【書評:1560冊目】イオンを創った女の仕事学校 小嶋千鶴子の教え(東海友和)

【イオンの礎を築いた”働く指針”】
東和コンサルティング代表・東海友和氏が、『イオンを創った女の仕事学校 小嶋千鶴子の教え』と題して、家業を日本最大の流通企業に育てあげた”働く指針”を指南する一冊。

■書籍の紹介文

働く上で大切にしていること。
どんなことを大切にしていますか?

 

本書は、イオン創業者の実姉として実家の呉服屋をイオンという産業に育て上げた「小嶋千鶴子の教え」を、誰もが大切にすべき”働く指針”にして指南する一冊。

 

小嶋千鶴子という女性をご存じでしょうか。
・イオングループ創業者・岡田卓也氏の実姉
・家業の岡田屋呉服店を、イオングループという産業へと発展させた陰の功労者
・「人事・組織経営のレジェンド」と呼ばれる

 

著者は、小嶋氏の愛弟子であり、小嶋氏の私設美術館の責任者や公益財団法人岡田文化財団の事務局長を務めた、そんな関係をお持ちです。
要するに、師匠の教えを愛弟子が書籍上で再現したのが、本書です。

 

「人事・組織経営のレジェンド」と呼ばれた女性の教え。
それはそのまま、「人を活かし組織を活かす経営」へとつながっています。

 

会社組織に属するすべての人に対して、「人を活かし組織を活かす経営」を実現するために徹底的に考えさせる構成になっています。
範囲は仕事全般に及び、まさに、学校と呼ぶにふさわしい内容です。

 

全編Q&A方式で書かれているので、とても読みやすい印象を受けます。
その時々の自分の悩みに合わせて、必要な部分だけを活用するのに使い勝手がいいです。

 

時代は移り変わっても、普遍的な仕事の真理。
今の自分にブレがないか、こうした本で確認しましょう。

 

◆働く姿勢を正す一冊。

イオンを創った女の仕事学校 小嶋千鶴子の教え
東海友和 プレジデント社 2019-10-30
売上ランキング(公開時):13,482
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

■【要約】15個の抜粋ポイント

定石を身につけるには、過去の出来事を知識化し、過去と現在の情報や資料を収集・分析し、直面する問題を参考にし、適応する能力が必要だ。

 

多様な人物を受け入れ、経営に活力と成果を生み出すことをダイバーシティという。
ここでは「異論」のことだ。
異論を持つ者にも敬意を払い、異論を傾聴し受け入れるということだ。

 

自己の個人の感情や満足・不満足というような判断基準ではなく、その意見は「会社の役に立つか、立たないか」で判断しなければいけない。

 

会社での失敗や左遷、人間関係の不具合によって「自分は役に立っている」という自己認識が崩れる。
そして、会社の一員としての連帯感を無くし「自分は見捨てられた」と思うようになることがある。

 

会社には「いつも誰かが見ていてくれている」「頑張れば評価される」という安心感が必要だ。
それがあるから人は働くことができる。
この「誰か」とは「トップ」や「人事部」「上司」にほかならない。

 

組織を正しく機能させるには、職務基準を明確に定めるべきだ。
よくある階層別職能基準でも、職務権限規程でもなく、職務記述書が必要だ。
これがないと機能不全に陥る。

 

離職率は、組織の健全度を測るモノサシだ。
数字も気になるが、問題は退職理由と退職者の層だ。
中でも特に留意すべきは、特定部門や特定の上司の所で発生する退職だ。
そこに原因があるからだ。

 

中小企業などは、最初からトップが面接をすべきだ。
二流三流の人が、一流を見抜けるはずはない。
かき集めた素人衆が履歴書をなぞるような質問をしても意味がない。

 

経営者や幹部にとって重要な能力が「人を見る眼」だ。
どんな人をどのポジションに置くかで、外部評価の失墜を招くおそれもあり、軽視できない。
当人は気づけないので、難しい問題だ。

 

人は、基準がなければ、自分と似た者、または反対の人物を選ぶ。
また、経営者・幹部の場合、その人が重用している人物がどんな人物かで見てとれるだろう。

 

読書は、自己を肯定し、確信に導き、自信のもとになる。
また、違う意見・主張を柔軟に受け入れる弾力性、柔軟性をも育てる。
学習する風土は一冊の書籍からでも始められるのだ。

 

教育効果を上げるには、教育を「いつするか」「誰にするか」「どう広めるか」が重要だ。
この3つをうまく行うことで、教育の効果を劇的に上げることができる。

 

危うい転職には、共通点がある。
一つは、過去の経験を全て捨て、新たに出発するという転職だ。
過去の知識や経験を断ち切る転職だ。
経験の連鎖は、断ち切らないほうが好ましいはずだ。

 

人間の最大の資源は「自分」だ。
自分という「人的資本」の価値は、「自分への投資」で決まる。
まず、健康と安全への投資だ。
健康でなければ、目標達成も人生を豊かに渡ることもできない。

 

第二に、教育やトレーニング、移動の自由性への投資だ。
人生は、学びの場だ。
教育に投資し、学習し、知識とノウハウを吸収し、活用すれば、生産性を高め、収入を高めることができる。

 

■【実践】3個の行動ポイント

【1560-1】異論を持つ人にも敬意を払い、傾聴し受け入れる

【1560-2】健康を常に心がける

【1560-3】「移動の自由性」への投資をする

■ひと言まとめ

※イラストは、イラストレーターの萩原まおさん作

■本日の書籍情報

【書籍名】イオンを創った女の仕事学校 小嶋千鶴子の教え
【著者名】東海友和
出版社プレジデント社
【出版日】2019/10/30
オススメ度★★☆☆☆
こんな時に明日の仕事力を磨きたいときに
キーワードリーダー指導力キャリアアップ
【頁 数】243ページ
【目 次】
第1章 トップの責任と仕事
第2章 部下の育成と管理
第3章 組織の本質
第4章 人事管理から戦略人事へ
第5章 人材の発掘と自立人材の育成
第6章 プロフェッショナル仕事術

 

この本が、あなたを変える!

イオンを創った女の仕事学校 小嶋千鶴子の教え
東海友和 プレジデント社 2019-10-30
売上ランキング(公開時):13,482
Amazonで探す Kindleで探す 楽天で探す

東海友和さん、素敵な一冊をありがとうございます(^^)

■お知らせ

▼書評ブロガーの読書術を公開中!

▼【仲間大募集中!】101年倶楽部
書評ブロガーの読書術を教えていきます。
読書の質を高めたい方は、ぜひご参加下さい!

▼「いいね!」応援をありがとうございます!

※当記事の無断転載・無断使用は固くお断りいたします。

Summary
Review Date

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る