【419冊目】外資系エリートが実践する「すぐ成長する」仕事術(川井隆史)

b419
【身につけるべきは3つの心構え】GE、アーサー・アンダーセン、日本コカ・コーラの外資3社で培われた仕事術をまとめた一冊。どこでも通用する人間になるために必要なのは3つの心構え。仕事の原理原則とは?





==================
■書籍情報
==================
【書籍名】外資系エリートが実践する「すぐ成長する」仕事術
【著者名】川井隆史
【出版社】日本実業出版社
【出版日】2014/9/11
【推薦度】★★★☆☆
【目 次】
1 外資系企業3社で学んだ「すぐ成長する人」に共通する心構え
2 仕事の質を高めスムーズに進めるためのコツ
3 成長の機会を増やすコミュニケーションのポイント
4 若くても大きな成果を上げるリーダーになる方法
5 少しの工夫で信頼を生む数字の使い方
6 さらなる成長のために自分に投資すべきこと





==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介する一冊は【外資系エリートが実践する「すぐ成長する」仕事術

 

著者は、川井隆史さん。
公認会計士、税理士。アーサー・アンダーセン、日本コカ・コーラ、GEの外資系企業3社で財務、経営企画関連のディレクター、マネジャーを歴任。即戦力の人材を求める外資系企業に勤務する中で「すぐ成長する」ための仕事術を学び、各社で実績を残す。

 

本書は、有名外資3社で勤めた経験の中で培われてきたさまざまな仕事術の中から、「すぐ成長する」をキーワードに、最も重要な「3つの心構え」と「仕事のルール50」を体系的にまとめた一冊。

 

「3つの心構え」「仕事のルール50」とも、ビジネス書や実用書を読んでいる人には、目新しさはなくオーソドックスな印象を受けますが、だからこそ、「自分は、ちゃんと身につけているのか?」というセルフチェックに活用できる内容です。
そのような内容ですので、特に、新入社員や若手リーダーに特に効果が大きいでしょう。

 

じぶんの仕事の仕方が定まらない人は、ぜひ参考にしてみてください!






==================
■本の抜粋ポイント
==================
意識するだけであなたの成長スピードがアップする「シンプルで、大切な仕事についての心構え」が3つある。

 

まず、GEで学んだ「すぐに動け」だ。そこでは、高い潜在能力を持つ人間を、ハイポテンシャルを略して「ハイポット」と呼ぶ。とにかく「すぐ動く」人だ。

 

2つ目は、アーサー・アンダーセンで学んだ「期限は死んでも守れ」だ。私がいた外資系3社の中でもこの会社はプロフェッショナル志向が強かった。

 

3つ目は、コカ・コーラで学んだ「言われたことだけやるな」だ。入社して最初に困ったのは「手を挙げた人間には仕事を任せるが、手を挙げないと仕事がこない」ことだ。

 

リーダーかどうかに年齢は関係ない。リーダーとは、人をある目標に向かってまとめていける人だ。だから、管理職になって、部下を持たなければリーダーになれないというわけではない。

 

リーダーになれるかどうかは、資質で決まるのではない。数百名以上をまとめ上げる偉大なリーダーならともかく、数名のプロジェクトやチームなら、心構えとやる気があれば、よいリーダーになれる。

 

まず、人の話をきちんと聞いて、受け入れることだ。どんなに優秀でも、1人では絶対仕事はできない。相手の話を最後まで聞いて、できるだけ的確に理解する必要がある。

 

次に、明るく前向きな雰囲気を築くことだ。リーダーはチームの雰囲気を作る。明るく前向きなメッセージを発する人がリーダーなら、プラスの結果を生みやすい。

 

3つ目は、迷ったときも常に明確なゴールを掲げ、仕事を進めることだ。最初の段階で現状を示し、目指している場所を確認してから事に事に当たらせることが重要だ。

 

「一山いくら」の人材になりたくなければ、会社で付加価値を生むべきだ。しかし、そもそも柱となる専門能力がなければ、付加価値を生むことはできない。

 

また、専門能力においても、その中で「自分はこの部分が一番得意だ」という柱が必要だ。その柱を中心にして、関連分野の能力を広げていく。私はこれを「ピラミッド型能力」と呼んでいる。

 

注意したいのは、柱となる能力とのつながりを意識しながら、横の能力を広げることだ。そうしないと、ただの「何でも屋」になってしまう。

 

自分の「職務経歴書」を年1回は更新するべきだ。転職のためではない。自分が何をしてきたかをわかりやすく整理し、これからのキャリアの方向性の参考にするためだ。

 

視点を高く上げ、柵の外を見ることだ。柵は、あなたを安全に保ってくれるが、同時に可能性を妨げる。柵の中では、同じ仕事の繰り返しや上司の指示をひたすらこなす毎日が続いているはずだ。

 

ある日あなたの会社は、同業者や外資に買収され、突然柵がなくなるかもしれない。しかし、心構えが変わって、成長し、視点が高くなったあなたには恐れるものはなくなっているはずだ。

 

==================
■実践する効果があると感じたポイント
==================

●まずはすぐ動くことを意識する

●期限は死んでも守る

●自分で自分の仕事をどんどんつくりだす

●年に1回「職務経歴書」を作成する

 

==================
■本のひと言まとめ
==================

行動なくして、成果なし。自ら動け!

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

今日は台風一過で過ごしやすい1日でしたね(^^;
こういう気持ちよい日は外でランチしたり散歩したりするのが気持いいですね♪
秋を満喫といった一日でした(*^^*)

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
外資系エリートが実践する「すぐ成長する」仕事術
b419

川井隆史さん、気づきある一冊をありがとうございます\(^0^)/





 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメントは利用できません。

ページ上部へ戻る