【シェア読書:677冊目】後悔しないこれからの働き方(佐々木常夫)

b677

【「働く」を整理する】ベストセラー作家・佐々木常夫氏が、数多く関わってきた職場改善・事業改革の経験をもとに、働き方が多様化しても決して変わることのない、後悔しない働き方を築くためのきっかけを授ける。

===================
書籍情報
===================
【書籍名】後悔しないこれからの働き方
【著者名】佐々木常夫
【出版社】KADOKAWA
【出版日】2016/1/22
オススメ度★★★☆☆
【こんな時に】明日の仕事力を磨きたいときに
【キーワード】働き方生き方
【頁 数】191ページ
【目 次】
序章 まずは、「あなたの後悔」について考えよう
第1章 長時間労働をしない
第2章 こなす仕事をしない
第3章 家族を犠牲にしない
第4章 平社員のままでいない
第5章 目標をひとつに決めない
終 章 いま生きることを優先する

 

===================
1分間紹介文
===================

 

あなたは、自分の働き方に後悔はありますか?
後悔とまではいかないけど、悩んでいることはある。そんな人にオススメな一冊。

 

著者は、佐々木常夫さん。
佐々木常夫マネージメント・リサーチ代表。
東レ株式会社に入社。2001年取締役に、2003年より東レ経営研究所社長、2010年に現職。内閣府の男女共同参画会議議員、大阪大学客員教授などの公職を歴任。著書多数。

 

本書は、数々の難しい局面を経験してきた著者が、激変する時代を生きる我々に向けて、幸せを失わずに生きるために、どんな働き方をするべきなのかを提言した一冊

 

状況がどうであれ、原理原則は変わらない
数々の書籍に書かれている言葉である。本書を読むと、「働き方」にもこの言葉を当てはめられることを再認識する。非正規雇用・ブラック労働・限定正社員…、時代の流れや求めによって働き方はどんどん多様化している。しかし、本質的な「働き方」は何も変わらないし、変えられないのだ。

 

時代の流れの一部分にフォーカスするのではなく、自分が幸せに生きるためには、なにをしなにをしないのか、どうありどう働くべきなのか。これをきちんと考える以外に、後悔しない働き方はみつけられないのだ。

 

自分の働き方と向き合うときに、目を通したい一冊。

 

b677

 

===================
押さえておきたい15のポイント
===================

 

これまで通り「とにかく頑張る」働き方を続けていても、得るものより、失うもののほうが多くなる

 

●5つの「しない」の提言
・長時間労働をしない
・こなすだけの仕事をしない
・家族を犠牲にしない
・平社員のままでいない
・目標をひとつに決めない

 

これらの提言の背後にあるものを知ると、現状の働き方を続けることがいかに危ういか、幸せを失わずに生きるためには、どんな働き方をするべきか、に気づくことができる

 

不景気は、20年以上も続いている。それなのに、日本の正社員の労働時間は、バブル崩壊前と変わっていない。意味のない長時間労働をしているなら、今すぐ、その習慣を改めるべき

 

日本の会社は「優秀な社員は、長時間労働をしなくても結果を残すことができる。長時間働かないと結果を残せない人は、あまり優秀ではない社員だ」ということを知っている

 

欧米の人は「残業をするのは、仕事ができない人」という意識が強い。だから、就業時間内に仕事を終わらせるために知恵を絞る。だから、限られた時間で成果をあげるノウハウが蓄積された

 

常にミッションを意識し、仕事の優先順位に気をつけるようになると仕事の質が変わる。「重要な仕事」と「そうでない仕事」の違いがわかるようになり、注力すべきポイントがわかる

 

充実した仕事人生を歩むために必要なことは、働く誰もが起業家の視点を持つこと

 

「することを楽しむ」なら、今していることを「どう捉えるか」という問題

 

仕事を楽しめれば、人生の主導権が取り戻せる。そして、どんな時代のどんな会社に勤めていても「社内起業家」として自立した働き方ができるようになる

 

地元で仕事や生活をするメリットは、家族や友人に囲まれた豊かな人間関係の中で、いろいろな人からのサポートが得られること

 

多様性のない組織からは、イノベーションが生まれない。女性の積極的な登用は、有意義なこと

 

平社員は上司の管理下にある。そのため、自分の仕事を自分でコントロールできない。一方、管理職になれば、その職名の通り、自分で仕事を管理することが可能になる。

 

複数ある人生の選択肢のひとつに、お勧めしたいのが「中高年起業」。30代や40代のころから「中高年になったら起業するぞ」という目標を選択肢のひとつに組み込んでおく

 

人生の「選択肢」を持ち、準備しておくことで、不安も後悔も少ない人生を歩むことができる。

 

===================
これをやってみよう!3つの実践ポイント
===================

 

【677-1】5つの「しない」を考える

 

【677-2】時間を区切って仕事をする

 

【677-3】起業をする

 

===================
今回のまとめ
===================

流された上に後悔するのが、一番もったいない!

 

===================
今回紹介した本
===================

後悔しないこれからの働き方

b677

佐々木常夫さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

興味をお持ちいただけましたら、ぜひあなた自身で本を体感してくださいね(^^)
少しでも参考になれたら、嬉しいです。ありがとうございました!

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから
※注意※
登録はPCアドレスでお願いします。

 


※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る