【シェア読書:619冊目】本を読む人だけが手にするもの(藤原和博)

b619

【なぜ読書?の答えが分かる!】教育改革実践家・藤原和博氏が、「なんで、本を読んだほうがいいのか?」という素朴な疑問を考察していくことで、「なぜ読書?」なのかを理解し、実践させてくれる一押しの一冊。

===================
書籍情報
===================
【書籍名】本を読む人だけが手にするもの
【著者名】藤原和博
【出版社】日本実業出版社
【出版日】2015/9/30
【推薦度】★★★★★
【対象者】読む力を身につけたいときに
【頁 数】256ページ
【目 次】
はじめに
序章 成熟社会では本を読まない人は生き残れない
第1章 本を読むと、何が得か?
第2章 読書とは「他人の脳のかけら」を自分の脳につなげること
第3章 読書は私の人生にこんなふうに役立った
第4章 正解のない時代を切り拓く読書
第5章 本嫌いの人でも読書習慣が身につく方法
あとがきにかえて
付録 藤原和博の「これだけは読んでほしい」と思う本・50冊

 

===================
本書を読む理由
===================

自分の読書に役立つと思ったため

 

===================
1分間紹介文
===================

 

なぜ、読書をする必要があるのでしょうか?

 

著者は、藤原和博さん。
教育改革実践家。
杉並区立和田中学校・元校長。元リクルート社フェロー。
著書は累計124万部を超える。『日経ビジネス』で8年間にわたって書評を執筆。講演会は1000回、動員数20万人を超える人気講師としても活躍中。

 

読書は大切と分かっている。でも「なぜ?」と言われると困ってしまう人にオススメ。

 

本書は、「なぜ本を読むべきか」「読むとどんな良いことがあるのか」という読書の本質的な部分を、『本を読まない人は生き残れない』という強烈なメッセージとともに、じっくりと教えてくれる一冊

 

読書は、本当に楽しいことです。著者という他人の人生を、自分の人生に取り込むことができる体験は他にはできない<<人間だけの智慧>>だと、私は思っています。

 

「なんで読書をするんですか?」と聞かれたら、「ただ楽しいから」「ただ好きだから」。そんな風にサラッと言える人が、1人でも増えてもらいたいという思いを強く感じます。

 

読書好きが1人でも増えてほしい。そんな一冊です。

 

b619

 

===================
Key Phrase(15の気に入った一文)
===================

 

時代は、20世紀型の成長社会が象徴する「みんな一緒」という時代から、21世紀型の成熟社会が象徴する「それぞれ一人一人」という時代に移行

 

成熟社会では、自分で世の中の流れと、人生を鑑みながら、自分だけの幸福論を決めていかなければならない

 

自らの幸福論を構築するには、幸福論を紡ぐための教養が必要

 

読書で教養を磨き、自分の幸福論を築くことでしか、これから幸せになる道はない

 

読書で身につくのは、教養だけではない。「集中力」と「バランス感覚」も身につけることができる。これらも、自分のやりたいことを実現させる上で大切な力

 

「20世紀型の成長社会」から「21世紀型の成熟社会」への移行は、「ジグソーパズル型思考」から「レゴ型思考」への転換

 

レゴブロックは正解がない。知恵を出せば、組み上げ方は無限に広がる。一人一人が、自ら納得する解を作り出すことができるかどうか。

 

大事なことは、他人が獲得した脳のかけらを自分の脳にくっつけること。これにより、脳は拡張する。自分の脳では受容できなかったものが、受容できる

 

同じ体験をしても、そこから学べる人と、学べない人がいるのは、このフックの数や形状に違いがあるからだ。このフックは、生物学の言葉では「受容体」と表現されるものだ。

 

このフックを作るのが読書だ。色々な著者の本を読むことで、受容体を複雑な構造にすることができる。その結果、様々な脳のかけらが蓄積され、受容体の形が多様化して、くっつきやすくなるからだ。

 

読書をはじめとする、あらゆる体験を積むことで、少なくとも「昨日より今日」「今日より明日」と、脳が活性化していく

 

成熟社会に必須スキルは「情報編集力」

 

「情報編集力」とは、身につけた「知識」や「技術」を組み合わせ、「納得解」を導き出す力

 

●情報編集力を身につける5つのリテラシーと1つのスキル
・5つのリテラシー
「コミュニケーションする力」
「ロジックする力」
「シミュレーションする力」
「ロールプレイングする力」
「プレゼンする力」
・忘れてはならないスキル
「クリティカル・シンキング」

 

読書をする人は、著者の脳のかけらを自分の脳につなげることで、脳を拡張し、世界観を広げられる人。何より、その力はイマジネーションを豊かに育むことになる。

 

===================
Take Action(実践ポイント)
===================

 

【619-1】気になっている本を、一冊読む

 

===================
今回のまとめ
===================

読書は、人生を拓く!!

 

===================
編集後記
===================

本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

インプットとアウトプットの比率が崩れています(ー_ー;)
反省会議を開いて、是正しないと。

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

本を読む人だけが手にするもの

b619

藤原和博さん、素敵な一冊をありがとうございます\(^o^)/

 

===================
読了までの時間
===================

00時間55分
通勤時間にて。

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから
※注意※
携帯アドレスで登録される方は、
「@sharedoku.com」のドメインを指定受信にして下さい。

 


 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る