【176冊目】世界基準で夢をかなえる私の勉強法(北川智子)

b176
【勉強って何のためにやるの?】プリンストン、ハーバード、ケンブリッジなどのトップスクールで育まれる生き方・学び方を中心としたグローバル人材の最新勉強法をお届け!!ポイントは「マニュアルよりも自分らしさ」







==================
■本の概要
==================
【書籍名】世界基準で夢をかなえる私の勉強法
【著者名】北川智子
【出版社】幻冬舎
【出版日】2013/2/14
【推薦度】★★☆☆☆
【目 次】
第1部 大きな壁は回り道をして越える
第2部 カジュアルに、エンドレスに勉強する
第3部 24時間を144時間の濃さにする
第4部 結果を出すには準備がすべて
第5部 勉強は「約束」を果たすために

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介するのは、「勉強法」に関する一冊。

 

著者は、北川智子さん。
カナダのブリティッシュ・コロンビア大学を皮きりに、最終的にハーバード大学でも教鞭をとっている方です。
ベストセラー『ハーバード白熱日本史教室』著者さんとして有名ですね♪

 

著者が、海外での経験から培ってきた勉強法を、まとめたのが本書。

 

世界基準の勉強法と聞くと、イコール英語とあなたの頭にパッと浮かんだことでしょう。
本書では、もともと理系で英語が苦手だった著者が、いかにスキルアップしてきたかについて、新鮮な切り口で語られております。
この部分が本書一番の特色。

 

また著者が、いかにしてチャレンジをし成長してきたかが、読み進めるうちに疑似体験できることも本書の楽しさの一つです。

 

これから、世界に出て行こうと思っている学生、仕事上英語との付き合いが抜き差しならない状態にあるビジネスパーソンは、一読の価値充分だと思います。

 

読むと、やってやろう!という気持ちが湧いてきました^^

 

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
大事なことはいつまで経っても大事

 

時を重ねても、自分の中に残ること、それこそが勉強の成果であり、自分を形づくるすべてなのだ。

 

私の英語の勉強はその小さなカードからスタートした。通学だけでなく、一人で出かける時は、行き先までの道の名前や、簡単な指示が英語で書いてあるカードを持つ。

 

子供向けテレビ番組で基礎の基礎を覚える。

 

聞き取れても、自分の答えを考える間に、質問を繰り返すようにした。
たとえば、Did you have a good day?(いい1日だった?)と聞かれた場合、
Did I have a good day……?(私……いい1日だった?)と、
いったん、主語とイントネーションを若干変え、文を言い換えて繰り返したのだ。
すると、そこで自分がとんちんかんな理解をしていたら、家族は、あ、そうじゃなくて……と説明してくれるし、もし文章が合っていれば、その後に答えを続けてくれる。

 

絵本の読み聞かせを繰り返すことで、英語を読むことに関して多少の自信が生まれてきた。

 

日々暮らしていくのに必要な英語から順番に身につけると、TOEFLの点数はぐんと上がる。

 

頭の中で「重要な点だ」と認識した瞬間、それは記憶に残る。つまり、これは重要だと、自分が思い込めるか思い込めないかで、記憶に差が出る。

 

勉強やプロジェクトの範囲とそのタイムラインを決めるのは、最後は「自分」しかない。

 

覚えた内容を何度も思い出す時間をつくる。

 

==================
■実践ポイント
==================

●勉強の中で重要な点だと思ったら、「ここは重要なんだよ」と自分に語りかけてから覚える

●勉強を始める前に、その勉強を自分のものにした後の自分をイメージする

 

==================
■まとめ
==================

あなたは、どこに向かってその勉強をしていますか?何を手に入れたいのですか?

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

新しい一週間がはじまりましたね♪
今週はどこまで自分を成長させますか?

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る