【シェア読書:439冊目】力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣(古川武士)

b439
【完璧主義から最善主義へ】習慣化コンサルタント・古川武士氏が、完璧主義をやめ最善主義を身につけようと提案。自らを縛りつける完璧主義から上手に抜け出すための思考や行動の習慣を33のコツにまとめる。











==============================
■書籍情報
==============================
【書籍名】力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣
【著者名】古川武士
【出版社】ディスカヴァー・トゥエンティワン
【出版日】2014/11/20
【推薦度】★★★★☆
【頁 数】238ページ
【目 次】
はじめに
序章 完璧主義が効率を下げる
第1章 「短時間で効率的」に仕事を終える
第2章 「効果的な工夫」で成果を高める
第3章 「失敗を恐れず」行動する
第4章 「精神的な余裕」をつくる
第5章 「他人の力」を上手に活かす
おわりに
参考文献









==============================
■購入した目的
==============================

・自分が、どちらという完璧主義傾向が強い人間だから

・最近頭の中であれこれ考えて、行動までのスピードが鈍っているから

・集中力散漫で、中途半端と感じる機会が最近多いから

 

==============================
■この本から得たい学びとは?
==============================

・なぜ、完璧主義でなく最善主義がよりよいのか

・自分の、完璧主義と最善主義の割合がどれくらいなのか

・自分をより高められる習慣はないか











==============================
■1分間紹介文
==============================
最善主義のススメ。
本書の主張はこの一点に尽きる。

最善主義
=力の入れどころと抜きどころを見極めて、より無駄をなくし、限られた時間で最大の結果を出す
=上手に力を抜く

なぜ最善主義が良いのか。どうすれば身につけられるのか。普段何を意識すればいいのか。
これを33のコツに集約し、誰でも今から身につけるトレーニングを開始できるようにまとめた。

巻頭にセルフチェックシート、各項目最後に実践ポイントを集約し、実践に特化しているのもありがたい。
自分が興味を持ったコツだけ拾い読みするも良し、1日1コツずつ読み進めるも良し、自由な活用ができる点も嬉しい。

むやみに自分を追い込まず、少ないストレス・時間で成果をあげられるための考え方が、最善主義であり、混沌としている現代社会をうまく生き抜くサバイバル術のように感じた。

いまから実践をはじめる。

 

==============================
■Key Phrase(15の気に入った一文)
==============================
「完璧主義は性格ではなく、思考習慣だ」

 

単位時間あたりの集中力をいかに高めるか

 

私が企業のコンサルティングで主に営業の方を見ていると、スキマ時間は、移動時間、待ち時間を合わせて平均三時間はありました。

 

すべて自分一人で当初の予定通りのプロセスで進めたいという気持ちをおさえ、妥協しなければうまくいかない

 

プロセスの完璧を目指すと、手順を正確にこなすことが目的化しがちです。
(中略)
上手に力を抜く人は、目的中心に考える習慣を持っています。

 

自分のこだわりを脇において相手のニーズからスタートして考えるという思考習慣が必要

 

日頃から少しずつ、新しいことに挑戦することをお勧めします。

 

自分の能力を超える未知な仕事の時は、ときに見切り発車をすることが必要です。
見切り発車で動き、トライアンドエラーを繰り返すことで道はどんどん開けていきます。

 

上手に力を抜く人は、一つのことに百%を求めず、失敗も受け入れながらいくつかの施策を試し、全体でうまくいけばいいと考えます。

 

努力と成果はすぐに直結すると考えがちですが、実際は努力し、粘り強く続けた結果、一気に成果が出始めるタイミング(ぶっちぎりポイント)がやってくる

 

完璧とは幻想にすぎません。元々人間は不完全なものです。
その不完全さを受容したときに、等身大の自分を受け入れることができるのです。

 

仕事の取捨選択と通じるところがある、モノを捨てるという行動を通じて、心身ともに整理された状態を保つことで、上手に力を抜けるようになれます。

 

自分と同じルールで他人を裁くのをやめよう

 

任せることを大切なスキルとしてとらえるべき

 

「習慣を変えれば仕事と人生の質が変わる」

 

==============================
■Take Action(効果が見込まれる実践ポイント)
==============================

●自分のスキマ時間を記録する

●何かをやる前に、「なぜ、それをやるのか」自問する

●週に1回、捨てる日を設ける

 

==============================
■今日の一言
==============================

完璧というゴールは、決して存在しない。

 

==============================
■編集後記
==============================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

今日から世の中今年最後の三連休ですね♪
普段通り仕事の人。
思いっきりリフレッシュに充てる人。
家族サービスされる人。
さまざまだと思いますが、良い休日を。

わたしは今日は頭の整理に当てます(笑)

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

感謝!米山智裕

 

==============================
■今回紹介した本
==============================
力の抜きどころ 劇的に成果が上がる、2割に集中する習慣
b439

古川武士さん、今回も非常に消化しやすい一冊をありがとうございました\(^0^)/

 

==============================
■読了までの時間
==============================
1時間5分。
静かなカフェで集中状態にて。

 










 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る