【書評:194冊目】男はお金が9割(里中李生)

【建前を排除したお金の哲学!】
作家・里中李生氏が、『男はお金が9割』と題して、貧乏人とお金持ちの考え方の違いを徹底比較しながら、人間の器を大きくし、魅力溢れる男をつくる「お金の哲学」を指南する一冊。

■書籍の紹介文

お金の使い方。
どれだけ真剣に考えていますか?

 

本書は、貧乏人とお金持ちのお金に関する考え方を徹底的に比較しながら、一生困らない「お金の哲学」を指南する一冊。

 

●貧乏になる男
ーコンビニでよくお茶やコーヒーを買っている
ー低賃金の本業だけで頑張って稼ごうとしている
ー「才能もお金もないあなたが好き」という女と付き合う

 

●お金持ちになる男
ーお茶やコーヒーは家で作って持って行く
ー本業以外にお金を稼ぐ方法を実践している
ー元気がなくなると、男の尻を叩く女と付き合う

 

このように、ズバズバと対比しながら、『お前はどっちを選択するんだ?』と迫ってきます。
自分の中に抑え込んできた感情を呼び起こすカンフル剤として有効な内容です。

 

「自分はこのままでいいのか」
「本当に自分がしたい生き方なのか」

 

自分の感情を掘り返し、”本当の自分”を探すための自己対話をくり返すことになります。
そのため、たっぷりの時間とひとりの環境を準備して読むことをオススメします。

 

比較することで、自分の中にある「お金持ちの部分」と「貧乏人の部分」が明らかになります。
そのうえで、”本当の自分”に近づくためにすべき行動が炙り出されていきます。

 

あとは、行動を起こすだけです。
行動が進むにつれて、人としての器は大きくなり、魅力溢れる人になります。

 

◆姿勢が人をつくる!

男はお金が9割
里中李生 総合法令出版 2014-1-22
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

洞察力を養えば、世の中の矛盾や珍しいことが発見できて、それが仕事に活かせる。
じっと世の中を観察していたら、誰かがあまりやっていない仕事も見つけることができるものだ。
あなたは回遊魚のように、毎日同じ仕事、同じことを繰り返しているだけで、周囲の観察をしていないのではないか。
何も考えないで、何も観察しないで、成功するはずがない。

 

ストレスのない生活ができること。
これがお金持ちの定義だ。
相手のよっても変わらない定義があるとしたら、これしかない。
あなたにとって「ストレスのない生活が何なのか」で、年収をどこまで上げればいいのかは変わってくるのである。

 

あなたの欲望と夢に必要なお金は、年収にするといくらになるのか。
それがポイントであり、本書はそれを念頭に置きながら読んでほしい。

 

お金持ちは考える時間を作り、貧乏人は考えることから逃げ出す

 

「私があの時に買ったモノは本当に必要だったのか」と考えるか考えないかで、その人がずっと財力があるかないかも決まってしまう。

 

「見極める力」がないのなら、あなたは、誰かに教えを乞わないといけない。
本を読まないといけない。
アメリカの大成功者が書いた本だ。
あなたが嫌悪している豪遊と大金が動く世界を書いた本。
あなたが嫌悪している快楽とセックスを書いた本。
あなたが共感する世界を読むのではない。
知らない世界と嫌いな世界を読むのである。
そこには人生を変えてしまう「ヒント」が書かれている。

 

自分の職業には収入に限界がある、ということも知っている。
あなたもそうではないか。
会社の上司の給料を見れば、自分がいくら頑張っても限界があるのがわかる。
「年収3000万円が夢」と思っても、その会社の重役に年収3000万円の男はいない。
なのに、その会社にしがみついている。
何か矛盾している。

 

お金を持つことの重みと責任を感じるためにも、男として年に1回は勝負に出ることをおすすめする。

 

まずは、割り勘にしなくても済むくらいの年収にすることだ。

 

少しでもお金を増やしたいなら、もっと考えよ。

 

何もしないから愚痴が出る。
成功している他者を妬んでしまうのだ。

 

人間の本当のストレスとは、「何もしないこと」である

 

「ケセラセラ」でいいのである。

 

もし、息子が、「お金の稼ぎ方を教えて欲しい」と言ってきたら、その時の言葉も幾千も用意してある。
その中の最良の一言はこれしかない。
「人と違うことをするんだ」

 

努力とは、「くそう、やってやる」とか「俺は負けない。もっと上を目指す」という意識から生まれてくる行動だ。
きっかけがあれば衝動的にも努力する。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【194-1】自分の欲求を満たす年収を考える

【194-2】考えた年収を今の働き方で達成できるのか考える

【194-3】「このままでいいのか?」と自分に問いかけ声を聞く

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】男はお金が9割
【著者名】里中李生著者情報
出版社総合法令出版
【出版日】2014/1/22
オススメ度★★★☆☆
こんな時に生き方に迷ったときに
キーワード男性向けお金思考
【頁 数】224ページ
【目 次】
序 章 お金を持つと、男は劇的に変わる
第1章 年収300万円からお金持ちになる方法
第2章 お金持ちには、なぜ女が寄ってくるのか?
第3章 こんな貧乏人になってはいけない

 

この本が、あなたを変える!

男はお金が9割
里中李生 総合法令出版 2014-1-22
売上ランキング(公開時):ー
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

里中李生さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【聴いてね♪】書評ラジオ番組
「米山智裕のBook of the Week」

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメントは利用できません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る