【書評:1570冊目】うまくやる(熊野森人)

【原因は、アプローチにあり!】
クリエイティブディレクター・熊野森人氏が、『うまくやる』と題して、人付き合いの悩みはアプローチの改善で解消できると提起し、人間関係が劇的に改善する方法を解説する一冊。

■書籍の紹介文

人付き合いがうまくない。
こんなレッテルを、自分に貼っていませんか?

 

本書は、人付き合いがうまくいかない原因は「アプローチ」にあると提起し、正しいアプローチを示しながら、人間関係の改善方法を解説する一冊。

 

大学の講義内容を書籍化したため、とてもテンポよく読むことができます。
和むイラスト図解と会話形式が、重たくならずに自分と向き合うことを助けてくれます。

 

人は、人間関係で抱える悩みの多くは、自分に原因があるとおもっています。
知識やスキル、努力が足らないせいだと。

 

そうではなく、アプローチの仕方が相手に合っていないことが原因である。
これが本書のメッセージです。

 

◎個性
◎コード
◎アプローチ

 

この3つをきちんと理解すること。
これによって、「人付き合いがうまくない」という自分で自分に貼っているラベルを剥がすことができます。

 

大切なことは、「うまくやる」という言葉の理解です。
つまり、「人間関係に正解はない(正解を求めない)」ということです。

 

あるはずのない正解を求めず、相手や場面に合わせた、最適解で対応する。
これをきちんと認識することが、「うまくやる」秘訣です。

 

真面目な人ほど、正解を求めてしまい苦しみます。
「人付き合いがうまくない」と苦しまないためにも、ぜひ、25のレッスンを受けてみてください。

 

アプローチを改善すれば、人間関係は改善します。
正しいアプローチが、あなたを悩みから救います。

 

◆アプローチが合えば、うまくいく!

うまくやる
熊野森人 あさ出版 2019-10-25
売上ランキング(公開時):12,086
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

個性は、自分が決めたルールを繰り返すことで作ることができる。
タモリさんからサングラスを、林家ペーパー師匠からピンクとカメラを取り上げると、外見の個性は消滅してしまう。

 

長い間、ずっと同じことを繰り返すことで、他の人はそれを個性として認識する。
これは、外見だけの話ではない。
声や喋り方、他には香りなどもコントロールできる。

 

「なぜ、そう思うか」には、規則が存在する。
たとえば、男性のスーツ姿は、あらたまって見えるが、上下白のスーツを着ている人は、リゾート三昧か、反社会勢力の人のイメージだ。

 

これらは、大人ならほとんどの人が理解しているコードだ。
経験や映画、ドラマ、雑誌、ネットなどの情報から学んだことだ。
同じようなコードが、世の中にはたくさん存在し機能している。

 

コードを色々な場面で使えるようになるには、周りの観察を続けることだ。
そして、コードを発見するのだ。
観察する対象は、どんなものでも構わない。

 

まず「人を観察する」ことだ。
自分より先にうまくやっている人を観察するのだ。

 

それができたら「仮説を立てる」。
観察から得た情報を頼りに、自分で考えられるだけの仮説を立ててみる。
「田中さんの箱詰め作業が早いのは、目線の配り方にコツがあるのかな」という具合だ。

 

この仮説をもとに、次は「自分はどうしたいのか」を考えていく。
「自分はどうしたいのか」「何を実行するのか」を決定するのだ。
「田中さんを見習って作業効率を上げたい」などだ。

 

それができたら「やってみる」だ。
決めたことを、仮説を元に真似してやってみるのだ。
うまくできなかったら、細部まで観察・研究できていないか、繰り返し練習できていないかのどちらかだ。

 

一つひとつやったほうが、習得が早い。
あせらず、優先順位をつけるのもいい。
うまくやれない、できない、には理由があるものだ。
大抵「やり方がわからない」から「できない」のだ。

 

when(いつ)、where(どこで)、who(誰が)、what(何をする)、why(なぜ)、how(どのように)の5W1Hは、何かを伝える時の基本フレームとして、仕事に限らずいろんなシーンで使える。

 

ものごとには「いいね!」と「悪いね!」の相反する評価がある。
その割合はどちらも同じであるのが普通だ。
コンテンツの質や、情報発信者の努力や見せ方の工夫などは関係ない。

 

正直さとは、バカバカしいことや間違っていることでも、その現実を直視して自分を受け入れ、そんな自分をカミングアウトすることだ。
それが他者への共感につながる第一歩だ。

 

雑に考えていたことを「なぜ、なぜ、どうして」と詳細を詰めていくことだ。
それにより、どんどん赤裸々な自身の感情や考えが見えてくるはずだ。

 

どんなに役に立つ情報よりも、どんなにいいことを言っている投稿よりも、人の共感を呼ぶのは、理屈なく「好き」という熱量だ。
理屈から入る「好き」や、理屈で正当化する「好き」とは違う。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1570-1】人を観察して、コードを見つける

【1570-2】何かを伝えるときは、5W1Hを埋めるように伝える

【1570-3】正直さを大切にする

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】うまくやる
【著者名】熊野森人著者情報
出版社あさ出版
【出版日】2019/10/25
オススメ度★★★☆☆
こんな時に明日の人間関係を良くしたいときに
キーワード人間関係コミュニケーション情報発信
【頁 数】240ページ
【目 次】
1 じぶん自身を、うまく掘り下げる
2 じぶんを演出して、うまく魅せる
3 コミュニケーションをデザインして、うまく伝える
4 トレンドを読み、うまく発信する

 

この本が、あなたを変える!

うまくやる
熊野森人 あさ出版 2019-10-25
売上ランキング(公開時):12,086
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

熊野森人さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

人気著者も多数収録!

PR



ページ上部へ戻る