【シェア読書:635冊目】モラ夫のトリセツ(麻野祐香)

b635

【知ることから始めよう】夫婦関係修復専門はあとふるアドバイザー・麻野祐香氏が、一般に理解されにくい「モラ夫(精神的暴力をふるう夫)」との接し方・心の保ち方を公開したセラピー本。もう1人で悩まない。

===================
書籍情報
===================
【書籍名】モラ夫のトリセツ
【著者名】麻野祐香
【出版社】合同フォレスト
【出版日】2015/8/30
【推薦度】★★★☆☆
【対象者】明日の人間関係を良くしたいときに
【頁 数】198ページ
【目 次】
第1章 まさか、うちのダンナがモラ夫?
第2章 何で、モラ夫になっちゃったの?
第3章 手のひらで転がす魔法のテクニック
第4章 傷つかないためのセルフコントロール術
第5章 モラ夫と「別れる?」「別れない?」

 

===================
こんな時に読みたい!
===================

 

・夫やパートナーから精神的暴力を受けたとき

 

・夫やパートナーの二面性を知って戸惑っているとき

 

===================
1分間紹介文
===================

 

夫やパートナーから、精神的な暴力を受けたことがありますか?
暴力なのかよく分からない。そんな風に考えた人にオススメな一冊。

 

著者は、麻野祐香さん。
夫婦関係修復専門はあとふるアドバイザー。
リラクゼーションサロン「ベルガモット」オーナーセラピスト。
「夫婦関係修復カウンセリング」「モラルハラスメントカウンセリング」を専門とするSmilePlusを立ち上げる。「別れたくないけど、どうしたらいいのか」そんなジレンマに苦しむ、女性の心に寄り添うカウンセラーとして活躍中。

 

本書は、モラ夫(=「モラルハラスメント」という精神的暴力を行う夫)を持ち、日々悩む女性に向けて、心を壊すことなく自信を取り戻すための接し方や心を保つための方法を公開した、誌上セラピー本と言える一冊

 

ふだんは本当に優しく(ハネムーン期)頼りになる夫が、突如豹変して(モラスイッチが入る)、暴言や無視など精神的ダメージを与える行動をあなたに向けてとり、手がつけられなくなる。
こうやってタイピングしながら想像するだけでゾッとする世界が、もしかしたら、あなたの隣の家で広がっているかもしれません。

 

わたしにとって理想!と愛している夫が、突然悪魔のように襲いかかる。悪魔のままであるなら対策もしやすいが、また突然愛している夫に戻る。女性の精神的な負担は想像を絶すると容易に想像がつく。

 

そんな、愛している夫の「モラ夫」という存在と、どうやってハッピーな結婚生活を送っていくか、長年のカウンセリング経験から得たその秘訣をわかりやすく語りかけます

 

当事者へはもちろん、こういった存在がいるんだということを知る。
人間関係の1つの姿として、押さえておきたい一冊。

 

b635

 

===================
押さえておきたい15のポイント(引用)
===================

 

きっかけも理由もないのが、モラ夫の特徴

 

モラ夫は「自分が一番」です。だから決して否定してはいけません。

 

モラ夫は他人の目があるときは、基本的にはとてもいい人です。しかし、心のどこかに「誰かをバカにして自分を優位に立たせたい」という気持ちがあるので、その感情が強く働くと、周りに誰かがいるときに奥さまを標的にしてバカにしだします。

 

モラハラ期でないときは、びっくりするほどのやさしい男性です。でもモラスイッチが押されることで、豹変して暴言を吐く、無視を続けるモラ夫に変わります。

 

いつも自信満々のモラ夫ですが、実は自分に自信がない人が多いのです。
(略)
本当に強くて自分に自信のある男性は、自分より弱い女性に対して暴言を吐き、無視をして、心を傷つけることなんてしません。
でもモラ夫は、相手の心を傷つけることで、自分が優位に立ち、満足感を得ることで、薄っぺらな自信を保っています。奥さまに「バカ」「どうしようもない」などの暴言を吐くことで、揺らいだ自信を元通りにし、自分のプライドも保っているのです。

