【235冊目】なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?(田中裕輔)

b235
【マッキンゼー出身者のマインドとは?】マッキンゼーという金看板を背負って活躍できる人材にも関わらず、次々と金看板を外し、自らの看板を掲げる。そこに隠れたマインドとは?

 

 

==================
■本の概要
==================
【書籍名】なぜマッキンゼーの人は年俸1億円でも辞めるのか?
【著者名】田中裕輔
【出版社】東洋経済新報社
【出版日】2012/6/15
【推薦度】★★☆☆☆
【目 次】
序章 なぜ今、マッキンゼーを書こうと思ったか
第1章 「戦略」との出会い
第2章 士官訓練校マッキンゼー
第3章 イシューからはじめよ
第4章 インパクト志向
第5章 大海に出て自分を見つめ直す
第6章 卒業

 

==================
■本の紹介文
==================
本日も、ご覧頂きありがとうございます。
米山智裕です。

 

本日ご紹介するのは、「マッキンゼー人材の秘密」に関する一冊。

 

著者は、田中裕輔さん。
靴のネット通販No.2「ロコンド」代表。マッキンゼー史上最年少マネジャー。

 

あなたへの質問です。
「あなたは、インパクトのある仕事をしていますか?」

 

マッキンゼーの史上最年少マネージャーとなった著者が、その苛烈かつ独特の人材育成手法の秘密を明かした、注目の内容となっております。

 

マッキンゼーのDNA『インパクト志向』の秘密を解説する初の著書。

 

マッキンゼー、ただ凄いな~、ではなく、なぜ凄いんだろうか?を少し深掘りしましょう!!

 

それでは、本編をはじめます。

 

==================
■読書ノート
==================
どうすればこの日本を、そしてこの世界を良くできるのか、それを愚直に考えて、行動し、貢献できる人材を教育し、輩出する会社、それがマッキンゼーだ。

 

<「志士」が生まれる理由>
(1)自信
(2)価値観のマインド・コントロール
(3)マッキンゼーの懐の大きさ

 

重要な人材は、マッキンゼーを辞めても、会社のパーティーには幾度となく呼ばれる。出戻りも許される。だから「会社にしがみつく」人間は少ない。外で思い切りチャレンジできるのだ。

 

今の日本人に欠けているのは、自分の人生に責任をもち「志」を向けて突き進むことだ。その一歩を踏み出せる人間が何人出てくるかで、これからの日本の姿は大きく変わってくるはずだ。

 

マッキンゼーの厳しさを表現する有名な言葉として「UP OR OUT」という言葉がある。訳せば「成長せよ、できなければ去れ」ということになる。

 

成果主義を導入したものの上手くいかない、という話をよく耳にするが、それは成果主義が悪いのではない。企業の経営陣や管理職が時間をかけて「公平な成果の評価」をしていないからだ。

 

フィードバックは、悪口ではない。相手を傷つけるためでなく、成長させるために行われるものだ。部下を怒鳴ることがフィードバックだと思っている人がいるようだが間違いだ。

 

<フィードバックの守るべきルール>
(1)最初に強みから挙げること
(2)欠点をそのまま『欠点』とか『弱み』というのではなく、成長すべきところと表現すること
(3)できないことではなく、精一杯手を伸ばせば届きそうなポイントをフィードバックすること

 

マッキンゼーに提供できるものは、「人」しかない。人材の価値が下がれば、会社が提供できるものの価値も下がる。だから、各自がいつも成長と真剣に向き合わねばならないのだ。

 

マッキンゼーでは、入社1年目からすぐに「プロフェッショナル」として扱われる。プロである以上、顧客や会社から支払われているお金「以上」のバリューやインパクトを出さなければならない。

 

設立からの精神を守って、自社の売上より、インパクトを追求する。言うなれば、極めて「青臭い」会社なのだ。

 

今の日本は、幕末のように、黒船が来襲し、幕府の支配体制も崩壊しつつある。こんな時、足を引っ張り合うのは愚の骨頂だ。一人一人が変革の旗手となり、インパクトを実現していくべきだ。

 

閉塞感から抜け出せない今だからこそ、1社でも多くの企業、1人でも多くの人が「インパクト志向」になるべきだ。本書をきっかけに1人でも多くの人が、「インパクト志向」になることを願っている。

 

==================
■実践ポイント
==================

●自分の提供価値が下がっていないか、常に意識する

●自分の仕事が「インパクト」あるものか意識して行動する

●辞めたあとも退職前の会社から声がかかるような人材になる

 

==================
■まとめ
==================

人は、人生においていろいろな足跡を残す。
せっかく残すなら、明確に踏み込んだ周りも納得の、大きくクッキリとした足跡にしよう。

 

==================
■編集後記
==================
本日もここまでお読み頂きありがとうございました。
ご覧いただいたことに感謝いたします。

 

年度末の仕事も佳境に差し掛かってきました(^^ゞ
忙しい時こそ、冷静に。

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

 

==================
■今回紹介した本
==================
b235

 

★ポチっとクリック頂けると更新の励みになります★

書評・レビュー ブログランキングへ


にほんブログ村

 

 

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR

ページ上部へ戻る