sympathize with Your Personalityの頭文字をとった言葉。
『あなたの個性に共感する』という意味になります。

 

チームのつくり方といっても、チームは「人」で出来ています。
人をうまくマネジメントしないと強いチームは出来上がりません。

 

本書は、
「問題は自分以外にある」と考える「依存者」
成果は高いが自分勝手な「自称勝者」
以上のリーダーからすると問題社員をいかにして、
チームに貢献する「主体者」「協働者」へと育て上げるか
この点を、非常に体系的にまとめた一冊です。

 

チームマネジメント、ビジネスコミュニケーションに悩む方にとって、本書は非常に役立つパートナーとなることでしょう。
オススメです。

 

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
(P.16)人は誰でもそうですが、あなたの部下や後輩も一人ひとり違ったものの考え方を持っています。生まれ育った環境も違います。
したがって、それぞれが持つ価値観や人生観も異なってきます。そのうえ、彼らの「あり方」のステージも異なります。

 

(P.18)ビジネスリーダーのみなさん、職務遂行能力の差やタイプ別のアプローチのほかに、もうひとつオプションをつけ加えてください。
この「チームワークやチームプレイに対する意識(精神的成熟度)のレベル」に応じた、フレキシブルな部下への対応が今、求められているのです。
それが精神的な成熟度に関する五つのステージを考慮に入れたアプローチです。

 

●5つのステージ(この考え方は秀逸!)
ステージⅠ:依存者
ステージⅡ:自称勝者
ステージⅢ:分岐点に立つ人
ステージⅣ:主体者(リーダー)
ステージⅤ:協働者

 

(P.31)「神様は人に乗り越えられない試練は与えない」

 

●5つのステージ別の行動パターン
ステージⅠ:Have-Do-Be
ステージⅡ:Do-Have-Be
ステージⅢ:Do-Have-Be
ステージⅣ:Do-Have-BeからBe-Do-Haveへの過渡期
ステージⅤ:Be-Do-Have

※安心感(Be)
※行動(Do)
※成果(Have)

 

(P.52)「正しさ」に固執すると「感情のしこり」ができてしまう

 

(P.55)当事者はなんで「しこり」ができたかは忘れてしまいますが、両者が長く付き合えば付き合うほど、その「しこり」や「不信感」や「恨み」や「違和感」が増大してしまうのです。

 

(P.60)ある言葉についての相手の定義は自分の定義とズレているという前提で、ズレが生じる可能性がある場合には、まず言葉のチューニングを行うと、誤解、
そしてそれに伴うイライラや「感情のしこり」を予防することができます。

 

(P.68)「言葉」と「本心(本音)」を一致させることが大切

 

(P.75)「聴かれていない状態」は、「無視されている状態」と似ています。

 

●聞き方のクセ
1.聞く意志を持っていない。聞く気がない
2.聞いているつもり
3.聞きたいように聞いている
4.答えを出すために聞く
5.SYP傾聴

 

SYP傾聴
(Sympathize with Your Personality:あなたの個性に共感する)
相手の立場に立ち、相手の個性に共感しながら話を聴く。相手を理解しようとして、非言語メッセージ(93%)にも意識を向け、相手の真意、隠れた感情、肯定的な意図を共有する。

 

(P.115)主語を「あなた」から「私」に変えるだけで相手の感情も大きく変わる

 

●「依存者」から「主体者」に変わるための「10のあり方」
1.ゴールを決める
2.正直
3.伝える
4.リスペクト
5.冒険
6.参加一○○パーセント
7.責任
8.約束を守る
9.リレーションシップ
10.コミットメント(目標達成の強い意志)

 

(P.179)「あり方」は、潜在意識に焼き付けるべき日々の習慣や心がまえなど、ものごとに取り組む姿勢です。
一朝一夕で身につくものではありません。ですから、部下の指導育成の際、いきなり一○項目のすべてを身につけさせることは不可能です。

 

(P.185)どんなに小さな恩義も忘れず、感謝の心を持ちつづけていることも、優れたリーダーの特徴

 

(P.193)
鉄一トン綿一トン
鉄一トンは、一メートル四方の暑さが一二センチメートルの鉄の塊をイメージしてください。大きさはそれほど大きくはありません。
一方、綿一トンといったら、ちょっとした広さの部屋がいっぱいになるくらいの量でしょう。
私たちは、鉄一トンに該当する結果のみに目を向けがちですが、その裏には綿一トンに該当するたくさんの努力やプロセスが隠れているはずです。

 

●チームワークへの3つのポイント
(1)チームワーク意識の浸透
(2)モチベーションの維持
(3)組織力の強化

 

(P.204)組織内にチームワーク意識を浸透させるためには、会議やミーティング、個々のメンバーとのコミュニケーションやフォローアップなどを通じて、
常にメンバー全員が目標(ビジョン)を共有し、目標に対して意識のベクトルをそろえることが必要です。

 

(P.207)気づきを促すことが大切です。
気づかなければ変えられません。気づけば変わるという保証はありませんが、少なくとも気づかなければ変えようがないのです。

 

(P.213)「枠組みを明確にする」ことが大事です。
ここでの「枠組み」とは、具体的には、「時間」と「目的」と「ツール(資料、必要書類など)」です。
とくに「目的」と「時間」を明確にするだけで、短時間での内容の濃い(質の高い)コミュニケーションを実現することができます。

 

「六:四ルール」
長期的な視点に立ったとき、緊張とリラックスのバランスを六:四にしたときに、人や組織が最も活性化するという考え

 

(P.269)
良好なコミュニケーション、リーダーシップ、チームワークの確立には、「コツコツ」がキーワードになります。ある日、突然、劇的に変化することはありません。
「凡事徹底」「継続は力なり」、これしか、方法はないように感じます。
色気のない言葉での締めくくりになってしまい、ごめんなさい。

 

==================
■実践ポイント
==================

●本書をビジネスコミュニケーションに活かす
(詳細は仕事に関わるので非公開)

 

==================
■まとめ
==================

きちんと積み上げないと、ある日突然崩れ去る。

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

寒くて身を固めているので、関節が固まっています(^^ゞ
ストレッチを朝晩多めに行って、コリを解したいと思います。

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る