 

モラ夫の幼少期は、親に「条件付きの愛情」や、兄弟姉妹と「比較される愛情」などで育てられていた場合が多いのです。

 

「うちの夫は○○をしてくれないんです」。そういうお話をよく聞きます。
(略)
モラ夫と一緒に暮らしていても、自分が楽でいるためには、自分から行動を起こすことが理想です。

 

●モラ夫をほめる4つのポイント
①3つのほめ言葉(「ありがとう」「すごい」「うれしい」)を覚える
②逆をついたほめ言葉を駆使する
③裏付けのあるほめ言葉を使う
④ほめ言葉はたっぷりと感情を込める

 

男性は自己顕示欲を満足できれば、頼んだこともやってくれるので、もちろんモラ夫も、慣れてくると思うように扱えます。でも、モラスイッチは必ず押されますので、そのときは「またか」と思って傷つかない、気にしない精神でいてください。

 

モラ夫は人の心に鈍感です。ですから、人が傷つく言葉と喜ぶ言葉の違いがわからないのです。モラ夫にその違いを教えていく気持ちで、うれしいときは本当に満面の笑顔で、喜びを伝えてくださいね。モラ夫のいい面だけを見て、悪い面を見ないようにしてください。

 

●モラ夫を許す3つのステップ
ステップ① 負の感情をすべて吐き出す
ステップ② モラ夫に対して感謝できることを探す
ステップ③ モラ夫に対して謝ることを探す
3つのステップを全部行った後に「許しました」と自分自身に言ってください。許す習慣をマスターすると、今までの状況は好転していきます。

 

今こそ、モラ夫のいいところをもう一度見つけてみましょう。
自分の使いやすいノートを用意し、モラ夫のいいところや好きなところ、長所をできるだけたくさん書き出します。思いつくままに、どんなことでも構いません。
①モラ夫の好きなこと
②モラ夫の夢
③モラ夫のほめられるところ
④モラ夫と一緒にやってみたいこと
これらを毎日書き出すことを、21日間やってみてください。

 

モラスイッチが押されたら、もうお手上げ。でもあなたに落ち度がないことは、誰が見てもわかります。だからモラ夫がキレても、「スルー」するのが一番です。
スルーとは、「傍観者になる」「気にしない」「聞き流す」「逆転の発想をする」こと。これができるようになると、モラ夫との生活が楽になります。

 

「桜梅桃李(おうばいとうり)」という言葉があります。
「桜は桜らしく、梅は梅らしく、桃は桃らしく、李は李らしく」という意味で、つまり、「自分は自分らしく、あなたはあなたのままでいい」ということを表しています。

 

モラハラの相談はモラハラを理解している人にしてください。

 

===================
これをやってみよう!3つの実践ポイント
===================

 

【635-1】相手の好きなところ、長所を書き出す

 

【635-2】相手が、ではなく自分がどうしたいのか書き出す

 

【635-3】何かダメージを受けた時、自分が被害者のような相談の仕方はしない

 

===================
今回のまとめ
===================

自分が変われば、見方(味方)が変わる!

 

===================
編集後記
===================

本日もここまでお読み頂きありがとうございました。

 

冷たい雨の夜。
ただ雨が降っているだけなのに、しんみりするこの季節の雨。
しばし、ボーッと外を眺めていました(; ^ω^)

 

以上、本日も本との出会いに感謝し、編集後記とします。
次回もよろしくお願いします!

読書習慣の専門家
米山智裕

感謝!

 

===================
今回紹介した本
===================

モラ夫のトリセツ

b635

麻野祐香さん、素敵な機会をありがとうございます\(^o^)/

 

===================
読了までの時間
===================

01時間00分
通勤時間にて。

 

■【読者登録受付中】メルマガの配信を開始しました!■
登録はこちらから
※注意※
携帯アドレスで登録される方は、
「@sharedoku.com」のドメインを指定受信にして下さい。

 


 

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

 

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る